見出し画像

パイサーン師のモーニング説法〜気づかないまま、やってしまう:自分を忘れてしまう時〜

浦崎雅代(Urasaki Masayo)


今日は

「気づかないまま、やってしまう:

  自分を忘れてしまう時」

というテーマです。

気づきって何?

気づいているってどういうこと?

この質問、私自身もよく受ける質問で

かつ私自身もかつて気づきの瞑想を学び始めた時

何が気づきなのかがわからなくて

困惑したことがありました。

今日のパイサーン師のお話は

私たちが日常の中で遭遇するシーンをとりあげて

わかりやすく「気づき」を伝えてくれています。

あなたは、気づきがないままやってしまうこんなこと

ありませんか?


今日も250円でお届けしますね。

月額500円での
月刊:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて

でもお得に読むことができますので
もしよかったらご購読よろしくお願いします!


この続きをみるには

この続き: 1,066文字

継続マガジン「浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて」 の1か月分バックナンバーです。読み逃した方はこちらで。 毎朝、タイ仏教の説法翻訳…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
浦崎雅代(Urasaki Masayo)

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

浦崎雅代(Urasaki Masayo)
翻訳家。タイ仏教(主に森の寺スカトー寺関連)の説法を翻訳して毎日お届け。(お坊様方からは邦訳許可、及び翻訳料としてnote収益を一部頂くことを了解済)タイ東北部ウィリヤダンマ・アシュラムに家族で移住。ヘッダー画像は杉原明さんの絵です。