加藤篤(日本トイレ研究所)

NPO法人日本トイレ研究所 代表理事。小学校のトイレ空間改善や研修会、トイレやうんちの大切さを伝える出前授業を展開。災害時にも安心できるトイレ環境づくりに取り組んでいる。www.toilet.or.jp https://twitter.com/pooprince/

加藤篤(日本トイレ研究所)

NPO法人日本トイレ研究所 代表理事。小学校のトイレ空間改善や研修会、トイレやうんちの大切さを伝える出前授業を展開。災害時にも安心できるトイレ環境づくりに取り組んでいる。www.toilet.or.jp https://twitter.com/pooprince/

    マガジン

    • うんちはすごい

      • 93本

      「うんちをすることは、いいことだ!」という文化をつくりたいと思います。 「うんち」の大切さを正しく伝えたい。 できれば魅力的に伝えたいと考えています。 うんちを知ることはよりよく生きる上で最低条件だ! うんちのことを知れば知るほど、人生が豊かになる! うんちのことを知らないなんて、人生の半分くらい損している! こんな意気込みで連載に取り組んでいます! できれば、小学校の朝礼で校長先生から全校児童に伝えてもらいたいし、会社の朝礼で社長にも話してもらいたいくらいです。そうです、あちこちで伝えて、文化をつくっちゃうんです。 そして、うんちの「すごい!」をみんなで集めて、学んで、共有して、大人が一丸となって、めちゃくちゃ魅力的に子どもたちに伝えましょう! 新たなうんち文化を生みだすプロジェクト、はじまります。

    • 災害時のトイレに、愛を。

      トイレ問題は命と尊厳にかかわる深刻な問題なのに、大きな災害が起きるたびに繰り返し起きています。障害者、高齢者、女性、子どもなどに重くのしかかります。声に出しづらいデリケートなテーマなので、声にならない声は、なかったことになります。 この連載では、ひとりでも多くの人がトイレで困らないようにするために、過去の震災から学んだことを中心に、みなさんに備えにつながる情報をお届けします。トイレ問題は、すべての人が力をあわせないと解決できません。すべての人が関係者だからです。 毎週月曜日に更新するので、ちょっとした空き時間に目を通していただき、家族や友人などと話題にしていただけるとうれしいです。ぜひ、力を貸してください。よろしくお願いいたします。

    ストア

    • 商品の画像

      【10月26日(水)】第68回トイレラボ勉強会 非会員向けチケット

      ※※※チケットなど物品の発送は一切ございません※※※ トイレラボ勉強会は、参加者の皆さまと一緒に意見交換をしながらトイレや排泄について考える場です。今回もオンラインにて開催いたします。 ◆開催概要 【日 時】2022年10月26日(水)18:30~20:00 【定 員】先着100名 【参加費】 2,000円(日本トイレ研究所の会員は無料) 【視聴方法】オンライン(ライブ配信)※Zoom使用 テーマ:『これだけは知っておこう!東京の下水道とあなたの排水設備!』 講 師:星 陽平さん(東京都下水道局 施設管理部 排水設備課 主任)   ※ご視聴方法のご案内は、お申込みいただいたメールアドレスへご案内させていただきます。勉強会の前日になっても、メールが届いていない場合は、お手数ですが、ご連絡いただきたくお願い申し上げます ※発送完了のメールが送信されますが、チケットなどの物品の発送は一切ございません ※資料の配付・ご送付は行っておりませんので、ご了承お願いいたします ※講義の録音・録画はご遠慮ください ※領収書がご入用の際は、その旨を備考欄にご記入ください
      2,000円
      日本トイレ研究所オンラインストア
    • 商品の画像

      足型シール

      足型シールでトイレを明るく楽しい空間にしよう。 トイレ環境を改善するためのグッズとして、「足型シール」を作成しました。 多くの小学校で使用していただいております!
      4,620円
      日本トイレ研究所オンラインストア
    • 商品の画像

      うんちっち!のうた

      うんちの大切さを歌にしました。歌って踊りながら、楽しくお子様の教育をすることができます。出産祝い、入園・入学祝いのプレゼントとしても最適です。 【収録曲 ( 試聴できます )】 1.うんちっちのうた 2. Poo-Poo Song(英語バージョン) 3.カラオケ
      1,000円
      日本トイレ研究所オンラインストア
    • 商品の画像

      【10月26日(水)】第68回トイレラボ勉強会 非会員向けチケット

      ※※※チケットなど物品の発送は一切ございません※※※ トイレラボ勉強会は、参加者の皆さまと一緒に意見交換をしながらトイレや排泄について考える場です。今回もオンラインにて開催いたします。 ◆開催概要 【日 時】2022年10月26日(水)18:30~20:00 【定 員】先着100名 【参加費】 2,000円(日本トイレ研究所の会員は無料) 【視聴方法】オンライン(ライブ配信)※Zoom使用 テーマ:『これだけは知っておこう!東京の下水道とあなたの排水設備!』 講 師:星 陽平さん(東京都下水道局 施設管理部 排水設備課 主任)   ※ご視聴方法のご案内は、お申込みいただいたメールアドレスへご案内させていただきます。勉強会の前日になっても、メールが届いていない場合は、お手数ですが、ご連絡いただきたくお願い申し上げます ※発送完了のメールが送信されますが、チケットなどの物品の発送は一切ございません ※資料の配付・ご送付は行っておりませんので、ご了承お願いいたします ※講義の録音・録画はご遠慮ください ※領収書がご入用の際は、その旨を備考欄にご記入ください
      2,000円
      日本トイレ研究所オンラインストア
    • 商品の画像

      足型シール

      足型シールでトイレを明るく楽しい空間にしよう。 トイレ環境を改善するためのグッズとして、「足型シール」を作成しました。 多くの小学校で使用していただいております!
      4,620円
      日本トイレ研究所オンラインストア
    • 商品の画像

      うんちっち!のうた

      うんちの大切さを歌にしました。歌って踊りながら、楽しくお子様の教育をすることができます。出産祝い、入園・入学祝いのプレゼントとしても最適です。 【収録曲 ( 試聴できます )】 1.うんちっちのうた 2. Poo-Poo Song(英語バージョン) 3.カラオケ
      1,000円
      日本トイレ研究所オンラインストア
    • もっとみる

    最近の記事

    11月10日から19日は「うんちweek」

    11月10日はゴロで「いい(11)トイレ(10)の日」です。 日本では、1986年に提案されました。 かなりの月日が経って、2013年に国連は11月19日を「世界トイレの日」にしました。 もちろん、ゴロではありません。 トイレの国際ネットワークとして、World Toilet Organizationという組織があり、この組織が設立したのが11月19日だから、それにちなんで11月19日になったのです。 もともと、日本は世界にトイレ団体のネットワークをつくることを提案し、

    スキ
    3
      • 銀座のど真ん中に、トイレ。

        みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載を今回はお休みして、皆さまにご報告があります。 大変ありがたいことに、2022年11月5日の「朝日新聞土曜版フロントランナー」に掲載していただきました! 朝日新聞の「フロントランナー」は、文化、芸能、スポーツ、経済など、あらゆる分野で時代の先頭を走る人たちの「今」を追い、ここでしか見られない素顔を紹介するコーナーです。 こんなに大々的に取り上げて頂き、心より感謝申し上げます。 そこで、今回は写真撮影の舞台裏を

        スキ
        5
        • 第28回 安心できるトイレ環境を確保するには司令塔が必要

          みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 浸水時、2階のトイレは使えるの? 先週の講演会で、参加者から床下・床上浸水した場合、2階の水洗トイレは使えますか?という質問をいただきました。 浸水しているということは、下水道も浄化槽も満水だと思いますので、2階の水洗トイレは使えません。汚水が流れていかないか、どこかから溢れる可能性があります。 水害時の垂直避難の際にも、携帯トイレの備えが必要ということになります。 トイレ問題は命にかかわる さ

          スキ
          1
          • 第27回 トイレに関わるのは21部署!

            みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 先週は、外科医で自律神経に詳しいお医者さんに排便に関することをお聞きする機会がありました。 「腸活」といえば、便通改善のようなイメージが強いと思うのですが、実は免疫やメンタルとも深く関係しているのです。 日本トイレ研究所のトイレマガジンでレポートしますので、お楽しみに! 国のトイレ対策の役割分担さて、今回のテーマは「災害時のトイレ対策は、21部署にまたがる」です。 災害時のトイレ対策を進める上での課題

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • うんちはすごい
            おたぽ 他
          • 災害時のトイレに、愛を。
            加藤篤(日本トイレ研究所)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            第26回 あなたのトイレは下水道?それとも浄化槽?

            みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 10月15日は、横浜市港北区が実施する防災キャラバンにて、トイレの話をさせていただきました。参加された住民の皆さん、熱心に聞いてくださりありがとうございました。 トイレの話の後、自治会館の屋外に設置された災害用トイレをみんなで確認するというプログラムでした。こういうのがあると、災害用トイレがどんなものなのか、どこに設置されるのかが分かるので、とてもよいですね。 下水道もしくは浄化槽 さて、今回のテー

            スキ
            4

            第25回 あなたのマンションに汚水槽はありますか?

            みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 といいつつも、今日は火曜日です。。すみません。 10月7日に、長崎県諫早市で開催された「~諫早大水害から65年~『防災・減災教育を考える集い』」(主催:国立諫早青少年自然の家)に参加してきました。 この集いは、諫早市自治会連合会会長の古賀さんが経験した65年前の諫早大水害の話からはじまります。 経験者が語り、経験者の思いを聞き、経験者とともに備えを考える機会は本当に貴重です。 やっぱり、地域は、国と自治体

            スキ
            7

            静岡での断水に学ばなければならない。水を使わない携帯トイレを備える。

            断水時に優先すべき水の使い方を考える 静岡県では、断水が続いています。 その原因は、取水口に流木が詰まったからとのこと。 一刻も早い復旧を祈るばかりです。 いま、静岡では給水車や巡視船などからの給水が行われています。 優先すべきは飲料水です。 手洗いや体を拭く水、歯磨きの水なども必要です。 生活に必要な水を確保することが大切です。 このとき、水洗トイレは、貴重な水をたくさん必要とします。 一回流すために数リットル必要です。しかも一日に何回もです。 これを人力で確保する

            スキ
            14

            台風のときの3つのトイレ対応

            台風14号が猛威をふるっています。 まずは安全な場所に移動をお願いします。 次に、安全な場所にいたとしても、暴風や浸水などによって停電・断水することが考えられます。 つまり、水洗トイレがいつもどおり使えなくなります。 そこで、今回は台風のときの3つのトイレ対応をメモ的にまとめましたので、参考にしてください。 1.断水した時でも安心、自宅のトイレで使える携帯トイレ 携帯トイレというのは、袋式のトイレで便器に取りつけて使います。 袋の中に排泄し、吸収シートや凝固剤で安定化さ

            スキ
            13

            第24回 便器内に溜まっている水の跳ね出しは、汚水逆流の兆候

            みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 2022年9月1日に東京都と共催で、防災トイレフォーラムを開催しました。 阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震に関して、そのときトイレで何が起きていたのか、被災者はどのように困ったのか、それに対して行政はどのように取り組んだのかについて、それぞれの現場で指揮を執った方、取材された方に話していただきました。 また、東京都には、首都直下地震の被害想定から見えてくるトイレ問題について発表い

            スキ
            11

            アーカイブ「災害時のトイレ事情」

            みなさん、こんにちは。 今回は連載記事ではなく、「災害時のトイレ事情(2022年9月1日公開)」を知っていただきたいというお願いです。 災害時のトイレの備えを少しでも前進させることを目的として、これまでの災害時におけるトイレ問題の概要をまとめ、その深刻さを理解してもらうためのサイトを作成しました。 ぜひ、家族や友人、会社の同僚、団体の仲間などと、少しだけでもいいので会話の話題にしてくださるとありがたいです。日頃の話題にならないことは、いざというときも思い出さないからです。

            スキ
            4

            第23回 トイレの設備工事は、どの業者でも良いわけではない

            みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 先日、倉敷市の真備に行く機会がありました。 2018年の7月豪雨の際に避難所運営に携わった小学校の先生と再会しました。 発災直後は大混乱です。 避難所運営体制を整えるには、時間がかかります。そんなときでもパニックにならずに、力をあわせて現場対応できたのは、地域の人たちの力があったからとのこと。 地域の人たちは、避難所立ち上げ準備をしたり、避難者を誘導したりと積極的に動いたそうです。 もちろん、備蓄やマ

            第22回 建物の主な給水方式は4タイプ

            みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 先日、千葉のひまわりを観に行ったのですが、大雨と暴風で、ほとんどが倒れてしまっていました。 自然の脅威は恐ろしいですし、様々なところにダメージをもたらすことを改めて強く感じました。 さて、今回のテーマは「建物の主な給水方式は4タイプ」です。 災害時の多くは停電や給水設備の損傷により断水します。 ですが、被災者の話を聞いていると、発災した直後から断水になった場合もあれば、2~3日後に断水した場合もありま

            スキ
            1

            第21回 便器に溜まっている水は悪臭と虫を防ぐ

            みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 先日、熊本に行く機会があり、少しだけ時間がありましたので、日が沈む直前に熊本城の外観を見ることができました。力強さと美しさを兼ね備えていますね。 2016年の熊本地震で被災したのですが、2021年3月に天守閣や石垣など復旧したようです。熊本に行く機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。 さて、今回のテーマは「便器に溜まっている水は悪臭と虫を防ぐ」です。 家庭用水洗トイレの便器の底には、いつも水が溜

            スキ
            11

            朝をつくる自由研究ってのもいいよね!

            夏休みと言えば、自由研究。 小学生のお子さんのいる家庭の悩みでもあります。 子どもが興味のあること、自分が分からないことなどを、調べたり考えたりすればいいのですが、そうは言ってもねー、ですよね。。。 ということで本題です。 今回おすすめする自由研究は「からだが元気になる朝をつくろう!」です。 早寝早起き朝ごはん、というフレーズは耳にタコができるほど聞きますが、これを家族でイベント的に実践する機会って、そうそうないですよね。 であれば、自由研究として本格的にやってみよう

            スキ
            2

            第20回 1回あたりに便器に流れる水量って、知ってます?

            みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 なのですが、今回はちょっと早めに公開します。 8月3日は徳島県町村議会、4日は下水道展、5日は公益財団法人 文字・活字文化推進機構による「自ら動き出す防災・減災教育を考える集い」に参加しました。いずれも災害時のトイレ問題の深刻さを伝える機会をいただき、感謝しております。 さて、今回のテーマは「第20回 1回あたりに便器に流れる水量って、知ってます?」です。 水洗トイレは水が必要です。 この水の役割は

            スキ
            2

            第19回 水洗トイレには給水と排水の両方が必要

            みなさん、こんにちは。 毎週月曜日に更新する災害時トイレの連載です。 先日、放送作家のきたむらけんじさんにお会いする機会があったのですが、会話の中で携帯トイレの話になり、だいぶ前の私の話を聞いてすぐに携帯トイレを自宅に備蓄し、さらには1つ持ち歩いているとのことでした。 こうやってすぐに実践する人って、おそらく何事においても同じで、思考がやわらかくフットワークも軽いんだろうなあと、刺激を受けました。 さて、今回のテーマは「第19回 水洗トイレには給水と排水の両方が必要」です

            スキ
            4