三陸珍道中
見出し画像

三陸珍道中

北三陸OUTDOORS taka

ガイドトレーニングという名の、三陸の漕いだことのない場所を漕ぐ企画。
可能な限り知人やネットワークを活かしながら。
なにかどこかでお世話になります。
食か、それとも宿か、いやはやトレーニングに参加してもらうのか。
それともただの話し相手になってもらうのか?
世間一般的にはそれを迷惑というのかもしれないが。(笑)

前日は、和賀町の錦秋湖にいた。

画像7


翌日の予報は、西日本の南岸に停滞前線。東日本の太平洋側に高気圧。
三陸は高気圧の淵がかかっている。風は南西から南東へ。昼頃には南東7~9m/sへ。
じゃあ南東の風を防げる場所へ行けばいいじゃないか。

たまたま取り出した地図が、釜石の地図。
あれ、この地形は南東の風が防げるんじゃない?
場所は箱崎半島。
そして、目の前に根浜オートキャンプ場の関係者が。
今日は根浜オートキャンプ場にお世話になることにした。
いや、ちがうな。私たちをお世話していただいてありがとうございます。か。(笑)
なんだか根浜オートキャンプ場には縁がある。
去年の今頃にも来た記憶がある。
まだ新しく、サイトも整っており、清潔感ある遊びの拠点にしやすいキャンプ場だ。

なかのカヤックのなかのさんはこの日、焚き火台の上で鍋に角度をつけて置き、鍋の下角を火に当て鍋の中でウインナーをボイルする、トルネードウインナー法(詳しくはなかのカヤックまで)を身に着けたようだ。
鍋の中でウインナーがぐるぐる回っていた。
これは、すごいのか?全くよくわからない(笑)

画像2

翌日の天気は晴れ、南西から南東へ7~9m/s、波高は1.2mほど。
地上の風は南東からだが、雲は西から流れてきている。

想像通りというべきか、風が強く、鞍部から風が吹き降りてくる。
東から吹いてくると思えば、西から、南から。
風が強すぎて回っていたのだろう。
なかなかに手ごわい風だった。
ただ、皆ガイドとして活動している人たちだ。
余計な心配はせず、前に進むことだけに集中できる。
それはそれで、風の中の漕ぎ方を考えるいいトレーニングになった。

これ、千畳敷じゃなくて百畳敷ぐらいですね!というなかのさんの発言。
そ、そうともいうな!オヤジのようなことを言う(笑)。ひとまず、心の中で「ふ、ふーん・・」と頷いただけであった(笑)。

画像1

箱崎半島の北側、半島の根元から付け根までおよそ10km。
片道2時間ほどだったろうか。
千畳敷のちょっと手前、外海との境目まできて復路へ。
この風では外海にはさすがに出れない。
結構びびってしまう海況だった。
行き、帰りと同じ道を通っていても、見える景色は結構違う。
気づくものも多い。あれ、何この岩?
あんな場所に鳥居なんてあったっけ?
あ、フジの花だ、あんなとこにツツジ?

画像3

上の写真、右下の岩なんて、スズメにしか見えない。

画像4

こんなにキレイに隆起するものか。

画像6

これなんて絶対誰かが積み上げたに違いない!

画像8

これはなんかの古代遺跡なんじゃあないか。
顔にも、文字にも見える。

いろんなものが、謎が多い。
相変わらず、海からの景色は飽きることがない。
ヒーヒー言いながらもスタートから3時間ほど漕いで、休憩ポイントへ。

画像5

三陸の南側、リアス式海岸はリアスの中にこんな砂浜が多くある。
ないモノネダリだが、穏やかな海に白い砂浜、異国のような景色が羨ましくもある。
北側にも小さい湾と砂浜を一つぐらい分けてもらえないだろうか(笑)

久しぶりにアメとムチが効いたカヤッキングを楽しんだ。仕事としてもそうだが、こうやって遊びの輪、場所が広がっていくことを嬉しく思う。
三陸の海岸線制覇か、仕事が忙しくなるまで(?)、まだまだ珍道中は続く(たぶん)。

私の楽しみも、観光と何も変わらない。
軸にカヤックというものはあるが、まだ見たことのない海岸線へ行き、ご当地のものを食べて、ご当地のお酒を飲んで。
どうあるべきか、とか、どうすれば食っていけるんだろうか、とかなんか複雑なこともいろいろ考えるけれども、たどり着く先は結局シンプルなことなんだよなぁ。

今回は、根浜海岸観光施設オートキャンプ場を拠点にさせていただきました。オートキャンプ場のみなさま、大変お世話になりました!
釜石のアウトドア遊びの拠点と言えばココ!

またお世話になると思います!
次回は、ぜひ一緒にトレーニングという名の珍道中しましょう!
ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
北三陸OUTDOORS taka
北三陸OUTDOORSの漕ぐ人。北三陸エリアをベースとし、カヤックを軸としたアウトドアガイドサービスを提供します。 三陸復興国立公園、三陸ジオパーク、そして、みちのく潮風トレイル。 北三陸という壮大な遊び場が皆さんにとって身近な遊び場になりますように。迷走日記です。