見出し画像

【U-cafeスタッフ(誕生編)】爆笑、時々、創造力の限界のその先へ・・・。

さぁ、早速、
その爆笑から生まれる商品ボードをご覧になって頂きましょう。

!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?


・サンシャインマス崎
(シャインマスカットのスムージー)

・君がいた夏 チョコバナナ
(バナナのスムージー)

・キウイー夫人
(キウイのスムージー)

・すっパインの?!あまいでば
(パインスムージー)

・バナナはキウイとまれない
(バナナとキウイのスムージー) 

etc

・・・分かっちゃいたっ!
1年前のOPEN日にも来たからっ!
時折、こうして撮影で来ていたからっ!

だけど・・・だけど・・・。
やっぱり見てしまうこのメニュー!!!!

「バナナはキウイとまれない」の”エモい写真”

oh・・・、なんだかカッコよく見えてきたぜ・・・。

”壁を越える”という言葉がありますが、
これはね”見えない壁を越える”とかいうレベルではないです(笑)
よく考えついたなぁ・・・。
この1年、U-cafeがすごく注目をされてきたのですがやっぱり立ち上げのみんなの頑張りや想いは発信していきたいと思い・・・
来ました!U-cafe1号店である「ウジエスーパー吉岡店」へ!

そう、1年前の2021年9月25日、U-cafeの歴史が幕を開けました。


少し離れてみると、過ごしやすそうなオシャレなcafe★近づくと仰天メニューが待っています。

やってきました!
立ち上げメンバーである長根さんの登場ですっっっ!!!!

長根さんのすてきスマイル。


■U-cafeスタッフのお仕事や誕生秘話を聞きたくて本社からきましたー!

(長根さん)
ええぇっ(笑)わたしですか!?
でも気付けばゼロから立ち上げして1年かぁ。
今日取材だって聞いていたけど、ここまで本気モードなんて・・・!

はい、分かりました。もはや包み隠すことはありません。なんでも話していきましょうっっ・・・!

■U-cafeを担当するまでにスムージー作りなどの経験はあったのですか??

(長根さん)
いやいや、無いです無いです(焦)私ね、ベーカリー担当でしたから(笑)
パン専門でした。毎日ね、パンの香りに包まれて、もうねベーカリー担当って最高ですよ。
で、そこからまさかの特命が出るわけですよ。

”ウジエスーパー内に新時代のstyleのカフェを立ち上げる”
というまさかのミッション。

まずは吉岡店で実践!カフェ事業を一緒に考えていくメンバーになってみませんか、という事ですね。
そこでウジエスーパー内のアイディアの宝庫と呼ばれるスーパー店長””かつえさん”という方がいらっしゃるのですが、ご一緒に考えさせて頂く事になりました。もうビックリでした(笑)

当時の率直な意見は
「わ・た・し・・・( ^ω^)?これ…やれるっ?」という位(焦)

なかなかスーパーマーケット内で実践しているような事ではなかったから、まずはどうなっていくんだろうが正直な感想でしたね。。
「成功するのかな」という多少不安な気持ちと、「もし出来たらすっごく面白そうだな」というワクワク感が入り混じるという状態で、商品作りもイチからスタートでした。

■なかなか攻めたお願いを頂いたのですね(笑)

(長根さん)
そうですよっ!もう毎日、頭の中は「カフェどうする??」のオンパレード。
指揮を取られていたのが氏家常務なのですが、もうみんなで「常務もいじっちゃえ★」という感じでいろいろな企画を出していきました。そうそう、これとか、、、

桃家桃太郎参上!自社の常務さえ登場するおおらかさがウジエスーパーの本気。

桃家桃太郎。完全に”氏家良太郎”常務をいじりました。

写真撮影時、まさか本人もここまでいじられるとは夢にも思わなかったでしょう…(笑)

そこで出来た商品がこちら。
「芋からうまれた芋太郎」ですね。

なんという事でしょう。あまいお芋のスムージーに揚げられた芋が乗っています。
大きな愛情が感じられる素晴らしいイラスト。けっこうというか、かなり似ている。

■衝撃っっ(笑)ここまで来ると、もう止まりませんね。

(長根さん)
私たち自身が商品ボード見て笑ってます(笑)
ウジエスーパーはこうした事も許してくれる、というか「なんでもやってみないとねっっ!どんどんやってみよう!思いついたら実践!トライ!挑戦だっ!」という文化があるので、ほとんどのお店で独自のイラストやPOPが出来ていてそれもすっごく面白いんですよ。
元々、こうした文化があったからこそチャレンジできた部分はすっごくありますね。働いていて仲間との安心の関係があるから「頑張って!」「何かあればアイディア出すからね!」とみんなが応援してくれて、立ち上げメンバーの私たちも本気モードが入っちゃいました。

■商品づくり、つまり”生みの苦しみ”もあったのでしょうか??

(長根さん)
苦しみましたよ~っっ(笑)もうね、LINEグループ作って毎日みんなで連絡を取りあう、そうした日常でした。
フードロスを減らす取り組みではあるものの、当然”最高に美味しいスムージーを提供するカフェ”という部分の両立が必要でしたからね。
フルーツサンドのレシピを作るのも自分たちで企画しながら、クリームの分量や、フルーツの盛り付け方はどのくらいなのか。いろいろなスイーツを視察に行ったり、原材料の配分まで考えていきました。

青果コーナーとの連携は必須。立ち上げまでは店舗・社内一丸となってのBIGプロジェクトに。


■そして”サンシャインマス崎”の誕生へ…発案者は長根さんご本人!

(長根さん)
じつは”サンシャインマス崎”の命名は私です。シャインマスカットの美味しさを最大限引き出していきながらも、強烈なインパクトを残す。最後に残った形がこちらです。

サンシャインマス崎の名にふさわしい存在感!

やっぱり、自分が名付け親という事で注文が入るたびに嬉しさが大きいもの。Instagramなども活用しながら宣伝担当もさせて頂いています。

U-cafeのInstagramはこちら★
https://www.instagram.com/ucafe2021/?hl=ja

愛情たっぷりのメッセージ。想いが込められた商品紹介。


■Uカフェの仕事で働く魅力とはなんでしょう??

(長根さん)
自由に意志を反映させられるという部分は本当に楽しいですよ。OPEN当時なんて自分の意志が通る、というよりは”私たちで決めていく”という状態だったのが、まさに、あえてカッコよく言うと”ゾーンに入る状態”とでも言うのでしょうか。というか、もう私たち止まれませんけど・・・?という感じ。もう、楽しさ90%!じつはちょっと不安10%!でした(笑)もちろんビジュアルが出来てから名前が作るのもありました。一つひとつの商品に想い入れがありますからね。

最近ではこちらが新商品で・・・

”アダムとイブ”

きらっきらっのリンゴ!これでもかという程の輝き!
当然、イラストも手作り。気合入りまくりです。

なんだかアダムとイブのようなロマンティックさを感じますよね??こうして商品、スムージーに愛情を注げる仕事に出会えて良かったなって。
やってみよう。挑戦してみよう。この想いから気付けばあっという間の1年が過ぎましたが、やっぱり毎日楽しい気持ちが止まりませんっ★

考えて考えて生み出した力作たち。そしてお客様の喜ぶ姿が原動力なのですね。


今回はU-cafe誕生の大変さや始まりのエピソードを聞かせて頂きました!

さあ、次は長根さんによるU-cafe&青果との店舗連携編!お楽しみに~★