見出し画像

「第666回横浜堕天使協会定例会議」

「アゲザルが敗れただと!?」

パシフィコ横浜211小会議室に集う堕店主達に動揺が芽生えた。彼らは神の「天空堕とし《Fall Down》」によって堕天した三枚から六枚羽の扇風機を背負った元天使、黒衣に白色のタオル《Halo》を巻いた鉄の結束を誇る《十二使徒》である。それが今や《十一使徒》となったことにより怒りが動揺を塗りつぶさんばかりであった。 

《尊大なる十二枚羽の扇風機》を背負った頭領が手で制すると室内は静まり返った。 

「苦しゅうない、マステマよ。お主の調略であやつの評価を下げよ」 
「ハッ!必ずや星を2.0まで下げまする!」 

彼らは腕を組む最敬礼(失われた翼の名残か)を頭領に向け崇拝を表した。

「イエ主の祝福を」
「「「ラーメン」」」

ついに《最終戦争丼》が始まろうとしている。 

その頃、都筑区。
ラーメン店《明星》で器用に揚げザルを操る少年は己に秘された宿命を未だ知らず、彼の扇風機に羽はなかった。

【おかわり】

【あいよっ】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもたくさんのチヤホヤをありがとうございます。頂いたサポートは取材に使用したり他の記事のサポートに使用させてもらっています。

ゴッド・ブレス・ユー
29
お望月さん:コンテンツコンデンサー、インクスリンガー、トートロジストです。映画、小説、書籍の感想をしたりニンジャスレイヤーやUOの話もします。

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1857本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメント (2)
天使は鳥みたいに翼を羽ばたいて飛ぶのではなく扇風機でヘリみたいにホバリング飛行ですか。クール。
完結編に用語集があるんですが堕天使は失われた羽の代わりを扇風機で代用しているようです。羽が多くて大きい方がえらい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。