TWSNMP FC:NetFlowで取得した通信量を3Dのグラフで表示する機能ができた
見出し画像

TWSNMP FC:NetFlowで取得した通信量を3Dのグラフで表示する機能ができた

今朝は4時ピッタリに猫が起こしてくれました。夜中の騒ぎはなかったようです。天気はどんよりした感じですが、気持ちよく起きられました。
昨日途中だった通信量を3Dのグラフで表示する機能を完成させました。
かなりの大作です。作ってみると面白いことがわかりました。送信元とIPアドレスの組み合わせで集計したグラフが

画像1

のようにきれいに時間ともに通信が始まる様子を示しています。
何か秘密はありそうですが、調べるのはお楽しみとしてとっておきます。
3Dのグラフの動画は、

画像2

のような感じです。昨日より進化しました。
昨日と今日の開発は、

です。
ここまでで、NetFlowの分析機能の追加は一段落して次の目標は

・Syslogの分析機能もNetFlowと同様にグラフを追加して強化する
・Tensorflow.jsなど使ってAI分析する機能を作る
・FFTなどライブラリで周期性のある通信やログを分析する機能を作る

です。調査は初めてます。

明日の続く


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
twsnmp

頂いたサポートは開発用機材の購入に活用させていただきます。

有難き幸せ!
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを、今も多くの人に使っていただけて、幸せに思っています。 2019年末から新しい技術でTWSNMPの復刻版を開発しました。 2021年からコンテナ環境で使えるTWSNMP FCを開発しています。