見出し画像

TWSNMP FC:syslogから抽出した情報の分析機能を強化できた

最近、猫は毎晩サッカー中継を観ています。昨日もワールドカップ予選でした。猫の神通力は浦和レッズの試合だけに使って欲しいと思いました。
今朝は昨日の続きの開発なのでそれほど大変じゃないことを察知した猫は4時に起こしてくれました。

まずは、テスト用のsyslogを出力するための設定をしました。Linuxマシンに1分毎の負荷、メモリ使用量、ディスク使用量をsyslogに出力する設定です。/usr/sbin/mon.shに、

#!/bin/sh
df | grep sdc | logger -t diskmon
free | grep Mem | logger -t memmon
uptime | logger -t loadmon

というスクリプトを用意して、crontabに

* * * * * /usr/sbin/mon.sh

という設定をするだけです。1分毎に、

Jun 8 07:23:01 minipc loadmon: 07:23:01 up 12 days, 2:02, 2 users, load average: 0.14, 0.14, 0.24
Jun 8 07:24:01 minipc diskmon: /dev/sdc1 9688382584 1138317308 8061727152 13% /data
Jun 8 07:24:01 minipc memmon: Mem: 7985692 445876 147360 21368 7392456 7258076

のようなログが出力されます。これをRaspberry PiとminicPCに設定しました。TWSNMP FCで

画像1

のように抽出パターンを指定して検索すると、

画像2

のような結果になります。<抽出情報>のボタンをクリックすれば、

画像3

のようにログから集めた情報をリスト表示できます。数値データがあれば、ヒストグラム

画像4

や、クラスター分析

画像5

できます。昨日作った集計表も

画像6

も表示できます。
一番気に入っているのは、3Dのグラフです。

画像7

ほとんど使っていないRaspberryPiの負荷とMacのバックアップ用にタイムマシンを動かしているminiPCの負荷の状況がわかりやすく表示できています。
ログからデータを抽出するパターンを増やせば、これはかなり使えそうです。
昨日と今日の開発は、

です。かなりの大作でした。
明日からいよいよbrain.jsでsyslogを分類する機能を作ろうと思います。
明日に続く


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
twsnmp

頂いたサポートは助手の猫のご飯代とテスト用の機材の購入に活用させていただきます。

有難き幸せ!
3
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを、今も多くの人に使っていただけて、幸せに思っています。 2019年末から新しい技術でTWSNMPの復刻版を開発しました。 2021年からコンテナ環境で使えるTWSNMP FCを開発しています。