保井崇志

東京在住の写真家。 初の写真集「PERSONAL WORK」を出版しました 📕http…

保井崇志

東京在住の写真家。 初の写真集「PERSONAL WORK」を出版しました 📕http://usetsu.com

マガジン

  • 写真家の日記

    写真家の日記です。仕事のことや、撮った写真のこと、それらを通じて考えたことなどを、月に4回発信します。読んでくださる方の思索の起点、もしくは行動のきっかけになれたら嬉しいです。

  • 「写真とひとこと」全部入りパック

    「写真とひとこと」シリーズの、買い切り全部入りパックです。普段あまりつけない写真への日本語キャプションがついています。Web写真集的なマガジン。

最近の記事

  • 固定された記事

800万円かけて写真集を自費出版した写真家の現状と展望

「800万円!保井さん、ギャンブラーですね。」 先日、渋谷のとんかつ屋さんで会食していた方に言われて、はっとしました。じぶんとしては全くそのつもりはなかったのですが、やっぱり客観的にはそう見えるのかと。 斜陽産業といわれる出版、しかも最も売れないジャンルであろう作家の写真集に、自己資金でそれだけのお金を突っ込むというのは、確かにギャンブルといえるかもしれません。とはいえもう作ってしまったので・・・。 2023年7月、初めての写真集「PERSONAL WORK」を出版しま

    • 縦・横・時間の3次元

      目で見て綺麗だなと思って写真を撮ったら、それほどでもなかったという場合があるように、目で見てそれほどに思わなくても、カメラで撮ったら驚くほど綺麗な光景として残る場合があります。けっきょく我々のように写真を撮る人たちは、後者を追い求めているのかもしれません。

      • いつも撮影している場所など

        撮影に出かけるときは、参考のためにLightroomで昨年の今頃撮ってた写真を確認してから行くんですけど、それでいうと昨年の今頃は桜ばっか撮ってました。 昨年は3月23日、24日頃にはもう満開だったけど、今年はまだ全然なんですね。満開は来週かな。 最近、というか今年に入ってからは日々のルーティーンが固まってきました。

        • 日々Leica

          ちょっと日にちが空くと、どんどん写真がたまっていく。それくらい日々写真を撮っています。ライカの魔力や恐るべし。好きがこうじてInstagramで「#日々Leica」のハッシュタグまで作ってしまった。 ここ数日は事務作業の日々。会社を作ってから初めての確定申告が完了しました(自分でやった!)。払うものも払って、ちゃんと手元にお金も残せたので言うことなし。ライカに浮かれるくらいのことは許してもらえるでしょう。というわけで本日も写真日記、 というわけで、写真日記でした。今後この

        • 固定された記事

        800万円かけて写真集を自費出版した写真家の現状と展望

        マガジン

        • 写真家の日記
          ¥500 / 月
        • 「写真とひとこと」全部入りパック
          65本
          ¥2,000

        記事

          その時その場所にいる

          今朝、東京では雪が降っていて「これは雪と桜のチャンスなのでは!」なんて思いながら出かける用意をしているうちに、雨にかわってしまいました。さすがに3月だと積もることはないか。 とはいえ2020年の4月、桜が満開の時期になぜかドカ雪が降ったことがあって、折しもコロナの初期の段階だったので、涙をのんでの自宅待機したことがありました。あれは今でも時々思い出します。ほんと、撮れなかった写真ほど、頭の中で完璧に構築され、良い写真となっていつまでも記憶に残りがち。 そんなこんなで、日々

          その時その場所にいる

          単焦点レンズは疲れない

          今日はレンズの話。もう14年も前になりますけど、とりあえず写真でも始めてみようかな、と軽い気持ちで買ったカメラがSONYのキットレンズ付きミラーレス一眼(NEX-5)でした。 撮ってるうちに驚くほど写真に夢中になり、いろんな写真ブログやカメラレビューを読み込むうちに、”どうも単焦点レンズというのが良いらしい” と判明し、改めて購入したのが富士フイルムの「X-M1」と「XF35mmF1.4 R」でした。 「XF35mmF1.4 R」は当時からめちゃくちゃ評価が良くて、ネット

          単焦点レンズは疲れない

          撮れなかった写真たち

          この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

          撮れなかった写真たち

          マガジン限定

          毎日Leica

          というわけで、Leica M11 を買いました。恒例の写真マシマシ回です。M11をお迎えしてから、ほぼ毎日写真を撮っているのでセレクトが追いつかない感じ。それでも引っ張られるように撮りに出かけてしまう。これこそがライカの魅力なのかもしれません。 8割くらいは絞って撮るという感じですが、もっと慣れてきたら開放も使いこなして、幅を広げていきたいです。なんか、写真を始めて2年目くらいの発言ですけど。

          人から好かれる写真について

          ”「上手い写真」と「人から好かれる写真」の数値は別になっていて、「写真が上手くなった!」と油断していると、一方で「人から好かれる写真」の数値が劇的に下がっていることが往々にしてある。” 以前そんなツイートを見かけてなるほどなぁと思ったことがあります。「昔の方が(技術的には劣っているはずなのに)良い写真を撮ってた気がする」的な現象もこれで説明がつきそう。 でもこれ考えてみると、人から好かれるというのは「どの人に」好かれるかで前提が変わってきますよね。以下、3パターンあるのか

          人から好かれる写真について

          出会い頭の善し悪し

          というわけで1月の後半は、法人を立ち上げて初めての年末調整に手こずったり、あと九州旅行もあったので、ぐぐっと後ろに寄った更新になっちゃいました。月4回、もう少しバランス良く更新したいな。 ちなみに法人の経理や事務作業に関しては、ぜんぶ自分一人でやってるんですけど、限界が来るまで続けてみようと思います。面倒くさいんだなぁこれが。でも黙々と作業するの好きマンなので意外と苦にならない。 あ、そうそう、今年は読書マシマシの年にしようと思うわけですけど、あまりにも心強い味方に出会っ

          出会い頭の善し悪し

          旅の写真日記 (別府 由布院 阿蘇 熊本)

          先週は4日間九州に行ってました。大分別府→由布院→熊本阿蘇→熊本市内 という感じで直線的なコースですが、なかなか充実の旅程。今回は珍しく旅の写真日記ということで。写真がたっぷり50枚以上ありますがお付き合いいただけると。

          旅の写真日記 (別府 由布院 阿蘇 熊本)

          シリーズ化したいと思っている写真たち

          メモや書類の整理、読書の記録などなど、今までEvernoteを使用していたのですが、ようやく重い腰を上げてNotionに移行しています。 もはや「何を今さら」という感じですが、Notionのカスタマイズ性や構成の美しさに感動。なまじEvernoteの有料ユーザー歴が長かっただけに(2013年から10年以上!)出遅れてしまったのですが、もっと早くNotionに移行しておけば良かったと後悔しきりです。 移行の際にEvernote内の古いメモを掘り起こして、昔に考えていたことを

          シリーズ化したいと思っている写真たち

          一日一日を大切に。

          胸が痛くなる出来事が重なり、大変な年始となりましたが、それだけに一日一日を大切にしようと決意を固めた次第です。というわけで、今年もどうぞよろしくお願いします。 昨年後半から毎日のように写真を撮っていて、年が明けても継続しています。今年の「写真家の日記」は、写真マシマシ回が多くなりそう。

          一日一日を大切に。

          今年もお世話になりました。

          というわけで、何のひねりもない記事タイトルで年内最後の更新を。 今年から再開したこの「写真家の日記」も丸一年となりました。購読してくださった皆さま、お付き合いいただき本当にありがとうございます。最後の更新は12月に撮影した写真とともに。

          今年もお世話になりました。

          年の瀬日記

          年末の街の空気って、なぜか心が浮き立つ感じがしますね。たいして忙しくもないのに、早歩きしてみたりして。 今年のまとめ的な記事は、もう一本ある年内の更新にゆずることにして、今回は日記です。

          年の瀬日記

          恒例行事を増やしていきたい

          成人して以来、漫画を読む習慣がなかったのですが、ふと「紙のコミックを一気読みしたい」という願望が芽生えてこちら「ゴールデンカムイ」を全巻そろえて読み始めました。 内容について今さらいうまでもない超名作。「金塊を探し出す」という大筋のテーマも面白いのですが、合間合間にはさまれるアイヌの狩りや調理の知識が興味深く、つい読み込んでしまう。一巻一巻の満足度が高すぎて、一気読みどころかじっくり読んじゃうので年をまたぎそうなペースです。 じぶんが普段から撮影しているストリートフォトも

          恒例行事を増やしていきたい