一人暮らし迷走記

31

ぬかってしまったゴーヤ話

愛しのゴーヤ、フーちゃん(普通のゴーヤ)が体調不良に陥っている。 葉の端っこに、直径5ミリ…

埼玉より、シロクマを想う

夏が殺しにかかってきた。 つい先日まで執念深く雨を降らせまくっていたくせに、いきなりの手…

この部屋に暮らして

アパートの更新時期が近づいている!別に文字を大きくするほどでも、語尾に「!」を付けるほど…

私の師匠はゴーヤ推し

私は今、全力でゴーヤを推したい。 「よっしゃ、今年こそはゴーヤ育てたるでぇ!」と奮い立っ…

「お断り」の経験値(後編)

前回までのあらすじ 断ることが苦手な私は、フィットネスクラブの無料体験を断ることができな…

「お断り」の経験値(前編)

断ることが苦手なのは、昔からだった。 一番最初の記憶は、幼稚園の頃。 友だちのゆうこちゃん…

夏支度、風鈴日和

暑さに耐えかねて、風鈴を買った。 私の部屋は風通りはいいのだが、最上階(2階)なので熱が…

タイムカプセル(味噌)を仕込む

今から27年前。私は父に、危うく「乙女」と名付けられるところだった。 彼は子どもが男だった…

見た目はアラサー、血管は老婆

定時で帰ってスーパーへ寄った、火曜日の夕方。 ぴったりとしたウェアに身を包んだ健康的な女…

泥棒に鍵を渡し、星宿る歯医者に臨む

長座布団に寝そべって漫画を読んでいた、日曜の昼下がり。 「それ」に気づくまでは、完璧にハ…