見出し画像

#2 ダイエットの向こう側

みどり:痩せたいです!!!スポーツクラブも行きました。炭水化物ダイエットもやりました。脂肪燃焼お茶も毎日飲んでいます。なぜ痩せないんですか。


ドアを開けカウンター越しのマスターへ飛び込んできたのは、みどりだった。


マスター:どうぞお掛けください。

冷静なマスターに苛立ちを覚えたみどりだったが、差し出されたホットココアを飲み気持ちを抑えた。


マスター:たくさんのダイエットを経験してきたんですね。

みどり:そうです。色々やりました。なんで、なんで痩せないんですか。方法が間違っているんですか。

マスター:試した方法は誰かに教えてもらったんですか。

みどり:それもありますが自分で調べたのがほとんどです。

マスター:そうですか。

マスターのおっとりとした口調にみどりは苛立ってきた。それには理由があった。夫の転勤に伴い引っ越すことになりこの町を離れることになったのでマスターの所に通えるのが1ヶ月足らずだ。その間に痩せる方法をどうしても聞き出したかった。

みどり:もし私が痩せない体質で何をやっても痩せないなら言ってください。その時は諦めます。

マスター:痩せる目的をお聞きしてもよろしいですか。

みどり:綺麗になりたいです。二児の母ですが女性として綺麗になりたいです。

マスター:マスター:下の子が大きくなり自分の時間が作れるようになったのですね。

みどり:よくご存知で。下の子が4年生になり大分楽になりました。とはいってもやらないといけないことはたくさんありますが。

名前:近藤みどり
家族構成:夫、娘2人
職業:小学校教諭
ダイエット歴:20年
ダイエット回数:50回以上
過去最高記録:ー10kg減


マスター:結論を先に申し上げますね。

みどりは、マスターの顔を凝視し期待に胸を膨らませた。

マスター:ダイエットをしないことです。

?????????言ってることを理解しょうと頭の中を駆け巡らせた。

みどり:すいません。言ってることがわかりません。痩せたいのにダイエットをするなってことですか。

マスター:おっしゃる通りです。

マスターがメモ紙のようなものに何か書き始めた。

マスター:こちらを2週間毎日やってください。

みどりはマスターから紙を受け取って見ると「朝ウォーキング40分を2週間やる」と書いてあった。

みどり:すいません。ウォーキングって痩せませんよね。私痩せたいんですが。しかも朝はごはんの準備もあるし時間がないので無理です。

マスター:ふふふっ。1時間早く起床してください。では2週間後にお会いしましょう。

話を強引に終わらせたマスターに苛立った。「そもそも朝起きるの嫌だし、なんでウォーキングなの?!」ウォーキングは過去にやったことのあるダイエットなので時間を無駄にするのが嫌だった。

みどりがマスターを知ったのは、友人がコンビニでトイレをして待っている時にたまたま見たグルメ雑誌だった。その雑誌のコーナーの読者投稿のコーナーに、誰が行っても痩せるバーがあるらしい。場所は〇〇で、、、と書いてあるのを見て「あれ、家の近くだっ」と反射的に言葉がでた。その帰りに思い迷わずマスターのいるバーを訪れた。

みどりは2週間なら騙されてもいいと自分に言い聞かせた。いつもより1時間早く起床しウォーキングを行なった。

マスター:こんばんは。もう2週間が経ちましたか。

みどり:言われた通り休まず2週間ウォーキングをしました。

マスター:いかがでしたか。

みどり:いかがと言われても。。。始めて3日目までは眠たくて仕方なかったです。体重計には乗ってませんが痩せてはいないと思います。

マスター:これで1時間は確保できるというが証明されましたね。この1時間はあなただけの時間です。誰にも邪魔されません。

みどり:そんな重要なことですか。夜でもできそうな気がするんですが。

マスター:他に変わったことはありませんか。

みどり:変わったこと???

みどりは腕を組み右斜め上を見ながら考えた。

みどり:就寝時間が早くなりました。というより眠気が強くて。今までは12時就寝だったのが10時半になりました。

マスター:早く起きるためには早く寝ることですね。それで朝の段取りも早くなり1日が長く感じるようになったのではないですか。

みどり:確かに。言われてみれば1日ってこんなに長かったけ、と思うことが多くなりました。得した気分というか。

マスター:では1時間確保出来たところで、みどりさんの失敗談をお聞きしてもいいですか。

みどり:ダイエットの失敗談ですね。何から話そうかなぁ。たくさんありすぎで、ふふふっ。あ、最近やったダイエットです。

マスター:ほぅ。気になりますねぇ。

みどり:最近というより進行形ですが、現在スポーツジムに通っているんですが全く痩せません。

マスター:通われてどのくらいになりますか。

みどり:もう半年以上になります。

マスター:通われている頻度は?

みどり:行ける時は週3回ほど。

マスター:月で何回行けてますか。

みどり:10回は行けてると思います。

マスター:もし痩せる目的で通っているなら退会してもいいと思います。厳しい言い方ですが、そのまま通い続けても痩せません。

みどり:え、、(入会金が、、)

マスター:サウナや大浴場が目的なら別ですが。

みどり:それはないですが。質問です!

マスター:はい。なんでしょう。

みどり:私を痩せさせることはできるんですか。

マスター:ふふふっ。痩せる事は簡単です。私のサポートは入りません。

みどり:???

マスターの言ってる事を理解しようと考えたがまったく答えが見つからなかった。

マスター:痩せるというのは魚、痩せる方法は釣り竿です。

みどり:あーーー、なるほど。魚を与えるよりも釣り竿を渡した方がずーっと魚を食べられる、痩せる方法が分かればリバウンドしてもまた痩せられるって事ですね。

マスター:その通り。では明日からはこちらのメニューを行なって下さい。

今回こそ痩せられるとみどりの心は踊っていた。みどりは小さい頃から良く食べる子だねと育ってきた。

はじめて体型を意識したのは中学生の頃。母が「一駅前で降りて歩いて帰ってきなさい」と突然言われた。
周りの友達より肉付きがいいのは自覚はあったが気にしていなかった。だが母にかけられた言葉が妙に心にささった。
言われた次の日から一駅前で降りて歩く事にした。一駅前で降りると帰宅時間が30分遅くなる。それでも苦にならなかった。

「お母さん私って太ってる?」
「そうね。少し痩せるともっと綺麗になると思うよ。」
私は母の期待に応えたいと思い一駅歩きを半年頑張った。

みどり:メニューやりました。筋トレは3種類しかなかったんですが少な過ぎませんか。

マスター:筋トレはきつくなかったですか。

みどり:初日はきつかったですがすぐ慣れましたが、お菓子は週末だけっていうのがきつかったです。教職員あるあるなんですが、毎月500円づつ出しあってコーヒーやお菓子が補充されるんです。休み時間の度に一つパクッと。

マスター:なるほど。それはついつい食べてしまいますね。

みどり:あ、私ここに来れるのが後1週間しかありません。今のまま続ければ痩せられるんですか。

マスター:はい、もちろんです。ではみどりさんがここへ来て変わった事を振り返ってみましょう。

(そんなことより痩せる方法を先に教えてくれーーー)
みどりは心の声を押し殺しマスターを凝視した。

マスター:まずここへきて始めた事覚えていますか。

みどり:散歩です。

マスター:散歩はいつやってますか。

みどり:朝です。起床時間を早めて始めました。

マスター:そうです。朝の1時間を手に入れましたね。

みどり:確かに。誰にも邪魔されないので唯一私の時間ですね。

マスター:その時間で運動したり色々出来ますね。

みどり:食事も作ったものを食べるようになったので、朝出勤する時にコンビニに行く回数が減りました。

マスター:他変わった事ありますか。

みどり:あ、スポーツジムは退会しました。ジムに行っても痩せないって自分でも薄々は気づいていたので、マスターに背中を押してもらった感じで助かりました。

マスター:ふふふ。ジムで成果を出すには踏まなければいけない段階があって、今はその段階ではなさそうですからね。

みどり:段階?

マスター:みどりさんの場合、自宅でも出来ることからはじめる段階ですね。脚トレなどはジムのマシーンを使った方がいいですがそれは先の先です。まぁ言ってしまうと自宅トレーニングでも結果を出せるってことですね。

みどり:はい、そう信じています。振り返ると朝早く起きて散歩してちょこっと筋トレしてって感じだけですが、、、

マスター:はい。それだけです。

みどり:ん???それだけ?

みどりは胸の前で腕を組み、眉間にしわをよせしかめっ面になり考えた。

マスター:痩せるには食事、体のラインを綺麗にするなら筋トレです。今のまま続けると5kgは痩せることができます。

みどり:えっ、そうなんですか。今までの私の食事制限と運動と何が違うんですか。マスターのメニューよりずっときついことをやってきたのに。

マスター:ふふっふふ。習慣化です。今まで時間を決めてやってことはありましたか。

みどり:たしかに。今まで時間はバラバラでした。でもそれだけで?

マスター:後、おかしです。みどりさんの場合おかしをほぼ毎日食べていたのでそれは大きですね。ダイエットを始めるとすぐに食事制限をしがちですが、落ちるのは水分と筋肉です。脂肪ではありません。

みどり:食事は減らさなくていいんですか。

マスター:大丈夫です。天ぷらや唐揚げなどの揚げ物類はできるだけ避けるのと、お米は1日2膳食べても大丈夫です。お米の代わりにさつまいもでもいいですよ。

みどり:さつまいもいいんですか?甘いのに?

マスター:さつまいもは血糖値を急激に上げないので食べ過ぎなければ大丈夫です。

みどり:初耳です。じゃあ今のまま続けます。

マスター:きっと効果がありますよ。筋トレは同じものは飽きてくるので1ヶ月単位でYouTubeなどを見て変えて下さい。

みどり:分かりました。落ち着いたらここに来てもいいですか。

マスター:もちろんです。


みどりは痩せた自分の姿に期待を膨らませ嬉しそうにバーを後にした。


そして半年が経過した。


みどり:私が何が言いたいか分かりますよね。

マスター:お久しぶりです。

みどりの体型はバーへ来た時と変わらない姿だった。

みどり:マスターの言う通りやったらこうです。なんでですか。

マスター:どうぞお掛けください。

冷静なマスターに苛立ちを覚えたみどりだったが、差し出されたホットココアを飲み気持ちを抑えた。


マスター:半年の経過を教えてください。

みどり:マスターのメニュー通り行なって、2ヶ月目で体重が4kg落ち3ヶ月目に1kg落ち合計5kg落ちました。そこから体重がピタリと止まって落ちなくなりました。逆に1kg増えたりしたので焦りました。

マスター:それで焦って食事制限を。

みどり:な、なんで食事制限したって知っているんですか。

マスター:ダイエット心理でよくあることです。順調に体重が落ちている時ほど焦りが強くなります。みどりさんのように体重が増えた日には「食べない」という選択をしてしまいます。気持ちはとても分かります。

みどり:そりゃそうなりますよ。痩せたいのに体重が増えるなんて。。。

マスター:痩せたいときに指標にする数値は体脂肪率です。体重2~3kgの増減は主に水分ですから気にする必要はありません。

みどり:でも体重が落ちれば見た目が変わるじゃないですか。

マスター:食事制限だけで痩せた人というのは、老けた感じになったり病気?というような容姿になります。見た目が綺麗、カッコイイ人は筋肉量に比例します。そして引き締まってメリハリのある体の人は、見た目以上に体重があります。

みどり:そうなんですか。始めて知りました。

マスター:みどりさんが3ヶ月目辺りから体重が落ちなくなったのは「停滞期」とよばれるものでダイエットには付きものです。人間の体は、食事を極端に変えると肌が荒れたり便秘になったり症状が現れます。

みどり:はい、おっしゃる通り便秘になりました。

マスター:それは体が反射しているわけです。「どうしたの?何かあった?急に食事変えるなんて、、、」といった具合いで。例えばみどりさんのように急に食事制限すると「これ以上体重が落ちると危険だから、出来るだけ脂肪を減らさないようにしよう」と体が反応します。

みどり:それが停滞期というわけですね。ではどうすれば良かったんですか。

マスター:変わらず続ける事です。前にも話しましたが水分で2~3kgは増減します。なので暴飲暴食やお菓子などを食べていなければ増えた体重は水分です。

みどり:そうだったんですね。だけど体重が増えたら誰でも焦りますよ。

マスター:そうですね。そのためにトレーナーが存在するのかもしれませんね。

みどり:ここには定期的に来れないので、パーソナルジムに行った方がいいですか。

マスター:オンラインでやりましょうか。

みどり:えっ。(なんでそれを前に言ってくれなかった、、、)あ、はい。お願いします。

マスター:もう教えることは少ないですが1ヶ月だけやりましょう。

マスターは私が食事制限することもリバウンドすることも、そしてここへ来ることもすべて想定してたかのような振る舞いだった。

私って本当に痩せるのか。。。

体重が落ちなくなってからはお菓子も食べるようになっていたが、自分時間が勿体無いと思い早起きだけは続けていた。

マスターとオンラインセッションが始まった。


マスター:はい、こんにちは。

みどり:あ、こんにちは。変な感じですね。でもマスターの背景がバーのままなのでなんだか安心します。

マスター:やるメニューは最後にお渡ししたメニューを行なってください。

みどり:えー、、あ、スクワット、ラット、、

マスター:そうそれです。そして以前よりも体脂肪が増えた可能性があるので、脂質には気をつけてください。ではまた来週。

みどり:はい、ありがとうございます。


みどりは学校の図書館で食事バランス本を借りて知識を叩き込んだ。
(グルコースが、ふむふむ、、、エネルギー源、、、なるほど)


マスター:いかがなさいました。いきいきしていますね。

みどり:聞いてください。娘達が私のヘルシー料理を気に入ってくれて美味しいって食べてくれるんです。例えばささみアスパラ巻きや大豆パンケーキなど何でも食べてくれるので助かっています。

マスター:そうです。家族の協力も後押ししてくれます。

みどり:主人も結婚してから8kgぐらい増えていたのでヘルシー料理をブーブー言いながらも食べています。しかも私に影響されたのか朝一緒にジョギングしています。


みどりは家族の協力もあり1年で10kg減に成功しました。それを現在も維持しているかは、、、


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
運動が続かない人へお届け。ダイエットの向こう側の世界をどうぞ。 https://tsudukeru.jp/