見出し画像

“帰省警察”の皆さん! 単身赴任のオッサンの帰省は“不要不急”に該当しませんから

「世間」 = 貴方と関係のある人たちで成り立っている世界

「社会」 = 貴方と何も関係がない人たちがいる世界

“何も関係ない人”と、何回かすれ違う機会があり、会話するようになっても、それはまだ「社会」

やがてお互いが名乗り、どこに住んでいるかということを語り合う関係に発展するば「世間」ができる。

(【同調圧力】日本社会はなぜ息苦しいのか By 鴻上商史・佐藤直樹 より抜粋)

画像1

「世間知らず」とは言うが、「社会知らず」とは言わない。

「世間体を気にする」とは言うが、「社会体を気にする」とは言わない。

「社会貢献」とは言うが、「世間貢献」とは言わない。

そもそも“世間”と“社会”の違いとは何だろうか?

様々な見解はあるが、

「社会」は?

バラバラの個人で成り立っているので、“法律”が存在する。
“法のルール”が崩壊すると、暴動や略奪に結び付きやすい。


『日本人は「世間」に住んでいるが、「社会」に住んでいない』

災害発生時の避難所では被災者の間で“暗黙のルール”が生まれ冷静に行動する。

東日本大震災等の大災害時には、この光景が世界に発信され絶賛されたことは記憶に新しいと思う。

『負けた試合で観客席を掃除して帰る日本人サポーター』

日本代表が負けた試合で良い気分ではないにもかかわらず、試合後のスタジアムを掃除して帰る日本人サポーターの姿をTwitterやFacebookで見かけた人たちから賞賛の声があがった。


ロックダウンという“法のルール”がなく、“外出自粛”や“休業要請”によってコロナ禍を乗り切れる日本人にとって、最強の抑止力となるのが「世間様」ではないだろうか?

ファクターXの正体は?

「世間様」による“同調圧力”によって“暗黙のルール”に従うようにという“空気”が醸成され、「世間様」に忖度すること(笑)

どれも何の形もなく、明文化・見える化することもできないモノだ。


“コロナ警察” “自粛警察” “マスク警察” そして“帰省警察”といった正義なのか?悪意なのか?理解できない自然発生的に現れる“自警団”は、「世間様」に対する“忖度”によるものだろう。


画像2

単身赴任のオッサンは、

“会社”という「世間」で“忖度”しなければいけない“同調圧力”の中で息苦しく過ごす。


“家庭”という「世間」では

「オヤジ!臭いわ!」

「稼ぎも少ないのに偉そうにするな!」

と白い目で見られイジメられる。



“会社”と“家庭”という「世間の眼」が怖いのだが、

夜の街という「社会よりの世間」に“癒し”を求めて、アルコールや様々な誘惑に負けて羽目を外してしまってしまうオッサン


“ネット社会”という「仮想社会」に安らぎを求め『エロサイト』の罠にハマってしまうオッサン


“SNS”という「知らない人とちょっと繋がれる社会」に積極的に参画し日頃のウップンを誹謗中傷で紛らわすオッサン


会社という「世間」を辞めて、「社会」で働く“フリーランス”になる勇気はない単身赴任のオッサンは、「世間」でしか生きていけない生き物なので、年末年始に独りぼっちで「社会」に置いては、ろくなことは無い。


画像3

“帰省警察”の皆さん!

単身赴任のオッサンの帰省は“不要不急”に該当しません。


“会社”という「世間」の皆さん!

【働き方の多様化】が求められているのだから、【休暇時期の多様化】も検討していきませんか?
“テレワーク”への移行も進むと思いますよ。


“家庭”という「世間」の皆さん!

帰省中の単身赴任のオッサンには、優しく・厳しい“しつけ”をお願いします。


単身赴任のオッサン!

“家庭”という「世間」では、所詮“よそ者”なのだから、“世間の暗黙のルール”に従順に従おう!

“会社”という「世間」で学んだ“忖度力”を最大限に発揮して“家庭”という「世間」に喜んでもらいましょう!

“会社”というのは、“社会”をひっくり返した文字なので、『限りなく「世間」に近い「社会」だ。』


単身赴任のオッサンが、一番“忖度”能力を鍛えられているのだから、“家庭”という「世間」で、最高の“忖度”パフォーマンスを行ってくれ。


がんばれ!単身赴任のオッサン!健闘を祈る。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thanks!
21
DJ GAVI のTaking live!  クライシスマネジメントが得意なマーケター 【ホームページ】 https://www.tsb-project.com/ 【DJ GAVI】 https://www.tsb-project.com/next-talking-live