新マガジントップ画像4

4-7.フェルマータ

テクニック本インデックスバナー

画像2

画像3

アーティキュレーション共通の認識

フェルマータ。教科書では「音をほどよくのばす」などと書いてあります(2倍延ばすという解釈はあまりにも酷いのでここでは言及すらしません)。
この「ほどよく」がクセモノで、中高生の頃は何を持ってしてほどよいのかがわかりませんでした。なので、吹奏楽部では指揮者の棒が動き出すまで音をのばしているだけの大変よろしくない受け身の演奏だったことが多いのですが、音大受験の課題曲であるアーバンの「華麗なる幻想曲」にはたくさんのフェルマータが出てきて、誰にも頼れず入試という場でソロを吹くため、フェルマータをどうして良いのかとても悩みました。

フェルマータに限らず、これまで紹介してきたアーティキュレーション記号はすべて、その意味を知るだけでは演奏に反映することはできず、「それが書いてあることで作品がどのような結果になるのか」を具体的にイメージしなければなりません。

フェルマータの基本

後述しますがフェルマータは楽譜のどこに書かれているかで解釈が大きく変わります。
その中で最も多いのが音符(休符)に置かれたフェルマータで、先ほどの「音をほどよくのばす」はこの状態での意味にあたります。
では、フェルマータによって音を延ばされるとどのような効果が表れるのでしょうか。ヒントはイタリアにありました。

[バス停]

画像4

イタリアではバス停のことをフェルマータと呼ぶのだそうです。

この続きをみるには

この続き:3,605文字/画像8枚

4-7.フェルマータ

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
3
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。