一般社団法人 数理暦学協会

東洋哲理の理論を、ビジネスに取り入れて未来に向けて発信します。陰陽五行理論のロジカルシンキングで考察し、中国主導のグローバル経済のもとで、新たなビジョンを提案できる東洋哲理コンサルタントを養成します。 https//surirekigaku.com

信用と信頼。情報をどこまで共有したらよいのか。重職心得箇条 第17条に学ぶ

リモートワークが日常化している時代、企業に迫られていることは、「情報をどこまで共有したら良いのだろうか」という問題だろう。 本日の勉強会のテーマになった言葉は、…

リモートワークで一番難しいことは、「忖度」かもしれない。《重職心得箇条第15条から学ぶ》

毎朝15分間の言志録勉強会。夏の特別企画は、同じく佐藤一斎が著した重職心得箇条。幹部社員へのマニュアルだ。 本日のテーマは、第15条 意思疎通をしやすい組織づくりの…

モチベーションを維持する方法を重職心得箇条 佐藤一斎 第13条から学ぶ。

管理職とは、上司と部下の間に位置する、真ん中を担うポジションなので、自分より上の人間と下の人間の両者と、バランスをとりながら付き合う必要がある。 上に傾きすぎて…

いきなり方向転換をしなければならない時に備えた管理職の心得 M&A 重職心得箇条 第12条

「今年はオリンピックもあるし、売上あがるぞ!」と、期待していたのに、今回のような「想定外」の事態が起きると、どうしようとかと呆然としてしまう。 局所的な災難だっ…

何があっても寛容な気持ちを持ち続けるための管理職の心得 重職心得箇条 第11条

管理職は、心を大きく、広く持ち、 社員を分け隔てなく受け入れる寛容さがなければならない。 細かい事に囚われて、 自分のやり方を主張し、 頑固を通して、自分の価値観…

物事の優先順位を判断する管理職の心得。重職心得箇条 第10条

何を先にして、何を先延ばしにするのかを判断せよ。 ビジネス戦略において、何が大切であり、何がとるに足らないことなのか、その区別を見誤ってはいけない。 また何が緊…