東山たいよう

大学生

コロナ下の自立障がい者 厚生省との交渉によせて

大学生の僕は、現在、自立障がい者の介護のバイトをしています。その縁で、今回、議員会館で、自立障がい者の方々が厚生労働省の役人にコロナ下での状況を伝える交渉の場面…

自立障がい者を題材にした映画「こんな夜更けにバナナかよ」

自立障がい者とその在宅介助ボランティアを題材にした映画がある。 2018年、前田哲監督、渡辺一史原作のノンフィクション小説を映画化した 「こんな夜更けにバナナかよ 愛…

日本人は利他的で集団主義的ではない

日本はしばしば海外から、礼儀正しく、ルールを遵守し、他人を思いやる集団主義的な国だと評価されることがある。わたしたち日本人でさえもそう思っているだろう。しかし、…

近代社会 社会と個人

社会学の概念に、社会の存立について「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」というものがある。 「ゲマインシャフト」とは、意思以前的で人格的な関係態。 生まれついた…

大学生の僕が介護のバイトを始めたきっかけ 自立障がい者支援

僕は大学2年の冬に介護のバイトをはじめた。介護といっても、多くの人が思うような高齢者介護だけではない。いろいろな介護があるのだ。 僕のやっているのは、障がい者の…

超簡略 前期後期ヴィトゲンシュタイン

ヴィトゲンシュタインの哲学は、前期と後期に分けられます。 前期は写像理論(論理実証主義)。後期は言語ゲーム。 彼は、前期の理論を「すべて間違っていた」として全撤…