見出し画像

[全文無料・詩とエッセイ]しんや二時のブラッドベリ

しんや二時
みらいの君が
リズムに合わせて腕を振り
ぼくらに歌ういきな唄
「食べたいか おい 食べたのか
食べたいのか たくないか」
ああそうさ そうなのさ
食べたいけれど食べんのさ
食べたくなくても食べるのさ
 無理な無言 むだな無視
 こすい口唇 凍えた声
 四角な心労 海のウニ
 海のウニ?

  *  *  *

岩田宏さんは、なんとも気になる作品を書く詩人です。

  いやな唄  岩田宏

あさ八時
ゆうべの夢が
電車のドアにすべりこみ
ぼくらに歌ういやな唄
「ねむたいか おい ねむたいか
眠りたいのか たくないか」
ああいやだ おおいやだ
眠りたくても眠れない
眠れなくても眠りたい
 無理なむすめ むだな麦
 こすい心と凍えた恋
 四角なしきたり 海のウニ

ひるやすみ
むかしの恋が
借金取のきもの着て
ぼくらに歌ういやな唄
「忘れたか おい 忘れたか
忘れたいのか たくないか」
ああいやだ おおいやだ
忘れたくても忘れない
忘れなくても忘れたい
 無理なむすめ むだな麦
 こすい心と凍えた恋
 四角なしきたり 海のウニ

ばん六時
あしたの風が
くらいやさしい手をのばし
ぼくらに歌ういやな唄
「夢みたか おい 夢みたか
夢みたいのか たくないか」
ああいやだ おおいやだ
夢みたくても夢みない
夢みなくても夢みたい
 無理なむすめ むだな麦
 こすい心と凍えた恋
 四角なしきたり 海のウニ
 海のウニ!

気になりすぎて、冒頭の戯れ唄を作ってしまいました。

岩田さんの「いやな唄」は、楽しい詩ではないようですが、どこかとぼけた風味のおもしろい作品なので、軽くもじって四連目をつけ加えてみた次第です。

深夜二時、寝静まった海のウニの味を噛みしめていただけたら幸いです。

  *  *  *

岩田さんは、とても有名な詩人というわけではないので、ぼくも名前を知ったのはほんのニ、三年前のことでしかありません。

おまけにこの所、日本を離れてインド辺りをうろうろしていることが多いので、実はまだ彼の詩集を手に取ったこともないという体たらく。

しかしネット上のいくつかの作品を見るだけでも、十分以上に楽しめます。

たとえば「悼む唄」で妹をつくりだしてしまう想像力はオタク文化の大先輩と言えるでしょう。

また「ルフラン(=refrain)」での、繰り返し描写を続けるうちに、状景が変質し、見知らぬ世界に紛れ込んでしまいそうな描写からは、フィリップ・K・ディックの作品にも似ためまい感を覚えるかもしれません。

  *  *  *

この詩人の岩田さんが、レイ・ブラッドベリの「刺青の男」や「火星年代記」を訳した小笠原豊樹さんと同一人物とは、今日の今日まで知りませんでした。

(実はこの文、数日前に書いたのですが、今日6月5日がブラッドベリの命日なので、今日の公開にしました)

ブラッドベリは、SFやファンタジーの好きな人なら、知らない人はいないであろうアメリカの大御所作家です。

連作短編集『刺青の男』収録の「万華鏡」は、ロケットの事故で宇宙空間に投げ出された乗員の心理を描いた静謐な作品です。そのラストシーンを石森章太郎先生が「サイボーグ009」で流れ星ネタとして再利用したことでも有名ですね。

『火星年代記』は地球人の火星植民を描いた物語で、アメリカの歴史に重ね合わせる形で人間の営みを描いた、叙情感にあふれる社会派の作品です。

まだ読んだことのない方は、この機会にチェックしてみてもいいと思いますよ。

てなところで、この記事はおしまいです。
それではみなさん、ナマステジーっ♫

参照:
○現代詩文庫「岩田宏詩集」
○レイ・ブラッドベリ「刺青の男」
○レイ・ブラッドベリ「火星年代記」

○「いやな唄」はこちらから引用させていただきました。
https://sibunko.exblog.jp/19332492/
○「悼む唄」の一部はこちらで。なお、こちらのページの「いやな唄」で「海のワニ」とあるのは「海のウニ」誤打と思われます。
http://art-container.net/scrapbook/archives/307
○「ルフラン」はこちら。縦書き表示が素敵なページです。
http://kaerunoniwa.blog36.fc2.com/blog-entry-108.html

※有料部には、おまけとして「ルフラン」の四連目を試作しましたので、投げ銭がてらお楽しみください。

この続きをみるには

この続き:330文字

[全文無料・詩とエッセイ]しんや二時のブラッドベリ

としべえ2.0β

108円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。みなさんの100円のサポートによって、こちらインドでは約2kgのバナナを買うことができます。これは絶滅危惧種としべえザウルス1匹を2-3日養うことができる量になりす。缶コーヒーひと缶を飲んだつもりになって、ぜひともサポートをご検討ください♬

ありがとごじゃまーす☆
14
「としべえ」とお呼びください。 ☆全文無料・全力投球・投げ銭方式 2.0β++。 ☆瞑想好きの奥さんと二人、印度を中心にアジア回遊中。 ☆肩の力を抜きまくって、ちばりよーっ♪ ☆自己紹介→http://tinyurl.com/tbuuBdoor
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。