見出し画像

雨の森で感じるもの

雨の森を歩いていると、五感が研ぎ澄まされてくるようだ。クマの生息域での撮影は、あらゆるものに敏感になる。結果的にではあるが、身体が自然に反応して撮れるようになる。意識と無意識の間の中で、浮遊するように森を彷徨い、ある瞬間、ふいにイメージが立ち上がる。そんな写真が撮りたい。

アートディレクターと一つの世界観を作り上げていく過程で、自分は写真でなにがしたいのかを深く考えている。なぜここに住んでいるのか。住みながら撮るという意味の、本質に辿り着けそうな気がしている。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援ありがとうございます。いただいたサポートは、写真家中西敏貴のさらなる飛躍のため、取材費として使わせていただき、その成果をかならずやフィードバックさせていただきます。ご協力をお願いします。

いつも感謝!
60
写真家。美瑛町在住。農の風景を中心に、光、造形を追いかける日々。WEB : https://www.toshikinakanishi.com/ Facebook : https://www.facebook.com/toshikinakanishi.official/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。