【SNSで下書き出版】SNSのかけ算運用出版までの道 No11
見出し画像

【SNSで下書き出版】SNSのかけ算運用出版までの道 No11

Tomoyanチャンネル

音声SNSでの集客で大切なこと

音声SNSの再生回数や集客にお困りのあなたへ…一番大切なのは「タイトル」や「ルーム名」です。音声を聞いてもらうには、入り口の入りやすさが何よりも重要です。例えば、「SNSの運用方法間違ってない!?」私も間違ってるかも。正解を教えてあげよう。色々なタイプの人が入りやすい、聞きたいと思うタイトルを付けてみましょう。

音声SNSの利用方法

音声SNSって何に使ったら良いの?利用方法の一つに、あなたが今課題としている事や、分からなくて困っている事を「タイトル」にしてスピーカーさんやリスナーさんに直接聞く事が良いです。例えば、この文の冒頭にある様に「音声SNSって何に使ったら良いの?」と直接タイトルにする事もできます。もちろん自分の課題とマッチした「タイトル」に飛び込んで、そこで直接質問するのもいいです。心に刺さる答えがそこにあります。

一緒にかけ算出版目指しませんか?

出版を目指す方へ….一緒にかけ算出版目指しませんか?かけ算出版のポイントは3つ。①Twitterは140字で毎日下書き。Twitterで毎日下書き140字×180ツイート。②Stand FMは下書きで伝えきれなかった事を音声で補足。スタエフを使って各ツイートを自分で深掘り音声発信。③noteを使ってまとめ編集を行っていく。本の元になるコアな部分をここに集結。180ツイートコツコツと積み上げると、半年で約25000字貯まります。スタエフを通じて宣伝も出来る。noteはTwitter下書きコピペからの補足のみ。私も道半ばなので仲間探してます。一緒に出版目指しましょう。DMお待ちしております。

かけ算出版のメリットとは

出版を目指す為に下書きをツイートするメリットとは?スタエフで180各ツイートを発信する理由とは?出版に向けて一番大変なのはどんどん書く事だと言われてます。もちろん文字を出版する事なので当たり前の事ですが、ペンが進まず諦める方も多い、何を書いたらいいか分からない、そんな声を良く耳にします。そこで考えたのがSNSかけ算出版です。毎日の下書きツイートは140字マックスなのでお気軽でストレスにならない、これが最大のメリットです。そしてスタエフを通して口で説明する事で、頭の整理ができる。noteでの編集も140字への補足なので簡単です。明日につながるかけ算出版を体験してみませんか?

マーケティングにお困りの方へ

音声SNSを使ったマーケティングの効率が最高です。これまで他の地方に出向いて失敗したり、顧客情報を入手整理するだけでエネルギー消費する事良くありませんでしたか?音声SNSならムダな作業や交通費の出費を無くして、更には時間まで生み出してくれます。実際に「伝統文化」の情報を音声SNSでマーケティングして無駄なくプロジェクトが動き出しています。

次回No.12は「朝活×リアル」、本気な仲間が欲しいをまとめて行きます。お楽しみに!ご拝読ありがとうございます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます♪コメント頂ければ幸いです。
Tomoyanチャンネル
SNSかけ算運用について発信します。 7つのSNSを自由に発信しています。 文章力Twitter×写真力Instagram×動画力Youtube×音声力Stand FM&Clubhouse