山野 智久 @アソビュー

アソビュー!という週末の便利でお得な遊びのマーケットプレイスを運営しています[http://asoview.com]。 観光庁アドバイザリボードもやっています。ベンチャー経営、遊び(主に昼間)、旅行、地方創生、サウナが得意技です。

山野 智久 @アソビュー

アソビュー!という週末の便利でお得な遊びのマーケットプレイスを運営しています[http://asoview.com]。 観光庁アドバイザリボードもやっています。ベンチャー経営、遊び(主に昼間)、旅行、地方創生、サウナが得意技です。

    最近の記事

    ダメになりそうな時に一番大事なこと。著書『弱者の戦術』 出版に寄せて

    ■はじめに突然ですが、この度、初めての著書を出版することになりました。『弱者の戦術 会社存亡の危機を乗り越えるために組織のリーダーは何をしたか』というタイトルです。これは大災害時、大逆転の実録本です。 会社を創業して丸10年が経ちました。振り返ると多難の連続でした。とりわけ最大の試練は、そう、コロナ禍です。このコロナ禍が我々「おでかけ市場」(人が家の外にお出かけしてはじめて成立する市場の総称。飲食・旅行・イベント・交通・レジャーなど全般を指す)に与えた損害は計り知れず、今な

      • コロナ禍の自粛、という大人都合の意思決定の裏側にある、見過ごしてはならない真実

        ■はじめにアソビュー社で骨太な調査リリースを出しました。 「コロナ禍で子供たちの余暇の過ごし方にどう変化が起きているのか。それが成長や情緒形成に影響を与えているのか」という趣旨のアンケート調査を実施し、5,000名以上のアソビュー!ユーザーの方にご協力頂き、解答を得ました。 ご協力頂きましたアソビュー!ユーザーの皆様、本当にありがとうございます。 ■調査結果9割のご家庭で遊びやレジャー体験は子どもの成長や情緒にポジティブな影響があると思っており、8割のご家庭の子どもがコロ

        • NHKドキュメンタリー『逆転人生』。V字回復の舞台裏にあった挫けそうなB面の感情。

          ■はじめに 4月12日(月) 22:00〜22:45  NHK総合にて45分間のドキュメンタリー番組『逆転人生』に登場します。 「どん底からはい上がった人々の、真実の物語」というタイトルが付くこの番組。先に断っておきますが、これは私だけのお話ではありません。アソビューの仲間とそのステークホルダーの皆さんと共に紡いだ物語です。この放送はコロナ禍でまとめた2つのnoteが発端になっています。 しかし、これらの理路整然とした奇跡の復活劇だけでは「真実の物語」は成立していないこと

          • 昨対比430%成長で奇跡の復活。コロナ禍のドン底で唯一大切にした「顧客起点」の考え方

            ■はじめに緊急事態宣言によるおでかけ自粛の影響で、主力サービス「アソビュー!」の4月5月売上が昨対比マイナス95%と大打撃を受けました。 それまで昨対比170%と順調に成長していたところ、2月から影響が出始め、その後はまさに急転直下でした。その状況下で経営者として考え、行動したことは以前こちらにまとめました。 あれから半年が過ぎ、当社全体の8月の全社の流通総額でコロナ前の成長率を凌ぐ、昨対比230%を超える数字を記録しました。 これは市場自体は確実に縮小している中での結果

            コロナ直撃のベンチャー経営者は、緊急事態に何を考え、そして実行したのか。

            ●はじめに当社はレジャー・観光産業のDXを牽引する創業10年目のベンチャー企業です。新型コロナウィルスの感染拡大に端を発した緊急事態宣言によるおでかけ自粛要請の影響で、主力サービス「アソビュー!」売上が昨年対比で95%減少するほど大打撃を受けました。 経営者として未曾有の事態に直面する中でおよそ4ヶ月、会社・サービスの存続、そして雇用死守を掲げて奔走してきました。そして、ようやく最悪の危機を脱せられるところまで持ってこれたと判断できるに至ったので、これらの経験をまとめること

            Withコロナ時代の観光・文化・レジャー施設が実施すべき感染拡大防止のためのDX推進について

            昨日18:00から安倍総理の記者会見にて、39県の緊急事態宣言の解除と、それらの地域での81団体の感染予防ガイドラインを厳守した上での経済活動の再開が表明されました。それを受けて、当社では緊急経営会議を開き、自社開発の電子チケットシステムの初期導入費(端末費用含む)の無償化を決定、プレスリリースを出しました。リリースは22:30過ぎのことです。 なぜ無償化によるシステム提供なのか、その理由をまとめます。 ■感染経路と対策の整理 まず私自身、防止すべき感染経路(目的)とその

            急募:災害時雇用維持シェアリングネットワークの参画企業を募集します!

            ●4/27(月)最新状況追記1. 参画企業数:現在出向元(出向希望)企業が10社程度、出向先(受入希望)企業が40社程度となっております。 2. 現在参画企業を引き続き募集しております。現在のところ東京所在地のIT系企業が必要とする職種のマッチングが比較的スムーズです。スムーズなご案内をするためにオペレーションを統一化しています。個別連絡ではなく、エントリーフォームよりエントリーをお願いします。 例:エンジニア、デザイナー、WEBディレクター、プロジェクトマネージャー(P

            緊急提言:災害時雇用維持シェアリングネットワークの必要性

            ●はじめにコロナウィルスは災害です。 災害時には一般生活はもちろん、企業活動にも多大な影響を及ぼします。企業においてのマイナス影響はわかりやすいところで売上の減少です。そして、売上減少をリカバリーする手段のひとつが販管費の削減になります。多くの企業では販管費の6〜7割が人件費となっており、企業存続の有効な手段として、しばしば雇用調整、即ちリストラが実施されてきました。 本記事はこの手段を否定するものではありません。 しかし、災害時に各企業が同時多発的に人員解雇を行うと、日本