見出し画像

【石の街】攻防記

その日、大量の水が街を襲った。

呪術結界が施された強固な石の外壁が、轟音と共に押し寄せた水流によって破壊された。

外部からの攻撃だ。

やつら、とうとうここまで力をつけやがったか。自治会のおじさんがぼやいた。度重なる攻撃が段々と威力を増しているのは、僕も感じていた。

ひとしきり荒れ狂った濁流は、昼前には収まった。幸い死者は出なかったが、街中が水浸しになった。

誰しもが異変に気づいたのはその頃だ。水が一向に引かない。

広場で僕はとても奇妙な光景を目にした。
斜面の石段をゆっくりと、下から上へ水が流れている。
飛沫がゼリーのような固まりとなって空中をフワフワ浮いている。

この現象は何だ。僕は書物で得た知識に照らし合わせ、ようやく気づいた。

「反克の術だ!」

土克水の逆、水克土。

まずい。水が飲めなくなっている。
まだ影響は人体に及んでいないが、状況が加速すればこの限りではない。

結界内の物理現象が、緩やかに綻び始めていた。


【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ウナーゴン

🍎🍏いただいたサポートはウナーゴンの進化素材となります🍏🍎 🌝🌚感想はこちらでも受け付けています🌚🌝 https://marshmallow-qa.com/unargon2030m

うなぎとは一体何か
21
うなぎ概念の一形態。絵描き系クリエイターだがなぜか文章記事の投稿がやたらと多いので覚悟しなさい。【Instagram】 www.instagram.com/unargon 【DA】www.deviantart.com/unargon 【連絡先】 unargon@gmail.com