見出し画像

お金の相談は誰にするの?

スバキリ

さあ、今回のスバキリは?
(素晴らしい風水切り絵師になるためのビジネスコラムの略)

先日、友人が「投資信託を考えている」と相談を受けました。
「なんで?」と聞くと、「銀行の無料相談で勧められた」と、言うんです。
こういう時の僕の答えは「絶対に買うな」です。

無料相談というのは、お客さんを集めるための口実であり、金融商品を買わせるための手段です。
「相談」という名の「セールス」だということを覚えておいたほうがいいです。
そもそも、銀行員や証券マンはあくまでセールスマンであり、会社を儲けさせたい人たちです。
彼らにはノルマもある立派な営業マンなんです。
彼らが勧めてくる商品は彼らが良いと思うから勧めてくるのではなく、会社に売れと言われたから勧めてくるのです。
資産運用の相談をしたいあなたのお金の相談相手としてはふさわしくありません。

銀行員にお金の相談をしない

日本人はなぜか銀行に「信用できる」というイメージを持ってますが、銀行は手数料をお客さんからもらって、自分の利益のために動く一企業です。
しかも、銀行はこちらの懐具合を熟知してます。
給料がいくらか、貯金はいくらか、家賃はいくらか、等を全て把握されてます。

こちらの懐具合を熟知している銀行員は、あなたが買える商品を勧めてきます。
「お金がない」と断れないから、銀行員はものすごく手強い営業マンです。
そんな相手に「無料相談」というエサで釣られてノコノコ行くのは無謀すぎます。
鴨がネギを背負って行くようなものです。
石川五右衛門が自ら釜茹でに飛び込むようなものです。
ヤムチャが自らサイバイマンに抱きつきに行くようなものです。
絶対にオススメできません。

お金の相談は誰にするの?

じゃあ、お金の相談は誰にしたらいいのでしょうか?
僕の考えは、「ちょっと勉強して、ネット銀行やネット証券で自分で商品を買えるようになったほうがいい」です。
誰かに相談すると、どうしてもその人の手数料が発生するので、その分割高になります。
投資商品の場合、それが「毎年何%」とか「決済する度何%」とか取られます。
この割合がけっこう高いんです。
ネット証券で買ったら利益だったけど、営業マンを通して買ったからマイナスだったという商品もたくさんあるくらいです。

「でも、どうやって勉強したらいいか分からない」という人もたくさんいます。
そういう人のために、僕はイベント&コミュニティスペースのMottoでお金に関する教室を始めました。

スバキリお金の料理教室

↑僕が毎月開催予定の教室です。

この教室の目的はみなさんに資産運用の知識を身に付けてもらい、自ら商品を選べるようになることです。
だから、僕がなにかを勧めることはありません。
毎月一回、テーマを決めて実施する予定ですので、途中からの参加でも大丈夫です。
少しずつ、楽しみながらお金の知識を身に付けていただけたらと思ってます。

プロは誰に投資先の相談をしてるの?

では、僕らのような資産運用のプロは誰に投資先の相談をしてるのでしようか?
まあ、プロなんで基本的には自分で分析しています。
しかしながら、プロでももちろん基準にしているものがあります。
例えば、僕であれば、IMF(国際通貨基金)の発表なんかはよく見てます。

IMFとは世界の金融、ならびに為替相場の安定を目的として作られた国連の専門機関です。
世界の金融の平和部隊、地球防衛軍と考えてもいいでしょう。

そのIMFが去年発表した各国の通貨当局が保有している外貨準備資金の割合が下の図です。

外貨準備資金とは自分の国が危なくなった時のために保険として各国が持っている外貨です。 
これを見ると、世界各国の中央銀行がどこの国にお金を預けたら安全だと思っているか分かります。
中央銀行にはその国の資産運用のエリートたちが集まりますので、彼らがどこの国が安全だと思っているかを知ることはとても重要です。
これを見ると一目瞭然で、各国の運用のエリートは圧倒的にアメリカドルを保有してます。
と、言うことはアメリカは資産の預け先としては最も安全だと言えるわけです。

経済成長で言えば、中国のほうが圧倒的に高いのですが、世界の中央銀行は元はほとんど持っていないです。
それは、中国が社会主義国で国の政策によりいきなり商売ができなくなるリスクがあるからなんですが、そう考えると、中国への投資はリスクがあると言えるわけです。

実際に、ここ40年アメリカのダウ平均株価は右肩上がりに上がっています。
サブプライムローンやリーマンショックの前に投資をしていたとしても、10年持っていれば、必ず利益が出ている計算になります。

アメリカの株式市場が投資をしやすい土台があることもその理由ですが、各国の中央銀行等が預け先としてドルを選んでいるという安心感があるからだと思います。

そんな感じで、各国の外貨準備資金の割合の50%以上がドルである間はアメリカの金融市場が最も安全だと思っています。
これは世界各国の資産運用のエリートが集まった中央銀行等が出している結論なので、まあまあ安心できると思います。

これからの予定

アメリカ市場に投資をするのがいいということは分かったけど、どうしたらいいか分からない。
という人も多いと思います。

ですので、今後はアメリカ市場への参入の仕方なんかを分かりやすく書いていければと思っています。
実は、案外簡単で、少額からできるんですよ。

せっかくなんで、今まで投資とかしたことのない素人の人に投資をやってもらいたいですね。
と、思ってたら、いい人材を見つけました。

料理はめっちゃうまいけど、投資の知識はゼロのパスタ屋さんです。
と、いうことで、今後はスナックキャンディ姫路のオーナーヒデさんが投資でアメリカ市場に進出するところをお届けするというエンターテイメントを作れるかもしれません。

ご期待ください。

けっこう好評な風水リーディング

Instagramフォローしてくれたらめっちゃ嬉しい!

それでは次回まで
アディオス!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!