木俣時子

声楽家、アレクサンダー・テクニーク教師 木俣時子です。音大声楽科を卒業しずっと歌ってきました。歌うことは楽しいけれど難しい!観察したり分析したりして探求していくのは面白い。発声のこと、教えること、考え方などを書き動画でも説明します。https://tokikouta.com/

石原吉郎 泣きたいやつ、花であること

日本語は美しいなーと思うのです 詩を声に出して読んでみるとリズムがあります。 抑揚もあります。 内容はもちろん大切ですが 音としてそれらはあると思います。 声に…

1か月前

力を入れるからきれいな高音がでない!「でも力を入れなければ高音は出せるわけない!」この思い込みをはずしても体が自然に力入れるし、抜けてきれいな高音が出せても安定しないしホント一歩ずつです。

2か月前

まずは自分が笑顔になる!

もしも 世の中を動かしている光の勢力と闇の勢力があるとしたら… コロナも戦争も闇の勢力だと誰もが思うでしょう。 ではそんな時、私たちが心を痛めて落ち込むのと、一…

2か月前

レッスンで「1伝えたことを3くらいとっていってくれた!」と感じることもATではわりとある。一方、年月をかけて「100伝えたつもりのことがある日30くらい伝わったかな」と嬉しく思うこともある。生徒としての私もそんなペースなんだろう…どちらも素敵!

3か月前

昔歌ったけど苦しかったというアリアを持って来た生徒さん。レッスンしていくにしたがって「歌っていて嬉しくなってくる!」と。余分な力が取れた時、声を出すのが楽でだから表現もしたくなる!私も嬉しい瞬間です。

4か月前

生徒さんにいつも言っていること。頭ではとてもよく分かっていること。でも「あら!できてないかも…私 と言うかまだまだできる余地があるというか…奥が深すぎてまいる汗 だから楽しい。

6か月前