見出し画像

ア・フェアウェル・トゥ・ビアード(邦題:幻想美少女☆バトルロイヤル)

「やめろ!やめろよぉ…!」

少女の悲壮な声が酒場に響く。

「なぁに!抵抗しなければ直ぐじゃ!」
「動くと顔に傷が付くぞ!」

おぉ…オーディンよ御照覧あれ!
赤ら顔のドワーフたちが数人がかり少女を押さえ付けて居るではないか!

■◆■

夕張ドワーフ大工房は炭鉱の町で…あった。

御一新後、日ノ本はヒトを頂点とする国となり、ドワーフの採掘する石炭は国の近代化を推し進めた。だがやがて石炭は枯渇、大工房の火も消えようとしていた…。

■◆■

朝っぱらから酒場にはドワーフの炭鉱夫が屯している。
仕事は無い、だが飲まずには居られない。悪循環だ。

「こっちは儲かるから良いけどサ!」

看板娘スルズ…勿論ドワーフだ…は毎度の台詞を言いながらテーブルを巡る。

「帝都で女だけの武闘会?」
「ああ、賞金は弐拾萬ヒト圓だそうな」
「…スルズなら…」
「阿呆!ドワーフは出れんではないか!」

「だが、もしもだぞ?スルズに髭が無ければ?」

酔漢ドワーフ達は顔を見合せた。


【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【実績のロックが解除されました】
18
ニンジャヘッズ。 秋になると逆噴射小説大賞に参加する季節物書き。