バナー_04

明日は10月31日だけど、今年もハロウィンやるんですか?

2017年から、自主的に「10月31日は競泳水着の日」という活動(?)をしておりますので、それを始めた経緯などを書いておこうと思います。

坂口貴行です。同人作家として、主に競泳水着を着た女の子キャラクターのイラストを描いております。競泳水着の入門書っぽい同人誌を作ったりもしています。今までに作った同人誌はこちらで購入できます
つまりどういうことかと言うと、競泳水着が大好きで、それをモチーフにした創作活動をしているということです。ポイントは「水泳」が好きなのではなく、あくまで執着の対象が「競泳水着そのもの」ということです。
今年の夏に某競泳水着メーカーさんの期間限定ショップに行った際、食い入るように商品を見つめてはテンション爆上がりしていた俺ですが、店員さんの「よく泳いだりされてるんですか?」という質問には「いや……水着が好きなだけで……泳いではいないです……」と、歯切れの悪い謎回答をするしかありませんでした。泳いでなくて本当にすみません。競泳水着は持っているのに、しょっちゅう着たりもしてるのに、それでプールに入ったことは一度もない。本当に申し訳ないと思っている。

無かったから作ったんだ

前置きが長くなりましたが、まぁそのくらい競泳水着が好きなんだよということで、それが高じて2017年に、勝手に「競泳水着の日」を作ってしまいました。
さて、自分はコスプレもしたりするのでコスプレイヤーさんのツイッターアカウントをフォローしたりもしているんですよ。で、ツイッターでは「○○の日」ってハッシュタグがいろいろとありますよね。その多くは語呂合わせなどに由来するもので、例えば「8月2日=パンツの日、バニーの日」や、「11月21日=いいニーハイの日」とかは有名どころだと思います。それで、当該の日にはそのハッシュタグを付けられたコスプレイヤーさんの画像や、お絵かきの得意な方によるイラストなんかがツイッターにぶわーっと投稿されるわけですよ。
そこで、「『競泳水着の日』があれば、みんなが競泳水着に関連した投稿をしてくれるよな?パラダイスになるな?」と、俺が考え至るのも自然なことであろうと、ここまで読んでいただければお察しいただけると思うのです。
だがしかし、そんな日は無かったんですよ。
水着という括りで言うと「ビキニの日」は存在しましたが、「競泳水着の日」は無かったんです。
……じゃあ、自分で作るしかないよね?

一応、由来にはこだわった

よし「競泳水着の日」を作ろう、となると、次はいつをその日にするかです。日付と「競泳水着」で語呂合わせをするのは無理があると感じたので、ここは過去に競泳水着に関連したイベントが合った日を調べてみることにしました。
どうせなら、(自分なりの)競泳水着そのものへの敬意をあらわすため、日本における競泳の歴史に関わるような、フォーマルな感じの出来事を引っ張って来たいなぁと考えていたところ、現在の日本水泳連盟の前身である「大日本水上競技連盟(2019年の大河ドラマで阿部サダヲさん演ずる田畑政治氏が関わったりしてた組織)」の創設日が大正13年の10月31日だったので、この日にさせていただくことにしました。
昨今、10月31日と言えば日本ではハロウィンの風習がだいぶメジャーになりましたが、わざとハロウィンにぶつけたわけではありません。大正当時の日本ではまだハロウィンの風習はほとんど知られていなかったと思いますので、むしろハロウィンの方がぶつかってきた格好です。

正直、ハロウィンにはもう飽きてた

さて、日本でハロウィン商戦が本格化してきたのは2000年以降、むしろここ10数年とかそれくらいじゃないでしょうか。クリスマス前に一つ消費の山を作るという点ではすごく使えるネタでしょうから、今後もハロウィン商戦が無くなることはそうそう無いと思います。
しかし、消費者の側からすると、ハロウィンで騒ぐというピークはもう過ぎていて、「あー今年もそろそろハロウィンか、何かやらなきゃな……」くらいに冷めてきている人が増えていると思うんですよね。あくまで自分の体感ですけど。
っていうか他にもない自分がもう、ハロウィンには飽き飽きなんですよね。別に日本古来の風習というわけでもなし。完全に消費者として踊らされているだけ。ちなみに自分は20年前からクリスマスにも飽きてます。バレンタインデーにも10年ちょい前から飽きました。
お絵かき好きな方においても、毎年ハロウィンにちなんだイラストを描いている方も多いと思うんですが、そろそろ飽きてきたとか、ネタが尽きてきたとか、あるんじゃないでしょうか。
そこで、競泳水着ですよ。

明日は競泳水着を着よう

「10月31日は競泳水着の日」、2017年に自分が一人で細々と始めただけなのですが(一応事前に「競泳水着の日やるから!みんなも盛り上げてくれ!」ってことは一部の知人たちに呼びかけてはいましたが)、けっこう2017年の初回から便乗してくださる方がいらっしゃって、ありがたい限りでした。
自分はハッシュタグを付けて競泳水着のイラストをツイッターに投稿していたのですが、他の方もイラストであったりご自身の着用画像であったりを投稿してくださっていて、予想をはるかに超えた盛り上がりぶりで。「これは需要があるな!」と感じたんですよね。
ちなみに、ピクシブ百科事典にもいつの間にか該当ページが作成されてました。作ったのは俺ではありません。本当にありがとうございます。

というわけで、今年もやります。
「#10月31日は競泳水着の日」「#競泳水着の日」のハッシュタグ、是非軽率に使っていただきたいなと思いますので、ご興味のある方はどんどん便乗してください。

ところで、日本水泳連盟から怒られたりしたらどうしようかなとか、ちらっと考えたりもするんですけど、さすがにその時はやめます。競泳における公式様なので。でも、もっと競泳水着を通じて競泳が身近になるといいね、と思っているのは確かです(俺はただ競泳水着フェチなだけの変態ですが)。

※追記 その後、2017年からの競泳水着の日をまとめて振り返った記事を書きました。

#日記 #毎日投稿 #毎日note #競泳水着の日 #いだてん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!また読みに来てね!
5
競泳水着を描くのも着るのも大好きな同人作家です。 こちらのnoteではひたすら競泳水着について語っていく予定です。 二次創作(ボイスロイド結月ゆかりさん中心)の情報まとめは別サイト(http://tkykt.info/)にて。