高橋裕介@編集者

編集者。株式会社ストレートエッジ取締役。新潮文庫nex元編集長。主な担当作:河野裕『いなくなれ、群青』/知念実希人『天久鷹央の推理カルテ』/竹宮ゆゆこ『砕け散るところを見せてあげる』/宮部みゆき『ほのぼのお徒歩日記』/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』/※アイコンはいとうのいぢさん作
    • 本をつくること、考えること。

      本の話です。編集者が本をつくるときに考えること、悩むこと、嬉しいことなどを、書き留めていきます。

固定された記事

新潮社を退職して、一人の「編集者」になりました。

昨日2021年3月31日をもって、新潮社を退職しました。 今日からは新しい会社に籍を置きますが、出版社という看板のない、ただの「編集者」です。 淋しくもあり、怖くもあり…

処女のまま死ぬやつなんていない、みんな世の中にやられちまうからな

7回。 僕が校了までに、葵遼太『処女のまま死ぬやつなんていない、みんな世の中にやられちまうからな』を読んだ回数です。 入稿までに4回。初校、再校、念校。ぜんぶで7回…

タイトルをめぐる冒険/『砕け散るところを見せてあげる』

竹宮ゆゆこ『砕け散るところを見せてあげる』の映画化が発表されました。 ベルリン国際映画祭へのノミネートなど、海外映画祭で高い評価を受けるSABU監督の作品とあって、…

タイトルをめぐる冒険/『いなくなれ、群青』

僕の担当作の中で、タイトル決定までの道のりが最も険しかった作品があります。 『いなくなれ、群青』です。 河野さんと何度かのやり取りを経て、最終的には神戸に伺って、…

ひとつの出会いが、本を変える瞬間。

「紙の本はずっと残りますよね」 文庫の仕事をしていると、こんな言葉に遭遇することがあります。こうした時の「ずっと」は、だいたいの場合、良い意味で、出版文化と歴史…

ブックデザインの魔法

本の装幀を考えるとき、僕はいつも悩みます。 イラストにするか。写真にするか。はたまた、文字だけで勝負するか。デザインを誰にお願いするか。 どうしよう。どうしよう。…