見出し画像

愛媛の生物多様性:地域戦略・保全利用を考える

瀬戸内海と太平洋、西日本最高峰の石鎚山などが連なる四国山地、このような海と山の配置に関係した気候条件と地質の空間的異質性が、愛媛の生物多様性を形作っています。

はじめに

生物多様性の保全や利用を考える場合、どのような生き物が、どこに分布しているのかを把握することが、第一ステップになります。地域の住民の皆さんも、自分たちの周辺に、どのような生き物が暮らしているのかを知ることができれば、生物多様性への親しみや、理解も深まるでしょう。このような意図から、日本の地方自治体(47都道府県)の生物多様性の特徴を可視化して、保全利用に関わる科学情報を普及させていくことにしました。

この記事では、愛媛県の生物多様性の保全利用計画に関する分析結果をお知らせしていきます。新たな分析結果が出力でき次第、随時その内容も加えて、この記事自体を更新していくつもりです。この解説は、日本の生物多様性地図化ウエブサイト(保全カードシステム)と連動させて情報提供しています。生物多様性の様々な地図情報(レイヤー)を、チャンネルを切り替えて閲覧できますので、以下サイトをご覧ください

名称未設定

愛媛県の生物多様性を特徴づける環境条件

愛媛県北部は瀬戸内海、県西南部は太平洋に通じる宇和海に面しています。内陸には、西日本最高峰の石鎚山(1982 m)などが連なる四国山地が分布しています。

四国山地や石鎚山に源を発して瀬戸内海に注ぐ加茂川の下流域には新居浜平野、高縄半島の東三方ヶ森(1233m)から南へ流れる重信川や石手川の下流域には、松山平野(道後平野)は広がっています。また、愛媛県中部の別子山からの銅山川は東へ流れて、吉野川に合流しています。

このため、県北西地域は瀬戸内型気候で乾燥しており、内陸の山地にかけて湿潤になり、年降水量は地理的な勾配(1200mmから2500mmくらい)があります。

愛媛の地質は、県の東西を走る中央構造線で大きく2分されます。

中央構造線の北側(内帯)の新居浜平野や松山平野と高縄半島には、花崗岩が広く分布しています。中央構造線の南側(外帯)の石鎚山系などは三波川変成帯(八巻山周辺には蛇紋岩が分布)、その南に黒瀬川構造帯を含む秩父帯(大野ヶ原などの四国カルスト)、さらに宇和島地域には四万十帯が帯状構造を成しています。

このような、海と山の配置に関係した気候条件と地質の空間的異質性が、愛媛県の生物多様性を形作っています。

それでは、愛媛の生物多様性(植物・動物の種数)の地図を見てみましょう。

生物多様性の可視化:種数地図

生物種の分布予測を元にして、種数を1kmスケールのメッシュごとに数え上げて、地図化した結果を以下に紹介します。赤色のメッシュは種数が多い地域です。

維管束植物(木本・草本・シダ)の種数が潜在的に豊かな地域は、愛媛県東部の四国山地の石鎚山系から、霧立山や天狗高原にかけての山地です。高縄半島の高縄山も潜在的には植物種数が豊かです。また、肱川流域も植物種数が豊かです。

土地利用によって植物種多様性のパターンが変化していることもわかります。山地域の植物種数の豊かな地域が全体的に縮小して、パッチ状になっています。

名称未設定

土地利用の変化が日本の生物多様性に与えた影響については以下の記事をご覧ください。分析方法と日本全体の傾向がわかります。

哺乳類の種数が豊かな地域は、愛媛県東部の四国山地の石鎚山系から、霧立山や天狗高原にかけての山地です。高縄半島の高縄山(993m)や東三方ヶ森(標高1233m)も哺乳類種数が豊かです。

名称未設定

鳥類の種数が潜豊かな地域は、瀬戸内海に面した海岸域、高縄半島の周辺の松山平野(今治平野を含む)や新居浜平野です。また、肱川流域、佐多岬半島、宇和島なども鳥類種数が豊かです。

名称未設定

爬虫類の種数が豊かな地域は、松山平野や新居浜平野などの低地です。また、肱川流域も爬虫類種数が豊かです。

名称未設定

両生類の種数が豊かな地域は、松山平野や新居浜平野などの低地にパッチ状に分布しています。また、肱川流域も種数が豊かです。

名称未設定

淡水魚類の種数が豊かな地域は、瀬戸内海に面した松山平野や新居浜平野などの河川流域です。また、肱川流域や、高知県の四万十川水系の支流の広見川も種数が豊かです。

名称未設定

生物多様性の保全重要地域を特定する方法

生物多様性の保全重要地域はどこですか?と聞かれたら、多くの人は「生物の種類数が豊かな地域」と答えるかもしれません。その解答は、ある意味正しいのですが、他にも考える要素があります。

生き物のレア度:希少性

例えば、生物の種数は少なくても、他の場所には存在しない、そこだけに分布する生き物(固有な生物種)がいたら、そこは、生物多様性を保全する上で、かけがえのない場所と言えます。

つまり、保全重要地域を特定する場合、生物の分布情報を基にして、レアな=希少な生き物が、どれくらい分布しているのかを定量する必要があります。

保全政策上の重要生物:絶滅危惧種

また、生き物の種類によっては、絶滅が危惧されている種もいます。そのような生物はレッドリスト種に指定されて、重点的な保全施策が図られています。したがって、絶滅危惧種が分布しているかどうかも、かけがえのない場所を特定する上で考慮する必要があります。愛媛県は2003年にレッドデータブックを編纂して、その後も改訂を行い、インターネットでレッドリスト種を検索できる素晴らしいシステムを公開しています

名称未設定2

生物の機能:人間社会にとっての生物の価値(生態系サービス)

生き物は様々な機能を持っていて、私たちは生物を資源として利用し、生物多様性や生態系サービスの恩恵に浴しています。したがって、それぞれの生き物が持っている価値も、かけがえのない場所を特定する上で重要な情報になります。

ここでもう一つ問題があります。それは私たち人間社会の都合です。

地域社会の経済活動

例えば、市街地や農地のように経済活動が活発な土地区画は、愛媛県の地域社会の持続的発展のために重要なエリアです。つまり、私たち人間にとって重要な土地区画を維持しつつ、生物多様性を保全して、両者のバランスをうまく調整する必要があります。

そこで、愛媛県内の1km x 1km土地区画メッシュ全ての、人口・道路密度・市街地・農地など社会経済に関するデータも整備します。

これによって、地域社会の経済活動が活発なエリア(特に人口密度の高い土地区画)を避けつつ、生物多様性を保全する上で、かけがえのない場所はどこか?を探索することができます。

具体的には、愛媛県を1km x 1kmの土地区画メッシュに分割して、それぞれのメッシュに、どれくらいレアな生き物がいるのか、どれくらい絶滅危惧種がいるのか、どれくらい価値ある生物がいるのかを定量して、場合によっては、利害関係者の要望を元に、例えば地域社会の経済活動が活発なエリア(特に人口密度の高い土地区画)を考慮しつつ、生物多様性を保全・利用する上で、どのメッシュがどれくらい重要なのかを順位付けします。これは、生物多様性の空間的保全優先地域の順位付け分析と呼ばれます。

愛媛県の生物多様性の保全重要地域

維管束植物(木本・草本・シダ植物)と脊椎動物(哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・淡水魚類)を統合して、生き物の種ごとの希少性・レッドリストランク・有用性などを考慮して、愛媛県の生物多様性保全の重要地域を順位づけした結果が以下の地図です。

注)土地区画の社会経済的価値も組み込んだ分析結果は今後公開予定です。

愛媛県の生物多様性の保全重要地域は、四国山地の石鎚山系から、霧立山や天狗高原にかけての山地、高縄半島周辺の松山平野や新居浜平野です。また、肱川流域、四万十川水系の上流部支流の広見川にも保全重要地域がパッチ状にあります。

名称未設定

以上は植物と脊椎動物の地図情報を統合して、全生物分類群を包括して保全優先地域をスコアリングした結果でした。

次に、それぞれの生物毎に保全重要地域を地図化しました。

維管束植物(木本・草本・シダ)の種多様性を保全し、種の絶滅率を最小化する上での保全重要地域は、愛媛県東部の四国山地の石鎚山系から、霧立山や四国カルストの大野ヶ原や天狗高原にかけての山地です。

名称未設定

哺乳類の種多様性を保全し、種の絶滅率を最小化する上での保全重要地域は、愛媛県東部の四国山地の石鎚山系から、霧立山や天狗高原、高縄半島の山地などです。また、肱川流域、佐多岬半島、宇和島など地域にもパッチ状に保全重要地域が分布しています。

名称未設定

鳥類の種多様性を保全し、種の絶滅率を最小化する上での保全重要地域は、瀬戸内海に面した、松山平野、新居浜平野、高縄半島の沿岸部などです。愛媛県レベルで見ると、肱川流域、佐多岬半島、宇和島なども保全重要度が高くなります。

名称未設定

爬虫類の種多様性を保全し、種の絶滅率を最小化する上での保全重要地域は、松山平野や新居浜平野、宇和島地域などの低地です。

名称未設定

両生類の種多様性を保全し、種の絶滅率を最小化する上での保全重要地域は、中央構造線に沿った山地域、高縄半島、四万十川上流の広見川流域なのです。愛媛県レベルの保全重要地域は、低地も含めて全県的にパッチ状に分布しています。

名称未設定

淡水魚類の種多様性を保全し、種の絶滅率を最小化する上での保全重要地域は、瀬戸内海に面した松山平野や新居浜平野などの河川流域、肱川流域や、高知県の四万十川水系の支流の広見川などです。

名称未設定

愛媛県レッドデータブック(RDB)事業の検証

愛媛県の生物分布データを用いて、愛媛県RDBにリストされている種の希少性を分析しました。分析の意図と手法については以下の記事を参照してください。

生物分類群ごとにRDBにリストされている種の分布メッシュ数(面積)を定量しました。分布面積の小ささが希少性の度合いになります。

以下の維管束植物を見ると、RDBランクが高いほど(横軸の左のランク、絶滅危惧ⅠA類 CR、絶滅危惧ⅠB類 EN、絶滅危惧Ⅱ類 VU、準絶滅危惧 NT)、縦軸の該当種の分布メッシュ数が少ない傾向があります。植物種の希少性を比較的よく反映したランク付けになっています。ただし、現RDB「指定なし」にも(横軸の右端のランクに)希少種が含まれていることがわかります。

スクリーンショット 2020-01-21 09.46.36

図中のRDBランクの略称は、情報不足(DD)、絶滅危惧ⅠA類(CR)、絶滅危惧ⅠB類(EN)、絶滅危惧Ⅱ類(VU)、準絶滅危惧(NT) 。

以下は、脊椎動物(哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・淡水魚類)のRDBランクです。現RDB「指定なし」にも(横軸の右端のランクに)希少種が含まれています。また、RDBランク間の希少性の違いが明確でなく、RDBランク付けに関する希少性評価に歪みがあることが推察されます。

スクリーンショット 2020-01-21 09.46.55

図中のRDBランクの略称は、情報不足(DD)、絶滅危惧ⅠA類(CR)、絶滅危惧ⅠB類(EN)、絶滅危惧Ⅱ類(VU)、準絶滅危惧(NT) 。

スクリーンショット 2020-01-21 09.47.14

図中のRDBランクの略称は、情報不足(DD)、絶滅危惧ⅠA類(CR)、絶滅危惧ⅠB類(EN)、絶滅危惧Ⅱ類(VU)、準絶滅危惧(NT)。

スクリーンショット 2020-01-21 09.47.37

図中のRDBランクの略称は、情報不足(DD)、絶滅危惧ⅠA類(CR)、絶滅危惧ⅠB類(EN)、絶滅危惧Ⅱ類(VU)、準絶滅危惧(NT)。

スクリーンショット 2020-01-21 09.47.57

図中のRDBランクの略称は、情報不足(DD)、絶滅危惧ⅠA類(CR)、絶滅危惧Ⅱ類(VU)、準絶滅危惧(NT)。

スクリーンショット 2020-01-21 09.48.20

図中のRDBランクの略称は、情報不足(DD)、絶滅危惧ⅠA類(CR)、絶滅危惧ⅠB類(EN)、絶滅危惧Ⅱ類(VU)、準絶滅危惧(NT)。

以上のような分析をもとにして、RDBに追加すべき種やランク付けを検討できるでしょう。

本記事の分析結果の関連論文

環境省 環境研究総合推進費プロジェクト 環境変動に対する生物多様性と生態系サービスの応答を考慮した国土の適応的保全計画(4-1802)(代表:久保田康裕)

久保田 康裕, 楠本 聞太郎, 藤沼 潤一, 塩野 貴之, 鈴木 亮, 福島 新, 小澤 宏之, 宮良 工. 2019. 生物多様性地域戦略を空間的保全優先度分析で具現化する: 沖縄県の生物多様性保全利用指針OKINAWA 作成の事例. 日本生態学会誌 69: 239-250.

久保田 康裕, 楠本 聞太郎, 藤沼 潤一, 塩野 貴之 生物多様性の保全科学:システム化保全計画の概念と手法の概要. 日本生態学会誌 67: 267-286.

Lehtomäki J., Kusumoto B., Shiono T., Tanaka T., Kubota Y., Moilanen A. (2018) Spatial conservation prioritization for the East Asian islands: A balanced representation of multitaxon biogeography in a protected area network. Diversity and Distributions 25: 414-429.

Kusumoto B., Shiono T., Konoshima M., Yoshimoto A., Tanaka T., Kubota Y. (2017) How well are biodiversity drivers reflected in protected areas? A representativeness assessment of the geohistorical gradients that shaped endemic flora in Japan. Ecological Research 32: 299-311.

Kubota Y., Shiono T., Kusumoto B. (2015) Role of climate and geohistorical factors in driving plant richness patterns and endemicity on the east Asian continental islands. Ecography 38: 639-648.

Kubota Y., Kusumoto B., Shiono T., Tanaka T (2017) Phylogenetic properties of Tertiary relict flora in the East Asian continental islands: imprint of climatic niche conservatism and in situ diversification. Ecography 40: 436-447.




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、 生物多様性保全の研究成果を社会実装するために、日本各地を訪問してお話させていただく際の交通費に使わせていただきます。

ありがとう!
5
生物多様性の研究成果を社会実装することを目指しています。シンクネイチャーHPもご覧ください https://thinknature-japan.com 久保田研究室HPもご覧ください https://kubota-yasuhiro.weebly.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。