見出し画像

パソコンの改善点を指摘しまくって開発に貢献した話

今、テレワークのおかげでパソコンがめちゃくちゃ売れているそうです。
僕は起業して丸5年経つのですが、その間、ほぼ毎年パソコンを買い替えてきました。
長く使おうと思っているのですが、1年くらいたつと使いにくいところが目立ってきたり、バッテリーがヘタってきたりと買い替えなくちゃもたなくなるんですよね。

どんな機種でどんな使いにくさがあったかは以前、この記事で書きましたのでよかったらお読みください。

今回は、たまたまご縁があって、パソコンメーカーの方に「ここが改善されたらもっとよくなる」という話をしていたら、エクストリームユーザーとして新型パソコンの開発に貢献できたという話です。

上の記事でも書いたのですが、僕の二代目の愛機であるNECのHYBRID ZERO(ハイブリッドゼロ)は、その軽さが気に入って使い始めたものの、軽量化を優先するあまり使い勝手が犠牲になっていた部分も多く、ICCというカンファレンスのランチタイムでたまたま知り合ったNECパーソナルコンピューターの役員の方(後に仲良くなるのですが執行役員の河島さんという方でした)にここぞとばかりに不満を訴えまくったことがあります。

一方で、ハイブリッドゼロの難点というか気に入らないところも散見されるようになりました。
主なところをまとめると以下の4点です(ちなみにこれらのうち、①~③についてはICCというイベントで知り合ったNECパーソナルコンピュータの中の人にも直接不満点として訴えておきました)。

上のnoteではこんな感じで軽く書いたのですが、実際には、まあまあ熱く語りまして(笑)、ちょっと鬱陶しかったんじゃないかと思います。

「度を越した軽量化なんてユーザーは求めていないから、もっと本質にフォーカスした使いやすいパソコンを出してほしい」

ということを具体的な不満点とともに訴えました。

で、その翌年リリースされたのが、LAVIE ProMobileという新シリーズ。
NECパーソナルコンピュータから新製品発表会にも呼ばれた話を以下の記事でも書いたのでよかったらご覧ください。

このLAVIE ProMobileはまさに僕が河島さんに訴えた課題がすべて解決され、無益な軽量化戦争からおりてユーザーの利益に立ち返ったパソコンでした。
こう書くとぼくの意見が全面的に聞き届けられてそうなった…ように見えますが、実際にはそんな単純な話なわけはなくて(メーカーの意思決定プロセス的にも開発スケジュール的にもありえないので)、色々なリサーチの結果と僕の意見が一致していたということが理由のようです。

ただ、そんないきさつもあって、この発表会への参加を契機にNECパーソナルコンピュータの開発チームの方々とも仲良くなっていき、さらに突っ込んで「僕はこんなパソコンがほしい!!」という話を折に触れてお伝えしてきました。

その結果、リリースされたのが、2020年版の新型ProMobileです!!

昨年バージョンのProMobileを使っていて、気になった点、ここをもっとこうしてほしいという話はいくつかさせてもらっていたのですがそうした点もかなり改善されています。

2019年度版ProMobileから改善してほしかったポイント
①キーボードをシリンドリカルにしてほしい
→シリンドリカルというのは指にフィットするようにキーの中央が凹んでアールがついた形状なのですが、まさにシリンドリカルになっています!!

②キーボードを本体のエッジまで広げてほしい
→端子類がサイドにあるタイプなのにほぼMacbookというくらいにサイドエッジのギリギリまでキーボードが配置されていてかっこいい!!

③バッテリーの持ちを長くしてほしい
→カタログスペックで20時間→24時間に長時間化しています。実際には1~2時間の伸びということでしょう。よかった!!

④ディスプレイの狭額縁化をしてほしい
→これは変わってないようですが、ディスプレイのサイズ変えるのが難しいのは業界構造的に何となくわかるので仕方ない。

⑤顔認証でログインできるようにしてほしい
→顔認証によるログイン(WindowsHello)が導入されてログインが速くなった!!やった!!

というように僕の要望は4/5が聞き届けられた感じ。まあバッテリーとか僕が言わなくても普通に改善したポイントな気がしなくもないけどともかく自分の望む方向によくなっているのは素直にうれしい。

そして、一方で、一年使っていた去年版のProMobileのアラも使ううちに目立ってきました。
まず一つ目は指紋認証の精度がやたらと落ちてきたこと。指紋認証デバイスが汚れてきているのか何なのかわかりませんが、何回も指を電源ボタンにこすりつけたあげく認証できずにPINコードを入力することが頻発していました。
もう一つは、バッテリーの劣化。これはもう仕方がないかもしれないのですが、フル充電でもテレカンなどの負荷の高い作業をすると2時間弱くらいしか稼働しない状態になっていたのでちょっとメイン機として使うのはしんどいかなあという状態でした。

そういうこともあり、今年もまた、パソコンを新調し、2020年版ProMobileが我が家にやってまいりましたー!!

画像1

タッチパッドも大型化しているし、筐体のエッジぎりぎりまでキーボードが展開しているのでキーピッチがさらに広くなり、キー形状もシリンドリカルになってとても打ちやすい。

画像2

あれ、やけにすっきりしている…と思ったら「インテル入ってるシール」がなくなっている!!
なんかレギュレーションが変更になったのか、いつものシールは底面に貼られていました。

まだ届いたばかりで使うのはこれからですが、ソフトウェア的な新機能も盛りだくさんなので仕事するのが楽しみです。

僕は本業として新規事業開発をサポートするコンサル会社を経営しているわけですが、パソコン好きなイチ個人として、ユーザーを勝手に代表して開発チームに意見を届けていきたいと思います。

開発チームへのリクエストなどあればコメント欄に書いてみてください。僕も同意できる内容であれば何かの機会に開発チームにお届けしますのでー。

・・・
最後まで読んでお読みくださってありがとうございます。
皆さんから頂戴する「スキ」と「フォロー」は僕のnote執筆の力の源です。
最後まで読んでいただいただけでもうれしいのですが、もしよろしければ、スキやフォローも頂戴できると大変に励みになります。
ぜひ心のハードルを下げてぜひ、ポチッとお願いいたします~

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝です!! シェアもお願いできればさらにうれしい!!
19
元地方公務員、今はアイディエーションファーム(事業開発コンサル)の経営者。 日本有数のお固い職場から日本有数の最先端ワークに突然シフトチェンジした男。 スタートアップから大企業や外資系企業の経営幹部まで幅広い人と雑談し、その気づきを記事にすることが多いです。

こちらでもピックアップされています

テレコラボレーション
テレコラボレーション
  • 8本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。