見どころがある若者かどうか見分けるポイントは2つだけ
見出し画像

見どころがある若者かどうか見分けるポイントは2つだけ

「見どころがある若者かどうか見分けるポイントは2つだけ 

①素直か
②すぐやるか 

それだけ。」

僕が尊敬する教育関係者の方がおっしゃっていた名言です。

「素直」とは「従順」ではなく「謙虚に学ぶ姿勢」のこと。
「すぐやる」とは「口先」だけでない「能動的な姿勢」のこと。

僕なりに解釈すると「行動を伴う吸収力」ともいえる。

年配者は自分の成功体験のノウハウをもとに若年者にアドバイスするもの。

でも時代の流れが速い現代、そのノウハウが今も有効かはわからない。

見極めるには四の五の言わずにやってみるのが手っ取り早い。

とりあえずやってみれば、そこからは必ず学びがある。
うまくいけば儲け物だし、うまくいかなかったとしても、なぜうまくいかないのか、考え始めるきっかけになる。そしてさらにそこから思考が深まればそれは大きな財産になる。

例えば、ビジネス的なひろがりをつくりたいという若者に、だったらFBとかリンクトインとかやったほうがいいよってアドバイスしたする。そのとき、すぐやる人と理由をつけてやらない人に分かれます。

そこで「とりあえずやってみよう」とすぐやる子は伸びる。
伸びることに最適化した姿勢」=「意識高く、腰低く」人の話を吸収する姿勢があるから。

一方で、意識だけ高くて動かない子は伸びないらしい。
ログミーみるだけで「起業するなら東京行かなきゃな」とかいってるようでは結局なんもやらない
そういう人はファッションとして意識高いふりしてるだけかも知れない。

これは若者だけでなく、年配者でも同じかもしれません。
いくつになっても、「謙虚であること」そして「フットワーク軽く動けること」。

この2つが人の成長の源泉なのではないでしょうか。


※追記
この記事の続編書きました!!

よかったらお読みください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公務員を退職、起業してから5年。
皆様のご支援でここまでやってくることができていますし、お読みいただいた皆様にも本当に感謝しかないです。(ありがとうございます!!)

ところで…僕が起こしたフィラメントという会社ではTwitterをやっておりますが、一向にフォロワー増えない問題に直面しております。
ぜひこちらフォローいただけると嬉しいです!!

https://twitter.com/Filament_Inc

また、フィラメントのnote公式アカウント『QUMZINE』もぜひスキ&フォローくださいませ!!
「よりよい未来を作る」ために、オープンイノベーションやギブファーストで繋がっていきたいです!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あざます!よければシェアやフォローのボタンも押してみたって~!!
元地方公務員、今はアイディエーションファーム(事業開発コンサル)の経営者。 日本有数のお固い職場から日本有数の最先端ワークに突然シフトチェンジした男。 スタートアップから大企業や外資系企業の経営幹部まで幅広い人と雑談し、その気づきを記事にすることが多いです。