見出し画像

iPadに最適のモバイルキーボードはまさか、の!?

結論から書きます。
Mac用(←ここ重要)の「Magic Keyboard」テンキーなしモデルがイチオシです。というかこれ一択!(笑)

iPad Pro(第2世代)を購入した際に、iPad用のモバイルキーボードをいろいろと物色してみたんです。

現行iPad Proの純正キーボードはカバー機能を備えたSmart Keyboard FolioとiPad用Magic Keyboardですが、Folioのほうは打鍵感に乏しく長時間のタイピングに不向きであることや好きなカバーが使えなくなる点がイマイチです。
一方のiPad用Magic Keyboardは構造上持ち運びには不向きだし、対応機種少ないし、値段高いし・・・。

外出先でも快適にタイピングできるキーボードが欲しかったのですが、エレコムやバッファロー等の日本ブランドのものは打鍵感とかが犠牲になっていて使い勝手に乏しかったりという印象を受けましたし、中華ものは安定性や耐久性に難があるとかでサードパーティのBluetoothキーボードはあまり頼りになりそうなのが見つかりませんでした

そこで白羽の矢を立てたのが、Mac用のMagic Keyboardです。一年前に買ったiMac(2017)に付属品として付いていたものです。iMacでは別のテンキー付きの有線純正キーボードを使っているため、このMagic Keyboardは使っていなかったのです。

幅は11インチだとオーバーはしますが、そのぶんキーはフルサイズで窮屈もしません。
薄さは並のモバイルキーボード以上だし何より軽いので持ち歩きも苦になりません。

使い勝手もさすが純正という感じで、Lightningケーブルで充電できるし、iPadのバッテリーウィジェットでもちゃんと表示されるし(サードパーティのはウィジェットに表示しないのも多い)ペアリングもスムーズです。

純正だからパーセンテージも正確で安心感がある

Mac、つまりパソコン用に作られているため、打鍵感が全く犠牲になっていません。他のキーボードだと打鍵感がダメでちょっと文字打つだけでストレスを感じますが、Mac用Magic Keyboardならこういった記事を書いていても気持ちよく文字が打てます。
配列もiPad用キーボードとほぼ同じですし、英数切り替えもMacと同じやり方で悩まないし、ファンクションキーのコントロールもちゃんとiPadで動きます。

Bluetoothキーボードなので、家ではMacと、外ではiPadで二刀流もできる。別々に用意しなくてもいいからスマートだと思います。配列が配列なので使い勝手は変わりますがGalaxyとかでもちゃんと使えてます。

唯一のネックはサードパーティよりも値段が高いこと、でしょうか。
とはいえ、使い勝手や携帯性に劣り対応機種も少ないiPad用Magic Keyboardよりははるかに安いし、中古も潤沢にあるから旧型だったら数千円で買えてしまうんですよね。お財布にも優しい(笑)

ということで、たまたま余ってたiMacの付属品がまさかiPadのキーボードとして大活躍してくれるとは実は思ってなかったです。iPadのキーボードで迷ってる人がいたらぜひ参考まで。


最新記事はメインブログ「あそぶログ!」でも更新中!

この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
みずにゃんのくうねるあそぶ研究所

貴方のサポートがnoteとブログを動かす原動力になるかも!?