見出し画像

2019年のラグビーワールドカップとは何だったのか?<1/2>〜「2002年」からの照射

 コロナ、コロナで右往左往しているうちに、9月も半ばになろうとしている。そういえば去年の今ごろ、自分は何をやっていたのだろう。

 去年の日記を読み返すと、9月10日にヤンゴンにてミャンマー代表対日本代表のワールドカップ・アジア2次予選を取材。12日に帰国して、14日から福島県のいわき市へ、翌15日には岩手県の釜石市を訪れている。いわきではラグビーサモア代表の合宿を、釜石では釜石鵜住居復興スタジアムをそれぞれ取材。いずれも、ラグビーワールドカップ(以下、RWC)開幕に向けた企画であった。

 そして9月20日、味の素スタジアム改め東京スタジアムで、RWCが開幕。以後、決勝が行われた11月2日まで、日本のスポーツ界はほぼラグビーにジャックされてしまった。この間もサッカーのワールドカップ予選は行われ、日本代表は10月10日にはモンゴル(ホーム)、15日にはタジキスタン(アウェー)と対戦している。これらの試合よりも、13日に行われたRWCの日本対スコットランドのほうが、国民的な記憶に深く刻まれることとなったのは周知の通りだ。

宇都宮徹壱ウェブマガジン
https://www.targma.jp/tetsumaga/

画像1

 今月は、1年前に列島を席巻した「ラグビーの祭典」について、あらためて考えてみたいと思う。懐古的に、当時を振り返るのではない。ここで主眼に置くのは、あくまでも大会の「価値」についてである。RWCはまず、スポーツツーリズムの観点から見て、実に素晴らしい大会であった(その様子についてはこちらにも書いたとおり)。本稿では2回にわたり、わが国での2つの国際的スポーツイベントを比較対象としながら、昨年のRWCについての考察を試みる。

「わが国での2つの国際的スポーツイベント」というのは、われながら口幅ったい表現だ。すでに察しがついている方も多いだろう。そう、2002年のFIFAワールドカップ、そして今年開催されるはずだった東京五輪&パラリンピックである。日本ではあまりピンと来ないだろうが、五輪とFIFAワールドカップ、そしてラグビーワールドカップは「世界3大スポーツイベント」と呼ばれている。このうち、最も新しい大会がRWC。第1回大会が行われたのは、五輪が1896年、FIFAワールドカップが1930年、そしてRWCは1987年である。

画像2

 21世紀の日本は、この世界3大スポーツイベントを、立て続けに開催することとなった。だが周知のとおり、2020年の東京オリパラはコロナ禍によって1年延期。21年に開催されるかどうかも、現時点では不透明だ(少なくとも「完全な形で」というのは厳しいだろう)。一方の2002年のFIFAワールドカップは、確かに国民的な盛り上がりは見せたものの、大会に理念があったかといえば「否」と言わざるを得ない。もちろん異論もあろうが、いささか残念な大会だった、というのが大会を取材した私の見立てである。

 なぜ2002年は「残念な大会だった」と言えるのか。その解は、2019年のRWCとの比較にある。五輪とは異なり、両大会はいずれも単一競技の世界一を決める大会だ。それでいて五輪のような「都市の大会」ではなく、北海道から九州まで開催地が全国に散らばっているのも同じ。しかも、どちらもアジアでの初の開催だ。幸い私は、どちらも両大会をプレスパスを得て取材している。そしてRWCを取材中は、事あるごとに17年前の記憶がフラッシュバックした。昨年のRWCは、それくらい2002年を意識させる大会でもあった。

画像3

 RWCの開催期間中、私は10会場で17試合を観戦した。目の前で繰り広げられる、ハイレベルの白熱したゲームに夢中になりながら、時おりふと思ったことがある。それは「もしも2002年のワールドカップが日本の単独開催だったら、このような雰囲気の中で行われたんだろうな」というものであった。周知のとおり、2002年のワールドカップは、日本と韓国による共同開催。しかし当初は、両国のどちらかが単独開催する前提で、激しい招致合戦を繰り広げていたのである。

【以下、OWL magazine読者のみに公開】
OWL magazineでは、毎月12~15程度のサッカー記事や、旅記事が更新されています。Jリーグだけでなく、JFLや地域リーグ、海外のマイナーリーグまで幅広く扱っています。読んでいるだけで、旅に出たくなるような記事が盛りだくさん。すべての有料記事が読み放題になる、月額700円コースがおすすめです。

この続きをみるには

この続き: 1,693文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
スポーツと旅を通じて人の繋がりが生まれ、人の繋がりによって、新たな旅が生まれていきます。旅を消費するのではなく旅によって価値を生み出していくことを目指したマガジンです。 記事数は毎月12〜15本、記述量は毎月10万字程度で、有料率は概ね50%程度です。寄稿も随時受け付けています。

めくるめく「旅とサッカー」の世界へようこそ!国内外のあらゆる旅×サッカーに関する、どこにもない情報に出会えます。 月間12〜15記事前後を…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! よろしければシェアもお願いします。
18
写真家・ノンフィクションライター。ワールドカップから地域リーグまで、国内外のフットボールを幅広く取材。宇都宮徹壱ウェブマガジン主催。https://www.targma.jp/tetsumaga/

こちらでもピックアップされています

OWL magazine  旅とサッカーを紡ぐ
OWL magazine 旅とサッカーを紡ぐ
  • ¥700 / 月

めくるめく「旅とサッカー」の世界へようこそ!国内外のあらゆる旅×サッカーに関する、どこにもない情報に出会えます。 月間12〜15記事前後を更新予定です!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。