TERA WORK

TERA WORKは「生きる」に向き合う場所です。お寺という場の開放や接続、お寺を介した関わり合いを通じて、一人ひとりが生き方や働き方と向き合い、より良く変化していくきっかけを作ります。2021年秋から、お坊さん向けキャリアスクールTERA WORK SCHOOL開講します。
    • TERA WORK SCHOOL

      • 2本
    • TERA WORKインタビュー

      • 4本

      TERA WORKに加盟してくれているお寺の方々のインタビュー記事です。

    • TERA WORK利用者レポート

      • 0本

      TERA WORKを利用くださった方々のレポート記事のまとめです。

TERA WORK SCHOOL講師紹介①/伊豆の“育する”宿坊「禅の湯」が考えるお寺の役割

11月から開講するTERA WORK SCHOOLですが、8月から体験会が始まります。素敵な講師陣にご登場いただきますので、お一人ずつご紹介していきます。 一人目は伊豆、河津町の…

お坊さんのためのキャリアスクール「TERA WORK SCHOOL」を始めます

こんにちは。TERA WORK代表の水野です。この度TERA WORKは、お坊さんのキャリアスクール「TERA WORK SCHOOL」を始めます。 TERA WORKは ・人の「生き死に」に寄り添い、多…

自活してお寺と地域を支える。河津の宿坊「禅の湯」の“育する”事業の狙いとは

河津桜で有名な静岡県河津町にある曹洞宗のお寺「慈眼院」。その境内にある宿坊「禅の湯」では、慈眼院現住職の娘である稲本雅子さん(41)が代表を務めており、宿坊を通じ…

働くと子育てが共存する、ゆるやかな場をつくりたい。お寺で育った娘たちが思うこと

TERA WORKに参画している、立雲寺(北海道室蘭市)と養法寺(和歌山県和歌山市)を実家に持つ、林 理永さんと長谷川萌子さん。お寺で生まれ育ったふたりは、現在それぞれの…

「来る者拒まず」精神が新しい風を生む。宿坊や仏教を次世代へ伝える身延・覚林坊の挑戦

比叡山や高野山とともに、仏教三大霊山とされる、山梨県は身延山。格式高い印象がある反面、「意外と寛容さもある土地なんです」と話すのは、日蓮宗の寺院・覚林坊(かくり…

コロナ禍から生まれた「TERA WORK」。個人の生き方、お寺の在り方を見つめるきっかけを作りたい

窓の外には海が広がり、夏にはセミ、秋には鈴虫の声。本堂には自然のささやきが流れ込んでくる──。熱海のお寺「富西寺」には、これまで十数人が「TERA WORK」を利用する…