三びきのサイ
見出し画像

三びきのサイ

 いぶきの家の庭には三びきのサイが住んでいました。けっしてひろい庭ではないし、おおきな池があるわけでもありませんが、三びきのサイは、いぶきの家の庭でなかよく暮らしています。

 一ぴきは金のかんむりをのせています。
 一ぴきは銀のかんむりをのせています。
 一ぴきは黄色の花かんむりをのせています。

 いぶきは三びきのサイのことをそれぞれにすきでしたが、なかでも金のかんむりをかぶっているサイがお気に入りでした。金色にかがやくかんむりがきらきらとかがやいていたのもありますが、なにより秋になると、とびきりすてきなにおいをはなつのです。
 いぶきは金のかんむりのサイにいいます。
「あなたは秋になるととてもよいにおいがするから、好きよ」
 金のかんむりのサイは、いぶきをせなかにのせて、うれしそうにゆれました。いぶきはサイのツノをなでます。みためよりもごわごわしていてところどころひびもわれています。
 いぶきはおじいちゃんのしわくちゃの手のひらをおもいうかべました。ベッドにねているおじいちゃんもすてきな匂いがすればいいのにな、とおもいました。おじいちゃんはときどき、病院にいったときのにおいがして、いぶきはすこしこわいきもちがするのでした。

この続きをみるには

この続き: 1,859文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
全12話の童話集です。2018年12月まで毎月1話配信されます。3話分の料金で全12話をお読みいただけますので、マガジンの購読をお薦めします。

ひと月に一話お届けする童話集。 おさとうと スパイスのほかに どんなすてきなものを おんなのこたちは 見つけるでしょう 【配信予定一覧】 …

または、記事単体で購入する

三びきのサイ

石川 葉

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンキュー。夜のインクが楽しい夢を綴りますように。
私の世界はどこまでも平ら、レイヤーの目を入れたり消したりして、時々君の前に現れよう。物語を書きます。刺繍をします。インクの子どもたちの声を聞きながら。ホームページ http://www.roverdover.com / ヘッダー画:茅野カヤ