テレワークゆり物語 (66)衆議院選挙速報を見ながら決意した事
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

テレワークゆり物語 (66)衆議院選挙速報を見ながら決意した事

田澤由利

「決意」と書くと「次の選挙に出るの!?」なんて思われそうだが、そうではない。自分には、政治家になる知識も能力も覚悟もない。ただ「日本の働き方を変えたい」という思いだけは強いので、それを実施できる立場の人を応援するのが、私のミッションだと思っている。

10月31日20時、衆議院選挙の開票が始まり、次々と当確の報が流れ始める。ポストコロナ時代の日本を決める重要な選挙だ。

開票が進み、テレワークを推進してくださる方の当選に安堵しつつも、個人的に応援している方が残念な結果になり、悔しくてなかなか寝付けない
テレビで当選者の名前が次々と流れる中、9月の総裁選の頃からの不安がよみがえってきた。

コロナ禍で在宅勤務を実施する企業が増えたことで、国や政治家の方々は「テレワークは普及した」と安心しているのではないか。

ポストコロナ時代を見据える中「働き方」に関する関心が薄れているのではないか。

確かにコロナ禍において、多くの企業がテレワークを実施した。これを機に働き方を大きく変える企業もある。しかし、多くの企業が課題にぶつかり、コロナの感染リスクの低下とともに、出社をやめて戻ろうとしている事実もある。

テレワークは、「新型コロナウイルスの感染防止」だけではない。日本の今の課題、未来の課題を解決する、重要な働き方である。

テレワークはさまざまな社会課題のソリューション

せっかく動き始めた流れを、止めてしまってはいけない。

今回の選挙で衆議院議員となり、これからの日本を導くおひとりおひとりに、「テレワークの重要性」を伝えなくていいのか。

深夜、テレビの特番ニュースのキャスターがこういった。
「今から、小選挙区と比例代表で当選した方を、北から読み上げます」
思わず、布団から飛び出て、パソコンの電源を入れた。

読み上げられる当選者ひとりひとりを確認しつつ、自分の名刺管理ツールと突き合わせて、エクセルで表を作り始めた。

「テレワーク行脚」のための衆議院議員リストだ。

明日から、これまで何等かのご縁があった方に連絡しよう。30分だけでいい。「ポストコロナのテレワークの重要性とその施策」について、話を聞いてもらいたい。もちろん、簡単なことではない。連絡するだけ、アポを取るだけで、相当無茶なことだ。

でも、やらなきゃ。

かくして、11月1日 午前5時前。
全当選者の確定と共に、田澤由利の『テレワーク行脚』リストが完成した。

ピックアップした、訪問したい衆議院議員は、全部で50名。直接お願いできる人もいれば、まったくルートのない人もいる。でも、走っているうちに、何かご縁ができるかもしれない。まずは走ろう。

決断。

今日から、今回当選された衆議院議員の方を訪問し、テレワークについてお話する時間をいただく「テレワーク行脚」を開始する。

目標は、年度内に50名。オンラインはもちろん、お会いできるならどこでも行く、ハイブリッド型行脚だ。

今日の週礼(もちろんオンライン)で、社員にこう言おう。

「いいこと思いついたんだ。聞いてくれる?」
 →「また始まった」と思われるな。笑

※冒頭の写真は、夜中のリスト作成中の様子。もちろん自撮りです。笑


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
田澤由利
北海道北見市在住。時々奈良県生駒市。テレワーク歴30年。 就職、起業、経営、転勤族の妻、3人の子育て、親の介護、地方在住、いろんな経験で構成されています。 https://www.tazawa.yuri.com/