イッツ・ア・グッド・ホリデー 第1話

イッツ・ア・グッド・ホリデー 第1話

 俺は今、10歳くらいの少女を脇に抱えて裏路地を走っている。

 ああ、勘違いするなよ。誘拐犯とかではない。断じて。俺はフリーの殺し屋で、今日はオフで、街で昼からビールを飲もうとしていた。で、店のテラス席に座ってタバコに火を点けた時、どういうわけかこの娘がテーブルの上に降ってきたんだ。俺は意識がない彼女を抱き起こし、声をかけていたのだが…

「いたぞ!」

 後ろからの声に、俺は回想を中断する。さっき俺に銃を向けた奴の仲間だろう。黒服の、おそらく中国人。

 走る速度をあげるため、少女を肩に担ぎ…俺はそこで初めて”それ”に気付いた。

「なんだこれ? あいつらのシュミか?」

 少女の尻から、尻尾が生えている。黒くて細長く、先端が矢のような…そう、小悪魔のアレだ。

 邪魔なので引っこ抜こうと、俺はそれを掴み…

「むぎゃっ!?」

 少女が跳ね上がった。

「え、これマジで生えてんの?」

 それが、俺史上最悪のオフの始まりだった。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
桃之字(制作本舗ていたらく)

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

オレモー!
日曜朝のヒーローものが好きな主が描く、「特撮小説」の数々。名付けて【ていたらくヒーロータイム】で僕らと握手!