梅雨の庭、ハーブスパイラルの様子

はまむら たろう
画像1 梅雨の合間に庭の様子をメモしてみますね。
画像2 5年前に植えたクラブアップル。ずいぶん大きくなりました。
画像3 まだまだ青いリンゴですが、今年は沢山収穫できそうです。
画像4 フィーバーフュー とう立ちしてずいぶん高さが出ます。
画像5 ローマンカモミール 葉の甘い香りがグランドカバーになればと思って通路脇に植えましたが、ついつい避けて歩いているうちに伸び伸びと育ってしまっています。
画像6 エキナセアは昨年からの株です。まだまだ夏の間楽しませてくれます。
画像7 ハーブスパイラルを上から見るとこんな感じ。一番高い乾いた場所にレモンバーベナが暮らしています。
画像8 マロウは花が萎むと青くなる、不思議な変化を楽しんでいます。
画像9 モナルダ、松明草、その名の通り美しい花を咲かせてくれました。
画像10 ブルーベリー ラビットアイ系はこれからです。
画像11 クランベリー 土壌を更に酸性にすることで随分元気に育っています。
画像12 今年初めて植えたダブルフラワーカモミールは、あまり草丈も出ず、とても扱いやすいグランドカバーになってくれました。
画像13 ボグセージ 梅雨空の中爽やかな色の花を咲かせてくれます。穏やかな香りもこの季節にぴったりです。
画像14 フェンネルを2種類、試しに植えてみたところ、随分大きくなり過ぎてしまったので、梅雨のうちに切り詰めることにしました。
画像15 オレガノは例年足りなくなるところ、今年の初夏は営業日数も限られてまだまだ沢山茂っています。
画像16 お店脇の紅葉も黒文字も元気です。
画像17 ツリージャーマンダー 青く上品な花とは裏腹に大暴れしながら生垣を形作り始めました。
画像18 友人からもらったルバーブも元気です。ナメクジ対策はアヒルが担当してくれます。
画像19 ハーブではありませんが、可愛らしい姿のバニーテール
画像20 福島からやってきた、藍の種がグングンと成長しています。
画像21 例年猿や猪に引き抜かれていたアーティチョークが今年はなんとか保てそうです。早く大きく育てて猿たちに負けない株にしなくては。
画像22 右はコモンセージ、実用的なハーブです。左はヒソップ。この季節とても元気に花をつけてくれます。
画像23 日当たりの悪い場所にあるブラックベリーは美味しそうな赤ですが、まだまだ酸っぱいです。
画像24 グレイサントリナは、スパイラルの上で蒸れることもなく広がっています。
画像25 ミズブキと言われるアクの少ないフキです。自生しているものを連れてきました。
画像26 環る庭ができてから3ヶ月。随分様子が変わってきました。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!