たなしゅう

1986.10.13。大阪出身。トゥインクル・コーポレーション所属。東京のピン芸人。作…

たなしゅう

1986.10.13。大阪出身。トゥインクル・コーポレーション所属。東京のピン芸人。作家。主に一人芝居の様な一人コントを軸に舞台で活動。 コント台本/短編小説/雑記/エッセイを載せています。 https://twinkle-co.co.jp/talent/tanashu/

マガジン

  • たなしゅう短編小説集

    短編小説を書いています。10分くらいで読めるかと思います。ほら、移動中とか待ち合わせとか寝る前とかに読むのに丁度良いよね。スキとか感想を貰えると嬉しいです。ちょっと不思議な話。

  • 雑記集

    その日のメモ。まとまりもない文字の欠片。「ここ、これ、いいじゃん。ここはようわからん」と楽しんでください。創作の手前。

  • 台本集

    一人コントや芝居や番組台本を。その台本です。少しずつ手直ししたりもします。

  • エッセイのような日記のような。

    エッセイとかコラムとか。そんな風な日記のような。

  • 製作日記

最近の記事

  • 固定された記事

一人コント台本|ゴーストライター

下手寄りに机、椅子 暗転板付き 椅子に座っている L:全明転 M:シシおどし 原稿を書いている 頭をかきむしる 原稿用紙を丸めて棄てる 酒を飲む 机を叩くように酒を置く 人が来る 「…何しに来た?」 「…そこ座ってて」 「締切?わかってるよ、今書いてるだろう!」 「…ハァ」 振り向きながら、万年筆を持って立ち上がる 「…は?なんつった今?温泉入りました?入ってる場合か!アンタのためにこっちはこうやって温泉宿に籠りきりで寝ずに原稿書いてるんだよ!あ

    • 雑記|底から天を仰いで

      東京に来てよかった。 出会う人の殆どが夢を持ち、夢の中にいる。 渋谷の底、ひとひとひと、降り立った日を覚えている。 尾崎豊の歌ったスクランブル交差点に圧倒されて背景になりながら僕の中心は譲らずに渡った。 428というゲームが好きで、それはかまいたちの夜のようなサウンドノベルというジャンルのゲーム。その中に出てくる道玄坂を時折歩いていることが嬉しい。 大阪にいた時、上京よりも先に数日とか東京に遊びに行きたいと思いながら行けなかった。当時の僕には夜行バス往復すら高く、それよ

      • 雑記|食後に一錠

        今日の晩ご飯は、茄子味噌、やみつき新玉ねぎ、ひじき、沢庵。僧侶になるつもりか? コナンの映画を観て、ラザニアを食べながら少し先の夢を語った。叶えば良いし叶えれば良い。 ウーバーイーツのサブスクみたいなやつにいつの間にか入っていて、それが更新されてしまった。少し苛立っていたら、割引してくれるらしく、スーパーの宅配で牛乳や珈琲を持ってきてもらった。あとネギとオリーブの瓶詰めか。オリーブオイルこそ使うが、オリーブ自体がある生活が馴染みがなくて緊張する。パスタやピザか?日本で言う

        • 雑記|神器

          部屋をガンガン片付けている。 というよりはモノをバシバシ捨てている。 冷蔵庫(170リットルという2人用ぐらいの)を買ったからだ。いままでは、備え付けの、48リットルぐらいのもの。 家で作業をする機会が増えて、在宅が増えたことにより貯蔵庫として欲しいという理由が一つ。 合わせて脚本のアイデアを出す為の散歩をやたらするので、外食しがちになってしまう(目的地にしたりふらりと入ってしまう)ので節約のためや健康のためや。 冷蔵庫を買うと部屋が綺麗になるのかぁ。 気づいた事とし

        • 固定された記事

        一人コント台本|ゴーストライター

        マガジン

        • たなしゅう短編小説集
          35本
        • 雑記集
          36本
        • 台本集
          21本
        • エッセイのような日記のような。
          22本
        • 製作日記
          0本

        記事

          雑記|冷蔵庫を買った自分の金で

          誰かに気づかれる様にため息をついた。 ため息ぐらいしかもう使えるコマンドが無かったんだろうか。 日常、ユニットバス、その汚れ。目につく様になって、現実を知る。買うとか奪うとかよりも整えられる所を整えれば、それなりに豊かになれるだろう。 大人だから、自分で冷蔵庫を買った。 洗濯はコインランドリー。それを楽しみにしている。 春菊の苦味がうまい。ピーマンを苦く感じない。 今月沢山書いている。どれがどうなるのかわからない。毎日何か上がってくる。自分の名前のモノを作るルーテ

          雑記|冷蔵庫を買った自分の金で

          雑記|記号としての感情

          やっと自分の事に意識がむき出したように思う。向き出した剥き出しだ。 春になるにつれて、少し呼吸が深くなり、血が通う。 お金が欲しいけれど、そのやり方では欲しくないと言いながら啜るカップラーメン。 味噌汁とはタンパク質であるという驚愕の事実。 部屋の機能を上げる。 不機嫌を機能として利用しているヤツは滅せよ。 親を神とするから捻れる。ある所からは敬えど、崇めるな。 すき家の朝定を自宅で用意する。 いつでもペペチーを食べられる環境。 風通しを気にする。東洋の知識。

          雑記|記号としての感情

          雑記|守られる胃腸

          スーパーで半額になっていたので、赤飯を買った。半額も赤飯も好きだ。半額がめでたいから赤飯を食べるべきだよなとも思った。これはメタ構造だろうか? 壁に貼るタイプのホワイトボードを買った。頭の中を整理したい、可視化したい。ずっとぐるぐるしてるばかりで何も進まないから。 文章にしたり、コントにしたりするのは健康の為に必要だ。排泄行為。それを人に見せようなんて、はしたない。ましてや、それでご飯を食べていこうだなんて、エゲツない。 文字や感情が身体にすんなり入る様になってきた。人

          雑記|守られる胃腸

          雑記|お久しぶりどすえ。

          さて、明けましておめでとう御座います…と言うには少しばかり遅くなってしまいました。 昨年は色んな事をさせて貰いました。 新しい世界や感覚を沢山見聞き、体験したと言う印象です。 新しく得たモノはたくさんなのですが、根本、根底の自分のスペースを確保出来なかったと言う印象がハッキリとあります。 答えとしては切り替えたり、自他の分離があまりうまく出来なかったということでしょう。 他ジャンルの仕事はあくまで、サブクエストとしてやるべきであり、仕事に限らず、自他の境界線はとても大

          雑記|お久しぶりどすえ。

          雑記|いつも高い所から低い所に流れていく

          冬が好きだ。 呼吸が心地よい。 寂しい感じが当たり前のようになるのも、寒い公園で飲むアイスコーヒーも好きだ。 1人で鍋を永遠に作って食べる。金もかからない。 ひたすら歩く季節。 目的と手段が一致する季節。 動画編集に慣れてきた。 どのコンテンツや芸のジャンルでも通用する技術や方程式、自分の感覚。そう言うものに頼る。 あまり、旬なモノを好きになれない。 残らないものは作りたくない。 それはつまり、誰かに覚えていて欲しいという欲求なのだろうか。もしくは、未来の誰かに届いて欲しい

          雑記|いつも高い所から低い所に流れていく

          短編小説|秋刀魚と兎

          【1】 大人になると秋って、居酒屋でしか感じないよねと秋刀魚の骨をスイっと抜きながら美智子は言う。 俺は秋刀魚を綺麗に食べられる人になりたかった。 どうしても尊敬してしまう。 俺の秋刀魚は何か事件に巻き込まれたんじゃないかというぐらいグチャグチャだ。 味は同じだろうけれど綺麗に食べてもらえた魚はなんだか神々しい。 「マジで夏と冬に秋って押しつぶされてさぁ、無くなっちゃったよね。秋刀魚だけは食べたいわ…あと栗」 「だけじゃないじゃん」 美智子と話す会話に意味はない

          短編小説|秋刀魚と兎

          雑記|ラーメンは身体に悪いけれど元気が出るんだ。

          ノートを開いたけれど、何を書くつもりだったかは思い出せない。 とりあえず何かを書き出せば思い出すかなとペンを走らせると色は青。 色弱の僕はすぐにそんなの気づかない。 気づいた途端に嫌になった。 色弱の癖に色んな色のペン持つなよ。 自分の部屋にいたくない。家にいるのに帰りたい。 気が紛れたら良いなと、米を研いでみたけれど、水が白濁とすればするだけで食欲も意欲もイマイチ湧かなかった。 なぜか、そんな時は散歩に出る。 目的のない深夜の散歩は、結局弱さと光のせいでラー

          雑記|ラーメンは身体に悪いけれど元気が出るんだ。

          コント台本|ラブリースマイリー|謎解きは19時から

          ラブリースマイリー 『コント:謎解きは19時から』 《コント内容》 ドクロ島で起きた殺人事件。 名探偵が謎解きをする…その直前に名探偵の助手による前説が行われる…。 《登場人物》 モブ…名探偵の助手。いつも謎解き前に先生より先に登場して前説をする。シャーロックホームズか、名探偵コナンみたいな格好。前説を真面目にしていたら、いつか名探偵になれると思っているアホ。ラブリーモブ。 ヤグラ…名探偵の二番目の助手。最近助手になったばかり。シャーロックホームズか、名探偵コナンみた

          コント台本|ラブリースマイリー|謎解きは19時から

          コント台本|綿棒ズ|スナイパー、屋上にて

          綿棒ズ コント 『スナイパー、屋上にて』 《登場人物》 りり アメのパートナーとしてきた組織の人間。本当は組織のボス(ゴルゴンゾーラジュウゾウ子 あめ スナイパー  《舞台》 深夜の屋上。あめはスナイパーとしてターゲットを狙っていた。すると謎の女が来て。なんか気になる。集中出来ない…。 《備考》 ・リリさん… テストしてる幹部、ボス うるさくしてるのも、新人のテストの為 そもそも自分が現場に来てるから暗殺なんて余裕でなんとでもなるとおもってます 最後の一緒に銃

          コント台本|綿棒ズ|スナイパー、屋上にて

          コント台本|エガオホリック|伝説の観光地

          ⭐︎エガオホリック 『コント:伝説の観光地』 《登場人物》 のぞみ(N)   村人 たなしゅう(T) 導かれし者 《あらすじ》 ドラクエみたいな世界。 伝説の剣があるだけの村。 その、伝説の剣を求めて来る人向けに観光地として発展した村。 そこに導かれ者が現れて? 以下、台本 (N登場、その後ろにTがついていく。舞台袖からセンター後方まで歩く。センター後方に着いたら、Nが、Tの方を振り返る) N どうぞ…こちらへ…導かれ者よ… T コレが伝説の剣… N え

          コント台本|エガオホリック|伝説の観光地

          短編小説|常温の水がえぇ

          【1】 ファンです…と声を掛けられて振り返るとモジモジとしているオジサンが立っていた。 50代ぐらいだろうか。 会社帰り。 駅に向かっている時、不意に声を掛けられるのにも慣れてきた。 あ…ありがとうございますと言うと、X読んでますと言われた。 Twitterではなく、Xと言えるタイプのオジサンなんだなぁと思った。 発話されるXがSNSの名称には感じられない俺はとても時代についていけていない。そしてXは…《読むもの》なんだな。 あの…これ…と渡された小さな袋にはタバ

          短編小説|常温の水がえぇ

          雑記|脚で稼ぐ

          阪神タイガースの試合を観に神宮球場に行ったのだけれど、ずぶ濡れ。そして中止。残念。メガフォンと唐揚げとポテトを買って、神宮球場ってこんな所なのかぁと体感して終わり。それでもわりと楽しかったのだから、野球観戦というのは悪くない。いや野球観戦したかった。 サピエンス全史を買った。冒頭からもう面白い。 自分の面白いを思い出す必要があって、それはやはり、モラトリアム、高校とかの頃のどうしていいかワカラナイと右往左往としながらジッと固まっていた自分を思い出す事。本を読む事、頭のモヤ

          雑記|脚で稼ぐ