見出し画像

ゲスとの付き合い方

女性起業家サポートの川崎涼子です。

や―――今日は衝撃的に感動する出来事がありました。


外出自粛もいったん終わり。
わーーーーランチ。お外ランチ。

でで

フラッと入ったイタリアンのお店。

感じもよろしい。
うむ。

ソーシャルディスタンスがとれてる
お客様たちの絶妙な距離感。

うむ。

で。

私たちの近くに女性がお一人座られていて、
しばらくしたらお待ち合わせの男性がいらっしゃいました。

でで。

座るなり。


その女性を罵倒するわけです。


お前はなんでそんなにバカなんだ!×20
お前にそんな意思決定をする権利はない!×52

書ける範囲でこんな感じ。

これが30分くらいは続いてた。

でで。

私が感動したのは、その女性の対応。

皆さんならどうしますか???


私なら、

捨て台詞はいて

ちゃぶ台ひっくり返して

出て行っちゃうと思う。


でも違うの!

この女性は、
何を言われても、
冷静に、

これは、こうだからこうしました。
そうなっては困るので、ああしました。


すごーーーーい。

一切。
感情的にならず。
泣きもせず、
わめきもせず、


自己主張。
されてました。


こちらは子連れでもあり、
結末を見る前に席を立ってしまったのですが、

見事な、
自己主張
でした。


何も応戦しなければ、
相手の激しい言い分に屈してしまう。

でも感情に任せて
何かを言っても
確実に問題は解決しない。


素晴らしい
アサーション
でした。


人生においては、
時としてとんでもないゲスイ野郎に
出くわすことがあります。


そこで、
怒り狂っても、
泣きわめいても、

どうにもならない。


でも
ちゃんと
自己主張できれば


きっとその未来を変えることができる。


そんな素敵な方だろうなと。


ソーシャルディスタンスな距離感で
こっそり応援していた

女性起業家サポート税理士の
川崎涼子でした。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
京都市生まれ、港区在住。 専業主婦から税理士になり、大手外資系税理士法人で延べ400社以上の法人/個人申告を担当→2020年独立。 女性の笑顔が社会を変える!がモットー。 補助金や起業家向けのお役立ち情報を日々発信中。 https://linktr.ee/ryoko_tax