見出し画像

最初にして最大の難関、家づくりの「業者探し」

こんにちは。

建築コンサルタントのtakumiです。

これから家づくりを始めようとする方の中には、どんなところに家づくりを頼もうか、迷っている人もいるのではないでしょうか。

どういうところに頼んだら良いのか?

業者選びで出来上がる建物には、かなり違いが現れますからね。

ものを買うのと違い、建築というのはそれに携わる人の違いによって、全く別のものが生まれます。

そこが良いところでもあり、怖いところでもあるのです。

A社に頼んでいたら大満足だったかもしれないのに、B社にしたら全く納得がいかない結果に。。。

ということが、ありえることです。


今回、4つの形に大きく分けてみましたので、各業態の特徴を把握せておきましょう。

◆大手ハウスメーカー

ハウスメーカーはCMでもよく見かけますから、ほとんどご存知だと思います。名前くらいは聞いたことがある、という感じで。

ハウスメーカーの中でも構造の違いやデザイン、雰囲気にも違いがありますが、ひとまとめにいうと、商品化されていてコストは割高になる、という感じです。

大手ハウスメーカーは宣伝費用も膨大、社員の給与も大きい、商品の開発費や他の事業にも資金は回りますので、最も高くつく部類にはなります。

その代わり、信頼性はあると言えます。欠陥があるとなると、評判にも大きく影響します。

そして、大手ならではのデータや経験値もあります。とにかく安全性の評判を落とすわけには行きませんから、そこは「ある程度」ほ安心できると考えられますね。

デザインに関しては、よくいえば「無難」、悪くいうと「ありがち」、「ハウスメーカーっぽい」という感じでしょうか。

(ハウスメーカーぽいって、分かりにくいか、、、)

そして、大手ハウスメーカーの一番のデメリットは、柔軟性がないことでしょう。

決められたルールや仕様の中でしか作れないことが多く、「材料の制限」は良くあることで、「間取りの制限」が大きい、自由度のないメーカーもあります。

「ここから選んでください」的な、、、

大手ハウスメーカーもピンキリと言える。有名なだけで安心できないテキトーなところもあるので、色々比較は必須!

◆ホームビルダー

大手ハウスメーカーのように全国規模ではなく、地域に限定している業者で、多くは住宅専門で施工しています。

注文住宅以外にも、土地を購入し建売をバンバン建てたり、条件付きの土地を販売するといった不動産業もしている所が多いイメージですね。

構造は、木造の在来工法が多く、中にはツーバイフォーもありますが、鉄骨造やRC造を扱うところはほとんどないでしょう。

特徴としては、ハウスメーカーよりも柔軟性があり、コストも抑えられる、それでいて、ある程度の安心感も得られる、と言ったところです。

ただ、大手ハウスメーカーほど名前も知れていないので、どこが良いのか悪いのか、

なかなか素人では判別するのはなかなか難しいので、ネットで検索したり、口コミや評判を調べて、きっちり比較していくしかないですね。

デザイン的にも、「こんな感じにしたい」が通じやすいことが多いかとは思います。

信頼できるところも多く、良い業者を見つけられると、大手ハウスメーカーよりも満足度は高いかもしれません!


◆工務店、建設会社

扱う用途も新築住宅だけではなく、リフォームや住宅以外のものも扱うところがあります。

公共事業や大企業の仕事を請け負うところもありますので、建築全般を扱えるイメージですね。建築関係、なんでもしています。

そのため、柔軟性はあります。

また、ハウスメーカーやビルダーのように住宅を商品化していないので、工事費を細かく積算する所も多いので、ある意味「適正な価格」を知ることができます。

建築コンサルタントである私が家を建てるなら、設計を自分でするか頼むかは別としても、この業態に頼むと思いますね。

ただ、住宅のプロフェッショナルとはいえないところも多く、「今どきの間取りができない」ところもあり、選ぶ際には注意が必要です。

技量があり引き出しが多い業者も確かにありますので、「こだわり」が強い施主さんには向いているかも。


◆設計事務所(建築家)+工務店

これまでは設計も工事も同じ業者が受け持つ形でしたが、これは設計は設計専門の事務所が行う、という形ですね。

設計事務所で設計だけしてもらい、工事はまた別の工務店に見積もりをしてもらうという流れになります。

多くの設計事務所では木造以外、家以外も設計しているので柔軟性はあると言えます。

「RCで建てたい!」「大スパンの重量鉄骨がいい!」なんて人は、設計事務所へGOです。

(ただし、構造計算は別の事務所に委託することがほとんど。構造には疎い者も多し!)

ただ、それぞれ設計士にも得手不得手はありますので、過去の作品で「こういう感じが好き」というのがある設計士を探して、頼んでみる方が良いですね。

設計士と好みが合わないのは最悪です。。。

「建築家」と言われるようなデザイン面で長けていて、間取りと内観、外観、外構も含めてトータルで設計するところもあります。

しかし注意するべきは、設計に対して考えも熱く、押し付けがましいと感じることも少なくありません。

「住み方」まで提案されて、良い人、嫌な人、いろいろいますからね。

細かいところまでこだわりたい施主さんには、逆に不向きかもしれません。

また、設計費用もダントツで高くなります。

建築家に頼む場合は、その建築家の「作品を買う」という心構えでいった方が無難です。

「見た目」にばかりこだわる設計士には要注意!設計事務所(建築家)もかなりピンキリである!!

◆まとめ

家を建てるのって、なかなか大変ですよね。

安心出来る業者を探すのも一苦労です。

正直いうと、業者選びだけで一年かけても良いくらいだと思いますし、それでもどこが良いのか分からないこともあります。

そして、業者を選びながら、あなたも住宅のことを少しづつ勉強しておかないと、業者の言いなりで進めるのも危険なものですからね。

信用できる業者を探し出すためには、正しい知識も身につけておかなければいけません。

◆家づくりの勉強

家づくりをもっと勉強したい方は、こちらの特別無料メルマガ講座がおすすめです。

落とし穴にはまらず、素敵な家を手に入れるための秘訣をお伝えしていきます。

今ならE-book、ハウスメーカーも教えてくれない『危険回避の7つのチェックポイント』プレゼント中!

クリックして今すぐ確認する

↓↓↓

新バナー大

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
13
一級建築士。ゼネコン~県庁建築職を経て建築コンサルタントに。住宅をはじめ建築全般で施主をフォローするチェック&アドバイザー。特別無料メルマガ講座~【あなたが知らない家づくり7つの真実】プレゼント中!⇒https://taku-kenchiku01.com/p/r/PyjqLXHW
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。