見出し画像

家づくりでこだわるなら、まず「無垢フローリング」である。

こんにちは。

建築コンサルタントのtakumiです。


今回は、「床材」についてお話します!


床というのは、必ず「毎日触れる」場所ですから、ちょっとこだわりたいところではあります。

内装で「こだわる」場合、壁や天井もこだわると、なかなかコスト的にも膨れ上がりますから、どこもかしこもこだわっているとお金がいくらあっても足りません。

「こだわるならどこか?」

と聞かれれば、私は迷わず、「フローリングにこだわりましょう!」と回答します。

◆床材へのこだわり

床の材料といえば、ほとんどがフローリングですね。

フローリングといっても、色んな種類がありますが、「こだわるべき」は無垢フローリングです。

もちろん、無垢材には、「反る可能性」や「乾燥収縮による狂い」が発生する可能性がありますから、

「そんな狂いの出る材料よりも、複合フローリングの方が良いのでは?」

と思われるかもしれません。

もちろん、精度も大切ですから、精度重視の方は、複合フローリングがあっています。

しかし、無垢フローリングの良さは、やはりその質感です。

画像3

完全な「無垢材」ではなく、薄皮を合板の上に貼った「挽板(ひきいた)」や「突板(つきいた)」もありますが、見た目には良いものですがやはり、完全な無垢材は歩いた際の質感が良いものです。

◆無垢フローリングではどんな樹種が良いのか?

無垢材といっても、大きく二つに分かれます。

広葉樹」と「針葉樹」ですね。

フローリングとして、品質が良いとされているのは広葉樹です。

広葉樹は硬くてズッシリとしており、狂いが少なく、比較的水にも強いものが多いですね。耐久性も備えているものが多くあります。

対して、針葉樹は柔らかくて軽いのが特徴です。すぎやヒノキ、パインがそうですね。見た目には「節」が多く、好みがありますが、比較的安く使える材料として人気はあります。

私がおすすめするのは、やはり「広葉樹」ですね。

オーソドックスなのは、やはり「オーク」や「ウォールナット」は落ち着いた色合いで人気ですね。

また、「メープル」や「ブラックチェリー」は明るい色で爽やかな印象となります。

画像2

無垢フローリングについて、詳しくはこちらで解説しています。

ぜひ、こちらもご覧下さい↓↓↓

マイホームの計画は「床材」にこだわりを!~無垢フローリング材おすすめ10選!~

◆まとめ

どこかひとつこだわるなら、「床材」がおすすめです。床に良い質感があると、住まいは大きく変貌します。

毎日触れる楽しみ、そして、無垢材は経年による変化も楽しみの一つとなります。

◆家づくりの勉強

家づくりをきちんと勉強したい方は、こちらの特別無料メルマガ講座にご登録ください。

落とし穴にはまらず、素敵な家を手に入れるための秘訣をお伝えしていきます。

今ならE-book、ハウスメーカーも教えてくれない『危険回避の7つのチェックポイント』をプレゼント中!

クリックして今すぐ確認する↓↓↓

バナーbanner-700-412

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
11
一級建築士・建築コンサルタント。住宅をはじめ建築全般で施主をフォローするチェック&アドバイザー。特別無料メルマガ講座~【危険回避の7つのチェックポイント】プレゼント中⇒https://taku-kenchiku.com/lp/takumimerumaga-n/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。