見出し画像

家事時短のための「コンパクトな家事動線」

こんにちは。

建築コンサルタントのtakumiです。


家づくりでは、「動線」というものをきちんと考えます。

動線とは、人のうごき方を考えるもので、家族の軌道を指します。

家の間取の計画では、この動線があまり長くならないように考えるわけですね。


最近は、ご夫婦の共働きが多くなっていますので、家の仕事である「家事」をいかにラクにするかを考えますが、家づくりでは「家事動線」を短縮することが求められるわけですね。


家事動線を短くするには、「キッチン」、「洗面(洗濯スペース)」、「物干しスペース」、「WIC等の収納」を近くすることが、効率的な間取りとなります。


最近は、部屋干しや乾燥機での乾燥も増えていますので、大きめのランドリールームをつくることも多くあります。


水回りをコンパクトにまとめることで、スムーズな家事動線となりますが、注意したいのは、必ずしも全て隣接していないとダメってことはないということ。


土地の条件や他の要望事項によっては、キッチンから洗面(ランドリー)が少し離れることもあります。


もちろんキッチンとランドリーが隣接していればとてもスムーズですが、そんなに頻繁にキッチン~ランドリーを往復しませんから、少しくらい離れても家事にかかる労力は大して変わりません。


どちらかと言うと、物干しスペースから各収納スペースが近いと、家事動線はグッとコンパクトになり、家事時短につながります。


特に、ランドリールームと隣接して「ファミリークローゼット」といった家族で使う大きめのクローゼットがあれば、洗濯した衣類を色んな場所まで運ばずに済みますから、理にかなっていると言えます。

画像2

画像3


家事動線をコンパクトにして、できるだけ家事時短にするには、「ランドリールーム」と「ファミリークローゼット」を隣接して設けるのはおすすめですね。


◆家づくりの勉強

家づくりをもっと勉強したい方は、takumiの特別無料メルマガ講座にご登録ください。

落とし穴にはまらず、素敵な家を手に入れるための秘訣をお伝えしていきます。

今ならE-book、ハウスメーカーも教えてくれない『危険回避の7つのチェックポイント』をプレゼント中!

クリックして今すぐ確認する↓↓↓

バナーbanner-700-412

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
11
一級建築士・建築コンサルタント。住宅をはじめ建築全般で施主をフォローするチェック&アドバイザー。特別無料メルマガ講座~【危険回避の7つのチェックポイント】プレゼント中⇒https://taku-kenchiku.com/lp/takumimerumaga-n/