TAKUHIRO KOBAYASHI
アメリカの大学受験に踏み出すみなさんへ
見出し画像

アメリカの大学受験に踏み出すみなさんへ

TAKUHIRO KOBAYASHI

自己紹介

皆さん、初めまして!

2022年9月からミネルバ大学のVSY(Visiting Scholar Year)に進学する小林拓広です。カナダの公立高校を卒業後、現在は、東京にある国際基督教大学(以下:ICU)に在籍しています。

好きな本は「ぼくらの七日間戦争」、アニメは「からかい上手の高木さん」、音楽は「Eve」「Mrs. Green Apple」「Lauv」です!

noteを始めたきっかけ

私は、2022年1月にアメリカの大学計16校を受験し、その内の15校に落ちました。ICU合格後の10月にいきなり受験を決めたため、「たった3ヶ月前から始めてよく頑張ったよ」と多くの人は励ましてくれました。それでも、時間不足、準備不足は否めませんでした。

もっと多くの中高生に万全の体制で海外大学進学を目指してほしい。私自身、他の方が書かれた海外大学の受験記に、情報面でも、モチベーション面でも大変助けられました。今度は私が皆さんの助けになる番です。

このnoteでは「何をしたらいいのか全く分からない」「不安で頭が一杯だ」「とにかく情報が欲しい」という皆さんに向けて発信します!

これからの投稿について

  1. アメリカ大学受験の『概要』

  2. 大学『選び』の仕方

  3. 受験『準備』の進め方

  4. ぜひ受けてほしい『サポート』

  5. こんなにある『奨学金』

  6. 受験の『乗り越え方』

  7. 実際に『出願』してみよう

また、興味がある方がいれば「高校留学」や「ミネルバ大学」についても書きたいと思います。

これらの内容について、5月から8月にかけて投稿していく予定です。

最後に

アメリカの大学受験について、反省は山のようにありますが、後悔は一切ありません。

これからアメリカの大学を目指す皆さんが、何にも縛られず、自分の道を突き進められる助けになれたら嬉しいです!

もし何か質問があれば、遠慮なく聞いてください!

それではまた次回お会いしましょう!

TAKUHIRO KOBAYASHI
国際基督教大学(ICU)の1年生。今年9月からミネルバ大学VSY(Visiting Scholar Year)に進学予定。 自分のアメリカ大学受験の体験を基に、海外大学進学を目指す皆さんのお役に立てたら嬉しいです!