見出し画像

BtoBサービスのランディングページには、NoCodeツールが欠かせない。

この記事は、株式会社アトラエ アドベントカレンダー18日目の記事です。

前日の記事は、加藤の「状態管理 recoil使ってみた。」でした。

今回は、wevoxのランディングページをNoCodeツールの「STUDIO」に移行した話です。

なぜ移行しようとしたか

BtoBのサービスでは、当然、ランディングページをつくりますが、多くのサービスと同じようにAWS等の環境にデザイナーがデザインしエンジニアやコーダーがコーディングしたページをアップしていました。
インバウンドとしては、問い合わせフォームを設置し、SalesforceとPardotを活用しリード管理を行っていました。
オウンドメディアも作っており、CMSはWordpressを使ったオーソドックスな仕組みでした。
運用している仕組みには全く問題なく、オウンドメディアも運用できていましたし、問い合わせも頂いていました。

では、なぜ移行したのか。
それは、運用し続けていくには、「関わる人数が多すぎる」問題があったからです。

画像1

例えば、プロダクトの進化と共に、伝えられる内容が増えたり変わったりしていきます。この場合、マーケターからすると、打ち出す広告は当然変えていくのですが、流入してくるランディングページも広告の訴求に合わせて変えてたり新しくつくらないと、チグハグになり、問い合わせ数は増えません。(減ることすらあります)
また、いろんな情報をホワイトペーパーというカタチで知っていただくには、フォームのあるページを増やすことも必要です。

その為、広告とSalesforceやPardotの間になるランディングページを継続的に変更していくには、デザイナーやコーダーが必要にな
り、どうしても関わる人数が増えてしまい、工数が増えていくことになります。また、改善を加えていくごとに工数が増えていくので、スピードが一定以上あがらなくなり、ランディングページの変化がマーケティングのボトルネックになっていきました。

画像3

どうやって解決したか?

エンジニアはプロダクトの開発に集中するように、デザイナーはトンマナなど表現の所は気にしたいがプロダクト開発もある、マーケターはどんどん改善をし続けたい、など、各々の役割の問題を理解し「ランディングページの追加や変更において、関わる人の数を減らすにはどうしたらいいか?」
そんなことを考えていきました。

なので、マーケターやインサイドセールスのメンバーが直接変更できるようにできたらいいのにな。という思いとNoCodeツールが頭の中で繋がりました!(STUDIOを知っていたのですが、なかなか業務で使う機会がなかったのです)

画像4

NoCodeツールで実現できれば、マーケターやインサイドセールスの要望を自分たちの手で直接変えられるようになり、自走できるようになります。

では、どこまで移行すべきか?マーケチームで議論した結果、オウンドメディアもセットで移行が必要ということでした。幸い、STUDIOのCMS機能がリリースされた後だったので十分補完ができました。

画像3

Wordpressからの移行はSTUDIOの皆さんにご相談させていただきご協力いただきながら、静的ページはすべてSTUDIOでゼロから作り直しました。
操作になれてしまえば、1日あれば数ページの移行ができた為、作業時間は想定より短い時間で完了し、移設ができました。

実際に移行してわかったメリット、出てきた問題

移設に伴い、301リダイレクトをしているのですが、SEOの影響はありました。今は、まだ回復していきている途中といったところです。

メリットは、STUDIOが同時編集可能なのもあり、マーケターやライターがページをデザインしたり、デザイナーがビジュアル制作している間に企画側がコピーや文章を埋めたりとコラボレーションをすることで、想定していた関わる人を減り、改善スピードが上がったことにより、チームの効率がアップしたのを実感しています。

今後は、SEO対策含め細かい改善をしながら、ランディングページのリニューアルをしていく予定です。
このリニューアルも「大規模にまとめてリリース!」というかつてのやり方ではなく、「徐々に、スピーディに変えていく」という進め方でやっていきます。(実際、既に毎週改善を積み重ねています。)

まとめ

今回、NoCodeツールを使ってみて、これからのBtoBマーケティングには、NoCodeが必須ツールになる!と実感しています。
スタートアップらしくSTUDIOのさらなる進化を期待しています!
STUDIOは、オススメですよ!


明日は、同じwevoxチームのデザイナー きのぴーになります。

PR


Greenやwevox, yentaといったサービスを提供する弊社アトラエですが、
現在、世界中を魅了するプロダクトを作りたいエンジニアを大募集しています!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
たけてつ

最後まで読んで頂き嬉しいです! ♥やSNSにシェアもして頂けるともっと嬉しいです!! 頂いたサポート金は執筆に繋がるような書籍や有料記事の購入費に使わせて頂きます。

嬉しいです!過去のnoteも読んでみて下さいね!
32
Atrae, Inc. Designer 左脳と右脳をフル回転し日々精進しながらモノ・コト・バをデザインしてます。だいたい月1ぐらいでデザインやブランディング、チームに関することをnoteに書いてます。息子+双子娘の父。 岐阜生まれ岐阜育ち東京在住。