見出し画像

ネット放送にできて、テレビにできていないこと

 今日、鈴木おさむさんとカンニング竹山さんとでテレビの未来についての鼎談を行った。
 結論として、テレビには未だに物凄いブランド価値があってそれを上手く利用すればまだまだ様々な手法で稼ぐことができる。
 だけど、あまりにも上手く行きすぎたCMスポンサーモデルが偉大すぎて、テレビの中の人は石器時代かと思うくらいの視聴率調査システムから出てきた数字に基づいて、視聴率の良いコンテンツさえ作ればいいと思っているのだ。

 だから放送事業の売上は長期低落トレンドが続いていく。
 とはいえ、今ならまだブランド価値が高いのでタレントもみんな出演してくれるし、スケジュールもテレビのために空けてくれる。空けてくれる間にビジネスモデルを変えなければならない。
 では、どのようなモデルに変更するべきなのか?

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

続きをみるには

残り 530字 / 2画像

¥ 300

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?