見出し画像

世界が、やがて満たされていく。

 「燦々と照りつける太陽で、あつさ加わり体調を崩しがちな季節ですが、規則正しく健やか奈日々をお過ごしください。」展

会期: 2020年6月27日(土)~7月12日(日) 11時〜20時
会場: 西武渋谷店 B館8F=美術画廊

この長い展示タイトルには、
参加された作家さんの名前が隠されているらしい。

さて、このグループ展から、
やましたあつこさんの世界を覗いてみる。

はじめて山下さんの画を拝見した頃は、物語の登場人物であり、自身のなかに存在する「青い天使」と「赤い髪をした少女」は、白い光の中、華奢な花々の中にいた。

それが個展「HER」の前後から(?)
空間に金が敷かれるようになったと記憶している。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

今回はその密度がさらに増している。
いや、密度というよりは、金の含めた質量が増加している感覚。
二人を包む空間が濃密に満たされている。

私が目を止めたのは、「あなたはオレンジの片割れ」という画題の作品。
実は同じ画題で二点の画がある。
一つの画は、「青い天使」と「赤い髪をした少女」が伏し目がちに向き合っている。片方の手は結ばれているかもしれない。
この画は、植物の中にいる二人の存在が強く伝わってくる。

画像6

もう一つの画は、「赤い髪をした少女」がふたり。目を瞑り指切りをしている。この世界は、くっきりと白い植物に覆われ、それがベールのように二人と鑑賞者の間に距離をつくっている。誰にも邪魔されない世界ということだろうか。

画像7


どちらの画も、これまで以上に肌のテクスチャーを感じた。

断片を捉えたもの、大きな世界を提示するもの。
そのグラデーションの中、物語は幾重にも微分化され、新しい画となる。
次はどのような物語が待っているのだろうか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら、小品を購入することで若手作家をサポートしていきたいと思います。よろしくお願いします。

スキをしてくれたあなたがスキです!
7
編集所代表。書く人。編む人。元とびラー(6期)。 「tokyo gallery gang」主宰 「ビールと、好奇心。」主宰 TOP画像:N.S.ハルシャ「ふたたび生まれ、ふたたび死ぬ」(2013年)

こちらでもピックアップされています

「アート」の
「アート」の
  • 55本

アートやアートプロジェクト、 アートコミュニケーションやらしきもの。 そんなものたちの感想や妄想や。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。