ライブダイジェスト(牧村憲一「City Pop/City Music講座」vol.2より)

2019.11.9.代官山蔦屋書店で行われた牧村憲一さんの「City Pop/City Music講座」に出演したときのミニライブ・ダイジェスト版です。イベントのテーマに即して、30周年記念アルバム「CIty Folklore」の曲を軸としたセットリストにて。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この「サポート」は、いわゆる「投げ銭」です。 高野寛のnoteや音楽を気に入ってくれた方、よろしければ。 沢山のサポート、いつもありがとうございます。

ベステンダンク !
16
note歴5年目のミュージシャン。 2019年10月までの1年間はデビュー30周年アニバーサリー。 30年を振り返る自伝的長編エッセイ「ずっと、音だけを追いかけてきた」全42話・完結しました。

コメント1件

世界中の様々な楽曲の中のギターのスクラッチノイズは悪くないと思うけど、
高野さんのここで奏でる完璧なギターの運指にウットリとしてします。
ずっと自分勝手にギターを弾いてるけど、本当に唄と握手できる(”寄り添う”ってのが妙に気持ち悪い。)ギターの奏で方って本当に楽曲の芯を際立させると思う。
冨田ラボさんの素晴らしいプロデュースが冴えたアルバム聴きまくってます。
ぼくは学校の学年で言ったら同級生。その同年代の男の子がこのくそったれな世界にゴキゲンな風を吹かせる音を奏でてくれているなんて、本当に誇りに思います。
ライヴに会いに行くよ!この世界の隅っこで応援してます。
心からどうもありがとう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。