見出し画像

自己紹介

1.Profile
別所隆弘 / Takahiro Bessho
写真家(風景写真) / 文学研究者(19世紀アメリカ文学)
滋賀県在住
ナショナル・ジオグラフィック社 2017 Nature Photographer of the Year "Aerials," 2nd place winner.

2.Works
【著書・雑誌】
最高の一枚を写し出す写真術 (Jan, 2019) (単著)
超絶写真術 (Jul, 2017) (共著)
心を震わせるドラマチック写真術(Nov, 2016) (共著)

【雑誌掲載】
・デジタルカメラマガジン (2015- )
・連載「写真と文学」(デジタルカメラマガジン, 2017-2018)
・Vogue Japan 2018年5月号 特集「マジカルデスティネーション」
・アサヒカメラ 2017年4月号特集「京都の風情を撮り尽くす」

【講演等】
関西大学 社会学部学術講演会「真実と現実の狭間で:SNS時代の写真」 (Dec, 2018)
・徳島文理大学 公開講演会「世界を「視る」メディア -19世紀アメリカ文学から、21世紀インスタグラム映えへ-」(Oct, 2018)
ソニーストア Sakura Event(Mar, 2018))
CP+ DJIブーストークショー (Mar, 2018)
・ソニーストア大阪 タイトークイベント (Nov, 2017)
・ソニーストア銀座 「αで魅せる世界」(Sep, 2017)
・ソニーストア大阪 「α9の世界」(Jul, 2017)
NIKKORレンズで表現した世界 (May, 2017)
2016佐賀熱気球世界選手権&佐賀市のトークショー(May, 2016)

【オンラインインタビュー】
富士フイルム 「GFX 50R ハンズオンインタビュー」 (Apri, 2019)
​・ソニー「旅する大人のソニー『反射する美、桜リフレクション』」(Mar, 2018)
ソニー RX100M3 公式サイト「ポケットのカメラが、僕を旅に駆り立てる。」(Sep,2018)
BizStyle ビズスタ東京&神奈川版「写真と生きる 第三回『写真には、人の足を0.5秒で止める力がある』」(May, 2017)
ニコン「D850 新たな撮影領域を切り拓く」
DJI Mavic 2 Pro グローバル先行ユーザーレビュー (Sep, 2018)
DJI Mavic 2 Zoom グローバル先行ユーザーレビュー (Sep, 2018)

【主な画像提供先】
・滋賀銀行(Apr, 2019-)
・星野リゾート 星のや(Mar, 2019-)
関西電力 インスタグラム (Feb, 2017- )
・滋賀県長浜市(Apr, 2015-)
・滋賀県大津市(Nov, 2017-)
・星野リゾート ロテルド比叡 (Jan, 2018)
・Washington Post (Feb, 2017)​
・東洋インキ プライベートショー 2017 (Jan, 2017)
・グラフィック社 デザインのひきだし 30(Jan, 2017)
・Olympus Pen-F スペシャルサイト (Dec)
・北びわこふるさと観光公社(Apr, 2015 - Mar 2016)

3.Online
Instagram
Twitter
Homepage
Facebook Page
Weibo

4.Statement
スラヴォイ・ジジェクの著書の一つに、ラカン理論を解説した『斜めから見る』という本があります。大学院生の時に強く感銘を受けたのは、あれほど難しいと思っていたラカンの理論も、ヒッチコックやSF映画を経由したら、刺激的で楽しいものに変貌するということでした。以降、「斜めから見る」というのは私のキーワードの一つになります。

時を経て、カメラなんてなんの興味もなかった研究者時代からは想像もできないくらい、私は現在写真に深くコミットするようになりました。でも、深くなればなるほど、私は注意深くそこから離れるべきだと考えています。ジジェクが「斜めから読む」ことで新たな領域を切り開いたのに習って、私もまた「別のところ」から、この写真という世界に来た意味を模索せねばならぬと思っているからです。

というわけで、私は常に、写真の世界においては「ズレ」や「狭間」を意識しています。かっちりと決まってしまった部分ではない場所や表現、手法を取ることで、写真やカメラに新しい道が拓けるのではないかという希望を持って。noteという媒体で、写真家としての立場で、写真にあまり関係ないことを書くのも、それ自体が「写真」という行為を拡張する契機になるんではないかと、そんな風に思っているからです。

そういうわけで、一応「風景写真家」と名乗りつつも、その肩書はあくまでも「表札」として機能しているだけで、私自身はおそらく、何者でもないモノ、どこでもない場所を目指して、写真を撮っていこうと思っているようです。その道の果てに、同じように世界の「ズレ」や「狭間」に迷い込んでしまった人たちとの邂逅を期待しながら。

5.Awards
National Geographic "Nature Photographer of the Year 2017" Aerials 2nd place (2017.12)
​・MIFA 2017 "Professional: Nature-Seasons" 3rd Place (2017.6)
​・IPA 2016 "Non-Professional: Architecture, Industrial" 2nd Place (2016, 10) with 3 honorable mentions.
​・The 64th Nikkor Photo Contest “Color” 5th place (2016.9)
​・MIFA 2016, “Advertising Travel/Tourism” Honorable Mention (2016.6)
​・The 63th Nikkor Photo Contest “Color” 5th place (2015.9)
​・Nature's Best Photography Asia, “Landscape” Highly Honered (2015.9)
​・National Geographic, “Travel 365” Photo of the Day(2015.8)


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を気に入っていただけたら、写真見ていただけると嬉しいです。 https://www.instagram.com/takahiro_bessho/?hl=ja

次また読んでもらえるようにがんばります
80
フォトグラファー。アメリカ文学研究者。滋賀、京都を中心とした”Around The Lake”というテーマでの撮影がライフワーク。インスタはこちら: https://www.instagram.com/takahiro_bessho/