鈴木泰裕(すずきたいゆう)

自分の考えてる事や思いとか、色々と書きたい。

アフターコロナの大予測

技術革新とそれによる生活の変化は昔は戦争によって行われてきた。 しかし、今はコロナウイルスによって、変化がもたらされようとしている。 特に注目されるのが在宅ワーク…

TM NETWORK

鈴木が青春を無駄に過ごした90年代後半から00年代前半くらいの雰囲気というのは、同調圧力により多様性とか、個性とか、そういうのを排除するような社会だった気がする。少…

コロナウイルス狂奏曲

2020年の年明け、こんな事になるとはだれが予想しただろうか。 コロナウイルスの影響もあり、この木金は在宅ワーカー。テレワーク。 今の鈴木の業務内容なら、ネット環境…

引っ越しから倒産まで(96-98年)

1996年の時だったと思う。 鈴木家は与野ハウスから引っ越しをすることとなる。 場所は、国道17号線沿いの、引っ越し当時はデニーズがあった建物の5階。家賃は10万円。当時…

埼玉県与野市(与野ハウス)の思い出

1992年12月。 家族は埼玉県の与野市(現さいたま市)にある、与野ハウスというところに移り住んだ。 丸増マンションと違い、ここは今も存在する。 日本初の、高層マンショ…

北海道札幌市北区新琴似の思い出

鈴木の物心がついたときの記憶をたどると、北海道での生活になる。 1985年4月、鈴木が生まれてから1992年の11月まで、鈴木は北海道にいた。 公文教育研究会に勤務していた…