FX中心相場だからこそ押さえたい!資金調達率とLS建玉数から次の動きを考察する『BitMEX Funding Rate』&『Bitfinex LS Volume』インジケーター
見出し画像

FX中心相場だからこそ押さえたい!資金調達率とLS建玉数から次の動きを考察する『BitMEX Funding Rate』&『Bitfinex LS Volume』インジケーター

売り切れ

更新履歴

・ [20/2/23] BitMEX Funding Rate ver.1d にアップデートしました。
XRPUSD 無期限契約をサポートしました。

・ [19/2/20] Bitfinex LS Volume v1.1 にアップデートしました。

USDT/USD ペアをサポートしました。
(UST という項目が追加されています)

・ BitMEX Funding Rate v1.2 にアップデートしました。
背景色を着けるための、資金調達率の閾値を設定できるようになりました。
(インジケーターを追加しなおすことで反映されます)

・ BitMEX Funding Rate v1.1 にアップデートしました。
リアルタイム資金調達率を背景色の変化に反映させる設定を追加しました。

概要

こんにちは、Tainokoです。
ここ最近ビットコインは現物の売買ボリュームが減り、BitMEX、Bitfinex、bitFlyerなどのFXを中心とし価格が動いています。

今回は出来高が高く価格に大きな影響を与える二大取引所 BitMEX と Bitfinex のデータから資金調達率LONG/SHORT建玉数(比率)を直感的に扱えるよう視覚化した2つのインジケーターをセット販売します。

XBTとETHの資金調達率の関係はとても興味深くツイートでも多くの人に関心をもっていただきました。

売上については、無償で提供している Tainoko Lab@btc_orderalert で使用しているAWSのサーバー費等に充てさせていただきます。


・BitMEX 資金調達率がわかる『BitMEX Funding Rate

BitMEX資金調達とは、簡単に言うと「買い」「売り」の建玉の偏りを縮めるための仕組みで、資金調達率とはそれにかかる手数料を指します。
BitMEX内で買われすぎると買い手側が手数料を支払います。
逆に売られすぎると売り手側が手数料を支払います。
どちらかに偏るほど手数料も高くなります。
この手数料は毎日日本時間で5時、13時、21時に徴収されます。
対応ペア:XBTUSD, ETHUSD

それでは資金調達率が視覚化された『BitMEX Funding Rate』インジケーターを紹介します。

画像1

① 資金調達率
右側のスケールに表示されている数値が資金調達率です。
プラスだと買い手が手数料を支払い、マイナスだと売り手が手数料を支払います。
範囲は 0.375 ~ -0.375(%)です。

② 次の資金調達率
BitMEXの画面だとこの部分です。

画像2

・・・●
のように徴収されるその時まで表示されます。

③ リアルタイム資金調達率
こちらは8時間毎に決まる通常の資金調達率とは別に、その時の建玉の偏りで計算した場合の資金調達率です。
BitMEXでは表示されていないため、このインジケーターで買われすぎ、売られすぎを察知することができます!
次の次の資金調達率もこのリアルタイム資金調達率から5時、13時、21時の時点の値で確定します。

④ リアルタイム資金調達率(変動幅)
1つ前の足のリアルタイム資金調達率からの差分をヒストグラム(縦棒)で表示しています。
プラス側に伸びた場合はロング(ショート精算)増し、マイナス側に伸びた場合はショート(ロング精算)増しと思って良いと思います。
Bitfinex のLONG/SHORTのように建玉数ではありませんが近い意味で考察に使えるのではないかと思って表示しました。

⑤ 背景色
次の資金調達率(②)の値に応じて色が変わります。
プラスであれば緑、マイナスであれば赤です。
資金調達率の数値が高いほど濃くなるので注目しやすくなります。

以上が『BitMEX Funding Rate』インジケーターの簡単な紹介となります。
このインジケーターは「XBTUSD」だけでなく「ETHUSD」ペアにも対応しており並べることでよりトレンドへの考察が深まります。

※ BitMEXの資金調達率の仕組みについては FcukOKsanさん が詳しく書かれています。


・Bitfinex LONG/SHORT建玉数(比率)がわかる『Bitfinex LS Volume』

Bitfinex では LONG(信用買い)、SHORT(信用売り)の建玉数が公開されています。
そのデータを基に新規買い、ショート精算による買い、新規売り、ロング精算による売りを視覚化しました。
※ 同様のインジケーターは既に何種類か販売されております。そちらをご利用されている方はこれを買うのはもったいのでご注意ください。
対応コイン:BTC, BCHABC, EOS, ETH, LTC, XRP, BSV, IOTA, USDT

それではLONG/SHORT建玉数(比率)が視覚化された『Bitfinex LS Volume』インジケーターを紹介します。

画像3

① 建玉数
右側のスケールに表示されている数値が建玉数です。
プラスだとLONG、マイナスだとSHORTの建玉です。
単位はそのコインなので、この場合の4000は 4000btc です。

②③ 建玉増減数
建玉の増加をヒストグラム(縦棒)で表示しています。

プラス側に伸びた場合は、
 赤色:SHORT精算
 緑色:新規LONG

マイナス側に伸びた場合は、
 赤色:新規SHORT
 緑色:LONG精算

④ 背景色
総建玉の比率に応じて色が変わります。
LONGの割合が大きいと緑色、SHORTの割合が大きいと赤色になります。
割合が大きくなるほど濃くなります。

以上が『Bitfinex LS Volume』インジケーターの簡単な紹介となります。
クソポジチェッカーと組み合わせて使うとより全体を捉えやすくなります。


・インジケーター導入手順

① note 購入後、最下部のコメント欄に TradingView のユーザーネーム(ID)を書き込んでください。
「IDは ○○○○」とだけ書いていただければOKです。
権限付与後、コメントは削除します。

※1購入で複数のIDに付与することはできません。
※ note のアカウントを作成せずに購入された場合は私のツイッターのDM宛に、「ご購入が完了いたしました」メールの画像(注文IDが記載されている物)、TradingView のユーザーネーム(ID)を送ってください。
※こっそり買いたい方もDMで連絡してくださっても良いです。
② 私が手動で権限を付与します。
書き込みから1日以内の権限付与を心がけます。
※もし1日以上待っても権限が付与されない場合は再度コメント欄からご連絡ください。
③ 権限が付与されましたら TradingView の「お知らせ」から確認することができます。

画像4

④ TradingView のチャート画面上から以下画像のように「インジケーター追加ボタン」→「招待者のみ公開」→「BitMEX Funding Rate」「Bitfinex LS Volume」をクリックしてください。

画像5

画像6

⑤ インジケーターが追加されます。
※インジケーターが追加されたものの、上手く表示されない場合は一度そのインジケーターを削除し、再度追加を繰り返してください。

画像7

※『study_not_auth』というエラーは TradingView の再ログインで使用可になるそうです。

・インジケーターの設定について

インジケーターでは最低限の初期設定を行います。
以下の画像のように各インジケーターの「設定ボタン」をクリックします。

画像8


BitMEX Funding Rate の設定

画像9

① XBTUSD または ETHUSD を選択します。
見たいペアをお好みで選択してください。
※今見てるチャートに合わせて自動選択されませんので都度変更してください。

② 資金調達率の計算をどのくらい正確に行うか(初期値:3)
1:最も正確ですが処理に時間がかかるためインジケーターが表示されないエラーが起きやすい
3:ある程度正確でエラーの頻度も少なくオススメ
5:速度重視、資金調達率もざっくり雰囲気がわかれば良い人向け

③ 背景色を着ける資金調達率の閾値(初期値:0.05)
気にする最低金利を設定できます。0 にすれば常に背景色が着きます。

④ リアルタイム資金調達率で背景色を決める(初期値:オフ)
短期での変動を直感的に知りたい方はオンにしてください。

⑤ ±0.375%を上限とする(初期値:ON)
チェックを外してもほとんど意味がない設定だと思っていいです。


・Bitfinex LS Volume の設定

画像10

① LS建玉を見たいコインを選択してください。
見たいペアをお好みで選択してください。
対応コイン:BTC, BCHABC, EOS, ETH, LTC, XRP, BSV, IOTA, USDT
※今見てるチャートに合わせて自動選択されませんので都度変更してください。


・注意事項

・このインジケーターは BitMEX、Bitfinex が TradingView に提供しているデータを基に動作しています。
そのため将来的に取引所側の仕様変更などでデータが提供されなくなった場合、動作できなくなってしまうことがあることを予めご了承ください。

・8時間足では『BitMEX Funding Rate』に必要な取引所の基データが存在しないため動作しません。


・最後に

以上となります。
有料エリアは特にありません。
今後の追記も無料部分に行います。


★宣伝★
Twitter
@btc_tainoko
DiscordTainoko Lab(無料)
BTC板検知アラートや恐怖指数などBOTツールによる情報を提供しています。

★アフィ★
BitMEX新規登録(6ヶ月間 取引手数料10%割引)
TradingViewPROプランに登録(インジケーターを3つ以上設置可)


この続きをみるには

この続き: 15文字
記事を購入する

FX中心相場だからこそ押さえたい!資金調達率とLS建玉数から次の動きを考察する『BitMEX Funding Rate』&『Bitfinex LS Volume』インジケーター

Tainoko

1,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!