見出し画像

ガンジャ先生。3-6

買い物のよしや悪し

路地に舞い戻りコーヒー屋へ向かう。
Zedd - Clarity

 相変わらずパトゥナーム市場は混み合ってる。

この辺り往復するのも慣れてきたのと、人の避け方も覚えてきた。‥あまり嬉しくないけど。
それでも左右に果物屋などあれば匂いに釣られる。

委員長が違う方に向かおうとしてたので、肩を掴んだその時。「イヤッ!」バシ!と手を弾かれた。
「!? ごめんなさい。匠君と思わなくって‥‥」

「あーいいよ。ごめんね。」
うっ。ちょっとショックだった。


「おーやっと戻ったか。おかえり」
先生はビール缶4本くらい開けて楽しそうだ。
あれ?仕事って言ってなかったけ。
僕らの方が一足遅かったみたい。

 先に帰っていたタツヤグループは。。
みんなドンヨリ暗い空気がしてる。

おい何があった?

「匠〜先生ひでーんだ、買ったものにケチつけて〜」
「‥‥そっちは変なもん買ってないだろうな。」

 バックから見られて困ることもないので、そのまま机一面に出した。
それを見ながらふんふん。とかあーこれいいな。
とかみんな見ている。きゃーパンツ見ないで。。

「まぁまぁ合格だ。Tシャツはビールのロゴだがな。」

「タカシとか何かあったんですか?」
「普通に買えばいいのに、高値で変なの買ってんだよ。ムエタイのパンツ、偽オメガ、光るおもちゃ‥」
「ひどいッス。着る物もちゃんと買ってますよ。。」
「あ?親のカード使ってまで偽オメガ買うな!」
「す、すいません。。」


「んで未亜は変な民族帽子。あと何だ?ブードゥー人形20個も買って誰か呪うのか?‥茜に限ったら三角まくら。おい寝る気まんまんか?」

 ・・・視線を移すと目を合わさない2人の女の子と、「ウケる~♪」とゲラゲラ笑ってる歩がいる。
確かに三角の気になったけど!

「はぁ。一度ホテルに戻って道具整理な。あと着替るなら着替えとけよ。‥未亜、人形は部屋に置いとけ」「はい。。」

 路地1個分歩いてホテルに戻り部屋でお互いの事を聞いたりしていた。「あと呼びに行く」といって先生も部屋に戻る。僕らも整理しに部屋へと歩きだした。
サンダルだと廊下も涼しいな。


 部屋に落ち着いき、各自買い物の事を話ああう。

初めはコーヒー屋の周りで買い物をしたらしく、意外に未亜がみんな引っ張ってくれたみたいだ。
さすが魔法の本「旅の指差し〜バンコク٩(ᗜ)و」だ。
しかし人混みに堪えたので、路上に出て近場のビルで揃えたらしい。お土産が多くあり、そちらに気が行ったみたい。
 ある程度買い物に自信がついた!とタツヤと話していた。

「でさ〜誰が好みか決まった?俺?委員長はいいなぁーでも真面目そうだから歩!」
「それ胸でしょ」
「マジか。お前エスパーか」
「お前がマジか‥」
さぁバカはほっといて着替えよっと。
‥Tシャツ、半パンは楽でいいなぁ♪

□□□

 シャワーを浴びて頭を冷ましているとふと昔の事思い出す。手が伸びて肩に当たるだけで‥

___大丈夫 何もなかったんだよ

ニヤリとするその人は鏡でネクタイをつける

私は立ち上がれず  震えていた___
 


!「ハァ。。ハァ。。。!」心が痛い。
座り込み体を折りたたむようにシャワー室でしゃがむ。

「‥‥大丈夫?大きな音が聞こえたけど」
「!あ、うん。滑って石けん落としちゃっただけだから!今出るね」

 部屋は2人ずつ私は未亜さんと同じ部屋だった。
姉妹の川上さんがいたから必然に。
ホテルというより少し大きめな部屋だけど、最小限のものとテーブルもソファもある。何より大きな鏡は嬉しい。
備え付けのタオルで頭を吹きながら。
よし。大丈夫。楽しもう。
そう自分で言い聞かせドアを開ける。


△△△


 メールを打ちながら、予定を考え直す必要があるかもな。とつぶやく。
タイトなスケジュールでもいけるとも思ったが、んー常識面では心配がある。
迷子になるとは思わなかったし、まあ良くも悪くも危機感がないな。夜ある程度説明するか。
「ゴホッゴホッ。」
でもまぁ何も知らない訳でもない。
その辺りは普通の子供だが・・表情の暗さが気になる。
女子のほうが思いのほかに重いみたいだな。
まぁ初日だし、慣れるのも時間がかかるだろう。受け答えはしっかりしてるし、良しとするか。

安全面に注意しつつ。移動の手配をまとめようと感じた。
あーしかし今日も暑い。久々にトゥクトゥク使うか。

携帯を取り出しコールをする。
『ハロー ピマイ?‥‥‥』


△△△


「でも茜面白いーよくそれ買う気になったね」

「だってお店の人すごく優しいんだよ。日本語も少し話せたし。セットでほらストールもつてくれた!」

「‥‥それでいくらしたの?」

「500バーツ。破格って言ってた!」

枕を叩き声にならない歩はベッドで笑いよじって転がっていた。ちなみに三角枕は座椅子に茜が使ってる。
意外と硬いらしい。
「ハハハッ。。絶対高いよそれー日本でもクッション千円しないじゃん」

はっとした顔をして顔が青くなる茜。さらに笑い出す歩。
「もー!歩のバカ!」

こんな感じでどの部屋も少しの休憩を楽しんでた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

経験はチカラです。 若い頃行っとけば良かったな〜と思う事も多かった。 世界は広いです♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

(ˊᗜˋ*)
2
海外が好きです。広島出身。 よくいる広島人で。燃えやすく冷めやすい(笑) 香港とバンコクで働いていました。  いろいろな経験を小説やマガジンで説明できればいいなと思います。 この世界は素晴らしい。 Twitter @tactvv

この記事が入っているマガジン