T_producer

昔「電波少年」とか「ウリナリ!」とか「雷波少年」を作っていました。第2日本テレビ、アースマラソン、ライブイベント『NO BORDER』企画演出、一般社団法人1964TOKYO VR代表理事、映画『We Love Television?』監督、2021年「電波少年W」企画演出

T_producer

昔「電波少年」とか「ウリナリ!」とか「雷波少年」を作っていました。第2日本テレビ、アースマラソン、ライブイベント『NO BORDER』企画演出、一般社団法人1964TOKYO VR代表理事、映画『We Love Television?』監督、2021年「電波少年W」企画演出

    マガジン

    • Tプロデューサーのピックアップ

      土屋敏男のピックアップ

      • Tプロデューサーのピックアップ

    最近の記事

    戦争を起こさないテクノロジーの発明

    先日伊豆で行われた「天城未来デザイン会議」というイベントに呼んでいただき「2035年の暮らし方がどうなっているか?どうなって欲しいか?」と言うテーマで1泊2日で議論をした。行く前に『今自分は何を未来に望むのだろう?』と考えていた時にニュースで”麻生氏が台湾情勢を巡り「戦争が起きる可能性が十分に考えられる」との見解を示した”と聞いた。 今日本人がこんなに戦争が身近になってしまった時はない。 そして考えてみれば人間がこれまで発明してきたテクノロジーは常に戦争と共に進化してきた。火

    スキ
    21
      • ジジイの生き方 ①

        この1年くらいずっと考えているのが「ジジイの生き方」だ。死に方と言ってもいいのかもしれない。65を超えてようやくこの9月で44年間籍を置いた日本テレビを離れる。人生の2/3を一つの会社で送ってしまった。長く居過ぎたもんだ!と思う。そして恐ろしいことに日本テレビを離れても人生は続くのだ! どう生きるか?明日死んでもおかしくない年齢になっているのだから 「どう死ぬか?」ということだ。 いつ終わるかもしれない最終章はこれまでとは全く違うスタンスで生きていくのがいいんじゃないか?そ

        スキ
        80
        • 新たな出会いで新たなコンテンツを

          9月一杯で日本テレビを辞める事になりました。一応解雇ではなくて満期と言う事で。 60歳になった時に「死ぬまで企画者!死ぬまで演出者!死ぬまでバカ!」と指針を立てたのは変わりなく金になろうとなかろうと死ぬまでものを作り続けようと思っているのでこの日テレ退職はより自由に色んなことが出来るんじゃないかとワクワクしちゃっております。 今ないものを作る!をやりたいと思っているのは相変わらずでその方向で「電波少年」以降 ”24時間生放送CSチャンネル”「電波少年的放送局」 ”テレビは太

          スキ
          62
          • 「王様は裸だ!」という番組

            GW真っ只中5月1日の夜に「ななにー」と言う元SMAPの三人がやっている Abemaの番組に出演した。 「テレビのこれからを考える」みたいなコーナー。その中で僕がキャイ〜ン天野の「今、電波少年をやるとしたらどんなことをやりますか?」と言う質問に対して答えたのが表題にした「王様は裸だ!と言い続ける番組をやりたい」だった。 ロシアのウクライナ侵攻から約3週間が経った3月14日にロシアの「第1チャンネル」のニュース番組の生放送中に同テレビ局の女性社員がキャスターの背後で「戦争をや

            スキ
            45

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Tプロデューサーのピックアップ
            T_producer

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ようやく次のことに取り掛かる気持ちになった

            「電波少年W」を昨年末に終えてヘトヘトになっていた。編集も自分でやるわけでもないしロケがあるわけでもないので体力的には大したことはないのだが11月くらいからひどく疲れている自分に気がついていた。多分それは志半ばで終えなくてはならないことがはっきりしたからだろうと思う。 「コミュニティから番組を作る」が電波少年Wでやろうとしたことだった。そのために絶対になくてはならない必要なものは制作側とコミュニティ参加者の綱引きだった。お互い力の限り引き合いギリギリの緊張関係の中でその綱が右

            スキ
            30

            新しいものを生み出すことがなくなった時にテレビはその使命を終えたことになるのではないか

            大いなる自戒を込めて2021年〜2022年のテレビの番組表を残すべきだと思っている。どこかに今までに見たことがない新しいものがあるだろうか? YoutubeとNetflixなどのSVODなどの伸張が著しいと明らかに言われた2021年の年末そして2022年の年始のテレビ番組表の中にそれに抗する地上波テレビ局側からの意志を感じる番組が一つでも見つけられるのだろうか? このままではマズイ!と全てのテレビ局関係者が思っているはずであるのにその意思が反映されているはずの番組が並んでい

            スキ
            87

            出川哲朗はいつ嫌われ芸人から好感度芸人に変身したのか?

            出川哲朗を初めて世に広く知らしめたのは電波少年である。紛争地帯であるボスニアに飛び小銃を持つ兵士に囲まれながら当時国連機関にいた明石代表に明石焼きを食べさせるという企画がデビュー戦。その後ピラニアのいる川に自らが生き餌となり沈みサメが群生するオーストラリアの海にもシャークゲージと共に潜り”トンボ捕る網”一本で戦った。当時電波少年のメインキャラクターだった松村邦洋と全く同じジャンルの『危ない目にあってこそそのリアクションが際立つ』リアクション芸人として瞬く間に有名になって行った

            スキ
            41

            メタバースは本当に来るのか?

            Facebook→Meta のザッカーバーグが「これからはこっち中心でやっていく」と宣言したものだから急に騒がしくなったメタバース界隈ですが写真は2007年の「デジタルの根性」の収録風景。当時生まれたSecond Life 上で30分番組の収録をしてしまうという世界初!という触れ込みでした! 間違いなく世界初!そして世界中から誰も追いかけて来なかった! (向かって左から千原ジュニア・馬場典子アナ・僕のアバター) https://www.itmedia.co.jp/news/a

            スキ
            30

            いかにjiji(ジジ)るか?

            写真は先日行った北海道の「かに太郎」。かにめし(味噌汁付き)500円が唯一のメニューです。廃墟インテリアが魅力のお店。 ここはおじさんが一人でやっているお店なんですがこのおじさん、と言っても同じ歳かひょっとすると年下かもしれない、的な生き方がとてもjijiとしていいのではないかと思ったのです。 (年寄りの生き方。老人の生き方。言葉がどうしてもポップでないので仮に「jijiる」とか「jijiラー」と言う言葉を置いてみる) このおじさん、一人でやってる。全くマイペース。愛想が

            スキ
            26

            2ヶ月ぶりに書く。その間に考えていたこと。

            この2ヶ月の間に65歳になった。僕はFBで誕生日を入れていない。だから「おめでとう!」投稿はもらわないようになっているのだがたまに昔からの知り合いで知っている人がいてメッセージをもらってしまったりする。そこに恐れていた一文があった。 「いつまでもお元気で」 こういう言葉が来てしまう歳になり、こういう言葉が結構キテしまう歳になったのだ。 65歳というと高齢者に区分される。「おじさん」から「おじいさん」になった。年金も一般的には貰い始める歳だ。つまり国の制度としては「まあこれま

            スキ
            98

            細部(ディテイル)にしか神は宿らない

            ドキュメンタリーな文章を読んでいても「いい余白」があるかどうかで読み続ける気になるかどうかが決まる。極端に言えば「何について書いてるか?」よりも「気持ちのいいリズムで思考が展開されるか?」の方が文章についても大事である。エッセーはそれが「味」であり全てみたいなものだから『誰々さんの文章が好き』みたいになるがドキュメンタリーでもその文章の味わいがかなりの本の魅力を占めている。 「何が書かれているか」と「どんなふうに書かれているか」 What? と How? これが映像制作そして

            スキ
            74

            「お笑い第7世代」と言うけど第1〜第6は誰なんだ?【改訂版】

            1年ほど前にこのタイトルで去年の7月5日にnoteを書いた。 https://note.com/t_shacho/n/nd44a2c55729e 「お笑い第7世代」と言うけど第1〜第6は誰なんだ? この中で 今お笑いで「第7世代」というフレーズが注目されているがでは第1〜第6は誰なんだ?ということで「お笑い第1世代」とは 林家三平(初代)牧伸二、など「テレビ寄席」時代の芸人つまりお笑いがテレビが生まれる前からあった形をそのままテレビに持ってきた番組に出ていた人たちという定義

            スキ
            29

            クリエイティブマネージメントの失敗

            オリンピックの閉会式の演出が”ショボイ”と言われている。閉会式の中に入れ込まれたパリ2024のフラッグハンドオーバーの部分の演出が”カッコいい”と対比されてボコボコだ。僕も見ていて正直悲しくなった。日本のクリエイティブはこんなものじゃないのに!と思った。でも一番辛いと思っているのは今この演出をしているスタッフたちではないかと思ったのだ。 一つ一つのパーツを論うつもりはない。スカパラもストリートアーティストたちも東京音頭も大竹しのぶさんも宝塚もソプラノの歌手の方も一つ一つは素

            スキ
            282

            「今ないテレビ」を作らなければテレビはホントにヤバい

            誰得?でnoteを書くのだろうと思うのだが「お世話になったテレビに対する恩返し」としか言いようがない。しんどいけど。 ダウンタウンの松ちゃんが発言したことで数ヶ月前から注目されたのが「コア視聴率」である。テレビは長いこと世帯視聴率で評価されてきたのだが個人視聴率にほぼ完全にシフトした。「日本中のいくつの家庭でその番組が見られているか?」ではなくて「日本中の何人のどんな年齢層の男女がその番組を見ているか?」に変わったということである。 それに従い「アクティブ世代向けの広告を

            スキ
            399

            変われなければ死ぬのみだ

            先日アメリカのテレビ局の状況を聞いてイスから崩れ落ちるかと思うほど驚いた。過去最高のアップフロント(アメリカのテレビ局の1年間のCMを売るイベント)だとNBC、CBS、ABC、FOX各局が発表したと言うのだ。 ご存知の通り日本のテレビ局は軒並み売り上げと利益を落としている。 なぜか? 実に簡単で『DX=デジタル・トランスフォーメーションが進んだ』と言うことらしい。 クライアントに自社の放送と配信のプラットフォームを合わせて「こことここを組み合わせてこう広告を打てばお望みの

            スキ
            50

            報連相は会社を滅ぼす

            書きたいものいや書かなくてはならないものがずっとあって先ほどもタイトルを書いてみたんだが中々書き始められない。 結構な長さになることを覚悟しなくてはならないので考えただけでしんどくなるからだ。 ええい!書き始めてしまえ! タイトルは「報連相は会社を滅ぼす」。 【報告・連絡・相談】は会社員のやるべきものと言われています。 でもそれが『会社が変わるべき時』または『会社がイノベーションを必要としているとき』には阻害するのだということです。 このことに気がついたのはこれまでに何

            スキ
            943