2021.7.16 「リスクコミュニケーション」が通じる社会に
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2021.7.16 「リスクコミュニケーション」が通じる社会に

7月16日(金)
山形市のコロナワクチンの予約が再開されまして、やっぱりワクチン頼みだなぁ・・・オリンピックには少し間に合わなかったなぁ・・・と感じています。

コロナに対する考え方は、以前の朝礼で「アクセル」と「ブレーキ」かという表現でお話をしました。
それから段々エスカレートしてきて、
「ゼロコロナ派」vs「ウィズコロナ派」
というような対立も生まれています。
いずれにしても、極端な意見の人たちが目立っているように感じます。

よく、2:6:2の法則なんて言いますが、仮に両極端な考えの人が2割ずついるとすれば、6割の人は普通に不満を言わないで我慢して生活している訳です。
政府の施策は、どうしても極端な人たちを意識したものになっていますが、一般の我慢している6割の人を苦しめる、不公平な施策にならなければと思っています。


で、今日は、極端なタイプの一つ「ゼロコロナ派」に注目したいと思います。
必要以上に怖がるタイプで、感染者0(ゼロ)を目指しちゃうタイプです。
もし、このタイプが全体の2割いるとしたら、うちの会社の売上が未だ2割少ないのも納得できます。このタイプの人をなんとかしないと、どんどんお店や会社が潰れていくことになりそうです。


そもそもこの問題は、日本に「リスクコミュニケ―ション」が根づいていない事が原因だと思ってまして、この「リスクコミュニケーション」の未熟さは、我々の食品業界でもかなり問題になっています。
例えば、農薬問題、添加物問題・・・。
「リスクコミュニケーション」というのは、世の中に「ゼロリスク」は存在しないという事を理解することから始まります。

さらに、「リスク」&「ベネフィット」の考え方も大切です。
例えば、「蕎麦」を例にとると・・・
アレルギーや菌数が高いという「リスク」と、美味しいとか健康になるとかの「ベネフィット」(利益・恩恵)を天秤にかけて、「ベネフィット」がはるかに大きいので、蕎麦は食べられている訳です。
「リスク」だけに着目したら、世の中に食べるものはなくなります。


これからの時代は、社会で「リスクコミュニケーション」が通じるように、食品業界の中の蕎麦業界から貢献していきたいと思います。


それでは本日もよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!もっといい記事を書きますので、期待して下さい!
山形のそば粉屋(株式会社鈴木製粉所)の代表取締役/ 蕎麦という極めて伝統的な食文化をリスペクトしながらモダナイズし、蕎麦の新しい意味「蕎麦2.0」を創造することがライフワーク/ 鉄道会社で約12年勤務後、そば粉屋に/ 岡山生まれ神奈川育ち/ 趣味は旅行と蕎麦を手繰る事